FC2ブログ

88.お正信偈を読む(13):依経段(9)


20150130ご門主親教

 これまで8回にわたってお正信偈の「依経段」の前半を見てきました。
 依経段は、親鸞聖人が「釈尊のまことの教えにしたがい」といわれたように、聖人が阿弥陀仏の徳をお経『大無量寿経』に説かれている教えによって讃嘆された部分です。

 この依経段は21行42句で成り立っているのですが、これまで見てきた前半の9行18句は「弥陀讃」と呼ばれています。今回は、もう一度この前半の部分を振り返っておきたいと思います。

 法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 
 都見諸仏浄土因 国土人天之善悪
 建立無上殊勝願 超発稀有大弘誓 
 五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方 
 普放無量無辺光 無碍無対光炎王 
 清浄歓喜智慧光 不断難思無称光 
 超日月光照塵刹 一切群生蒙光照 
 本願名号正定業 至心信楽願為因 
 成等覚証大涅槃 必至滅度願成就

 親鸞聖人はここで、阿弥陀如来がたてられたご本願について讃嘆されました。

 阿弥陀仏の名号のいわれを指す「仏願の生起本末」という言葉があります。
 『浄土真宗辞典』を開いて「仏願の生起」を調べますと、「阿弥陀仏が本願を起こした理由、すなわち自らの力では決して迷いの世界より出ることができない衆生を救うために、本願が起こされたことをいう。」とあり、「仏願の本末」とは、「仏願の因果という意味で、法蔵菩薩の発願修行を本(因)といい、その願行が満足しさとりを成就し、名号となって十方衆生を済度しつつあることを末(果)という。」とあります。

 聖人は、この9行18句の中で次のようなことをお示しいただきました。

 
 「阿弥陀仏は因位の法蔵菩薩であったときに、あらゆる衆生を救いたいと5劫という長い時をかけて思惟を重ねられて48の願をたてられました。それからまた気の遠くなるような長い時間をかけて修行され、ついにさとりを開かれ最も優れた浄土を建立され阿弥陀仏となられました。
 その阿弥陀仏の救いの光は十二光と讃えられる光になって、すべての衆生はその光に照らされています。私たちはこの阿弥陀仏の救いの光の中で、信心を得ることができ、この世に縁が尽きるときに直ちに浄土に往生できるのです。」

(写真は1月15日のご門主のご親教(しんぎょう)の様子です)
 
 親教というのは、ご門主が行われるご法話をいいます。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR