FC2ブログ

741.本堂でWi-Fi機能を確認

 
20210507ルーター (2)s 20210507中継器 (2)s 20210507本堂s (2)

 5月3日に母の一周忌法要をお勤めしました。

 母の命日は2月20日なのですが、コロナウイルス感染が拡大していることを考慮し、また2月は降雪も考えられますので、5月の連休に延期することにしました。
 ところがその後コロナウイルス感染状況はさらに悪化し、当日午前に予定していました降誕会も休座することになりました。法事に帰って来る予定にしていた東京の子供2人の一家も帰省を断念することになり、一周忌は当日午後2時からごく少人数でのお勤めとなりました。

 今回初めての試みなのですが、オンラインでお勤めの様子を東京の子供に伝えることとしました。
 もともと、自宅のテレビは山口ケーブルビジョン社のケーブルを使っていて、インターネットもそのケーブル経由で利用していました。その後ルーターを設置して、狭い範囲ですがWi-Fi経由の無線でインターネットやプリンターを使うことができるようにしておりました。

 今回の法事に当たって、本堂でのお勤めの様子をZOOMで東京に伝えようと考えました。しかし、本堂から離れた庫裡に置いてあるルーターの電波が弱いことが分かりケーブルビジョンの担当者に相談したところ、ルーターを新しいものに変えてみよう、ということになりました。
 4月28日にその新しいルーターを設置していただいたのですが、本堂ではまだ十分な電波にならないということが分かりました。工事に来ていただいた方によれば、有線のケーブルを本堂まで敷けば間違いなく本堂でも利用できる、ということでした。しかし、5月3日までに対処が必要ですし、本格的なWi-Fi環境を作ることまでは考えていませんでしたので、一般に販売されている中継器を設置することにしました。ネットで購入した中継器を5月1日に設置し、ZOOMの主催者としての手続までを完了しました。
 5月2日に東京との接続の確認をおこなって、滑り込みで3日の法事に間に合い、当日は、東京からも一家がお勤めに参加することができました。

 このブログでもお伝えしていますが、コロナ感染の拡大は私たちの日常生活に様々な影響を与えています。その中で、リモートワークやオンライン会議なども急速に広がっています。
 本願寺や山口別院でも会議や講演会がオンライン形式で開催されるものが増えています。これは、移動に必要な時間の効率化という思いがけない効果も実感させてくれるものになっていますが、その一方で、当然のことならが直接会って話をするというつながりが薄くなります。

 そのような中で、仏事のオンライン化ということも話題に上るようになってきました。法座の様子を中継するですとか、法事にお参りできない方に遠隔地から入ってもらうなどです。
 今回、図らずもその法事のオンライン化を実験した格好になりました。

 今回感じたのですが、このような技術の進歩は「法事」を始めとした仏事の意味をもう一度問い直す機会になるように思います。情報通信技術により遠隔地からでも一緒にお経を読むことができれば、同じ場に居合わせる必要はないのではないか、という問いにつながります。

 お経を一緒に読むことだけが法事の目的なのだろうか、ということを考えさせられます。それだけだったら、確かにオンラインでの読経でもよいのではないか、ということになります。
 しかし、法事は、お浄土に還られた方をご縁に、阿弥陀さまが私たちを誰一人取り残すことなく救うと願われた所以をお聞きし、報恩の思いを共にする大切な仏事です。いつも見護っていただいている阿弥陀さまとご先祖にお礼申し上げ、その光の中で生活している私たち家族、親戚が、限られた命を一緒に力いっぱい生きていこうと阿弥陀さまのお前に思いを新たにする仏事だと思います。
 そのように考えますと、一同に会しなくてもオンラインで一緒にお経を読めばいい、というのはやはり少し違っていると感じられます。  

 しかし、今回の「実験」で、やむを得ない場合には寺の本堂からオンラインでご一緒に法事をお勤めするというノウハウを得ることができました。またご家庭で法事をお勤めする場合でも、ご自宅と相手先にパソコンがあれば同じようにオンラインでつなぐことも可能だということがわかりましたので、ご門徒さんのやむを得ない状況にも対応することができそうです。

(写真は、今回利用した機器です)

 左は、庫裡のパソコンのそばに設置してあるルーターです。今回新しいものに更新していただきました。
 中は、今回新設した中継器、右は、本堂に設置したパソコンです。パソコンは、左と同じものです。

 今回初めて知ったのですが、Wi-Fiという名称は「無線LAN」の登録商標なのだそうです。そういえばかつては無線LANという言葉が普通に使われていましたが、いつの間にか耳にしなくなったような気がします。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR