FC2ブログ

718.歴史を訪ねる(26):講演会「プレイバック宇部100年」(2)

 
20210215新聞1号s  20210215新聞2号s 

 2月6日、「プレイバック宇部100年」の第3回講演会が開催されて、聴講することができました。
 当日は、「新聞が伝えた宇部市制ー宇部時報の記事から」と題して、宇部日報社の脇和也社長が講演されました。新聞の記事から宇部市制施行当時の社会状況を知ることができ、また現在の「宇部日報」の前身である「宇部時報」の歴史も知ることができる興味深い講演でした。

 その「宇部時報」は、1912(明治45)年7月15日に創刊された新聞です。
 今回初めて整理して理解することができたのですが、日本の新聞は大きく区分すると、全国紙、ブロック紙、県紙、地域紙といったように区分できるようです。全国紙というのは読売、朝日、毎日、日本経済、産経の5紙、ブロック紙以下を宇部市地域で言いますと、中国新聞(ブロック紙)、山口新聞(県紙)、宇部日報(地域紙)ということになります。

 この「宇部日報」の前身が「宇部時報」で、上記のように1912年に紀藤閑之介氏が創刊されました。
 日本の新聞が創刊された時期を調べてみますと、全国紙の中では「毎日新聞」の前身「東京日日新聞」が1872(明治5)年と一番早く、「産経新聞」以外は1879年まで、いわゆる自由民権運動の時代に創刊されていたことが分かります。ブロック紙としての「中国新聞」の創刊が1892(明治25)年、県紙の「山口新聞」は戦後の1946(昭和21)年となっています。

 そのような中でスタートした「宇部時報」は、当初は月刊紙で現在のフリーペーパーのように購読料、送料などすべて無料で、紀藤氏が費用を負担して発行されていたということです。

 講演の中で創刊号の記事が紹介されていました。
 1面の最初に「御製」として「世の中は高きいやしきほどほどに 身をつくすこそつとめなりけれ」という明治天皇御製の歌が掲げられ、続いて次の創刊の辞が掲載されています。
 「国を知らざるは忠良の民にあらず、村を知らざるもの果して善良なる村民と云ふを得るか」と書き起こし、当時の宇部村に関する公私の情報を集めたがこれを一人だけのものにせず共有するために「宇部時報」を創刊した、ということが述べられています。
 続いて発行された第2号は大正元年8月15日付けと年号が変わりました。ちょうど明治から大正へと時代が変わる時だったということになります。

 創刊の前後から昭和時代の宇部地区について見ますと、1889(明治22年)宇部村誕生当時の人口が6.5千人、渡辺祐策氏が沖の山炭鉱を創業した1897(明治30)年を経て新川地区は人口の急増を見ます。「宇部時報」が創刊された1912(明治45)年の人口(時報第1号で上記の創刊の辞に次いで「宇部村本籍者数」として明治44年末の人口の情報が掲載されています)12.3千人と20年余りで倍増していることが分かります。その後、炭坑の周辺の事業が活発化し工業都市化が進み、宇部市制が施行された1921(大正10)年に4万人、1929(昭和4)年に6万人、1940(昭和15)年には10万人を数えたと当日いただいた資料にありました。

 そのような地域の急速な発展を背景にして、宇部市制が求められ実現しました。その動きを新聞の記事に見ることができます。

 1916(大正5)年6月の「宇部時報」に町制に移行すべきだとする記事が掲載され、1919(大正8)年6月には市制を目指すべきだと変わります。1920(大正9)年7月には宇部実業会が市制施行の嘆願書を提出したという記事が掲載され、翌年には当時の国吉村長が「市制論」を掲載するなど、「宇部時報」は市制移行への機運の盛り上げに大きく貢献したことが分かります。

 その間、国吉村長が達聰会に市制移行に関する照会書を送り、これに対して達聰会は議論の上総会で市制施行を決議し村長に答申書を提出しました。それを受けて村議会は満場一致で市制を決議し内務大臣と知事に答申するという形で、市制施行が決したことが記されています。
 そのような過程を経て1921(大正10)年11月1日宇部市制が施行されることになったのですが、市制施行に対して反対する動きがあったことも新聞の記事から伺うことができます。

 1919(大正8)年の記事には、渡辺祐策氏(当時の達聰会の会長でした)が、町制よりも市制を目指すべきだとしながらも、一般村民の声にも耳を傾ける必要がある、とされたという談話が掲載されています。村内の農業を主体とした地域の反発や、前年に勃発した米騒動の経験も踏まえた意見だったようです。
 講演会では、1921(大正10)年7月15日に開催された達聰会の総会(3回目の総会)での議論の様子を伝える新聞記事が紹介されました。その記事からは、農村部の会員から市制に加わらずに分村するという主張がなされ、伯仲した議論が戦わされたことが知られます。それに対して渡辺会長が破顔一笑「もう決めようではないか」と提案し決議することとなったようです。その結果、全会一致とはいかなかったものの、「大多数」の賛成を得て「市制施行の必要を認む」と決議したことが記されていました。
 7月15日ですから、市制施行のわずか3カ月半前、ということになります。

 このように、「宇部時報」の記事は宇部市の市制施行の経緯を知ることができる貴重な資料ということができます。

(図は、「宇部時報」の第1号、及び第2号の1面の記事です。)

 市立図書館で縮刷版を見ることができました。
 第2号には紀藤氏の「告白」という記事が掲載され、次のように記されています。
 「嚮(さ)きに第一号を頒布するや、幸いに読者多数の同情を得、口に筆に或は次号の発刊を迫るあり、或は期日を問ふあり、或は定期に永続すべきを勧告せらるるあり、」と次号以降の継続定期発刊を望む多数の声が寄せられたことが紹介されています。
 これに対して、氏は「定期」という言葉は耐え難い「苦痛」だとしながらも、読者諸氏の同情にも答えなければならない、として定期発刊とすることにした、とされています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR