FC2ブログ

739.ご門主のご親教をお伝えします

20210430ご親教s

  4月13日から15日まで、本山御影堂で営まれました「春の法座」でご門主が「『浄土真宗のみ教え』についてのご親教」を述べられましたのでその内容をお伝えします。

 本年も、皆さまと共に立教開宗記念法要のご勝縁(しょうえん)に遭わせていただきました。立教開宗とは親鸞聖人が『教行信証』を著して他力の念仏を体系的にお示しになり、浄土真宗のみ教えを確立されたことをいいます。この法要をご縁として、私たちに浄土真宗のみ教えが伝わっていることをあらためて味わわせていただきましょう。
 さて、仏教を説かれたお釈迦さまは、諸行無常(しょぎょうむじょう)や諸法無我(しょほうむが)という言葉でこの世界のありのままの真実を明らかにされました。この真実を身をもって受け入れることのできない私たちは、日々「苦しみ」を感じて生きていますが、その代表的なものが「生老病死(しょうろうびょうし)」の「四苦」であるとお釈迦さまは表されました。むさぼり・いかり・おろかさなどの煩悩を抱えた私たちは、いのち終わるその瞬間まで、苦しみから逃れることはできません。
 このように真実をありのままに受け入れられない私たちのことを、親鸞聖人は「煩悩具足(ぼんのうぐそく)の凡夫(ぼんぶ)」と言われました。そして、阿弥陀如来は煩悩の闇に沈む私たちをそのままに救い取りたいと願われ、そのお慈悲のお心を「南無阿弥陀仏」のお念仏に込めてはたらき続けてくださっています。ご和讃に「罪業もとよりかたちなし 妄想顛倒(もうぞうてんどう)のなせるなり」「煩悩・菩提体無二(たいむに)」とありますように、人間の分別がはたらき出す前のありのままの真実に基づく如来のお慈悲ですから、いのちのあるものすべてに平等にそそがれ、誰一人として見捨てられることなく、そのままの姿で摂(おさ)め取ってくださいます。
 親鸞聖人は「念仏成仏これ真宗」(『浄土和讃』)、「信は願より生ずれば 念仏成仏自然(じねん)なり 自然すなはち報土なり 証大涅槃(しょうだいねはん)うたがはず」(『高僧和讃』)とお示しになっています。浄土真宗とは、「われにまかせよ そのまま救う」とう「南無阿弥陀仏」に込められた阿弥陀如来のご本願のお心を疑いなく受け入れる信心ただ一つで、「自然の浄土」(『高僧和讃』)でかたちを超えたこの上ないさとりを開いて仏に成るというみ教えです。
 阿弥陀如来に願われたいのちと知らされ、その暖かなお慈悲に触れる時、大きな安心とともに生きていく力が与えられ、人と喜びや悲しみを分かち合い、お互いに敬い支え合う世界が開かれてきます。如来のお慈悲に救われていく安心と喜びのうえから、仏恩報謝(ぶっとんほうしゃ)の道を歩まれたのが親鸞聖人でした。私たちも聖人の生き方に学び、次の世代の方々にご法義がわかりやすく伝わるよう、ここにその肝要を「浄土真宗のみ教え」として味わいたいと思います。

 浄土真宗のみ教え

 南無阿弥陀仏
 「われにまかせよ そのまま救う」の弥陀のよび声 
 私の煩悩と仏のさとりは 本来一つゆえ
 「そのまま救う」が 弥陀のよび声
 ありがとう といただいて
 この「愚身(み)」をまかす このままで
 救い取られる 自然の浄土
 仏恩報謝の お念仏
 
 み教えを依りどころに生きる者 となり
 少しずつ 執(とら)われの心を 離れます
 生かされていることに 感謝して
 むさぼり いかりに 流されず
 穏やかな顔と 優しい言葉
 喜びも 悲しみも 分かち合い
 日々に 精一杯 つとめます

 来る2023(令和5)年には親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要をお迎えいたします。聖人が御誕生され、浄土真宗のみ教えを私たちに説き示してくださったことに感謝して、この「浄土真宗のみ教え」を共に唱和し、共につとめ、み教えが広く伝わるようお念仏申す人生を歩ませていただきましょう。なお、2018(平成30)年の秋の法要(全国門徒総追悼法要)の親教において述べました「私たちのちかい」は、中学生や高校生、大学生をはじめとして、これまで仏教や浄土真宗にあまり親しみのなかった方々にも、さまざまな機会で引き続き唱和していただき、み教えにつながっていくご縁にしていただきたいと願っております。
 2021(令和3)年4月15日

 浄土真宗本願寺派門主 大谷 光淳

 
 ご門主が引用されたご和讃について、そのお心を味わいたいと思い全文と現代語訳を記します。

 「罪業もとよりかたちなし 妄想顛倒のなせるなり 心性もとよりきよけれど この世はまことのひとぞなき」(『正像末和讃』)
 (罪とはもとよりかたちのあるものではなく、誤ったものの見方からつくられるのである。心の本性とはもとより清らかなものであるが、この世にまことの心をもっている人などいない。)

 「本願円鈍一乗は 逆悪摂すと信知して 煩悩・菩提体無二と すみやかにとくさとらしむ」(『高僧和讃』)
 (すべてのものを速やかに完全なさとりに至らせる唯一最上の本願は、五逆や十悪のものも摂め取ってくださると信じるところに、煩悩とさとりは別のものではないと速やかにさとらせてくださる。)

 「念仏成仏これ真宗 万行諸善これ仮門 権実真仮をわかずして 自然の浄土をえぞしらぬ」(『浄土和讃』)
 (念仏により仏のさとりを開くという教えこそが真実であり、さまざまな善い行いによりさとりを開くという教えは方便である。真実と方便をわけることなく、真実の浄土を決して知ることはできない。)

 「信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり 自然すなはち報土なり 証大涅槃うたがはず」(『高僧和讃』)
 (真実の信心は弥陀仏の本願から生じるので、おのずと念仏によって仏のさとりが開かれる。そのはたらきは真実の浄土にそなわっているので、間違いなくこの上ないさとりを開くのである。)

 「五濁悪世のわれらこそ 金剛の信心ばかりにて ながく生死をすてはてて 自然の浄土にいたるなれ」(『高僧和讃』)
 (さまざまな濁りと悪に満ちた世に生きるわたしたちこそ、決して壊れることのない信心ただ一つで、永遠の迷いの世界を離れ去って、真実の浄土に往生させていただくのである。)

(写真は、ご親教を述べられるご門主です。)

 写真は、『本願寺新報』5月1日号からお借りしています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR