FC2ブログ

687.組長研修会に出席しました

 
20201030組長研修会s 

 10月28日、山口別院で開催された全国組長研修会に出席しました。

 この研修会は、今年4月に組長が改選されたことに伴って本山主催で開催されたものです。通常ですと、本山を会場に開催されるものですが、今年は新型コロナウイルス感染拡大を受けて、全国を3回に分けて各別院に集合しオンラインにより参加する形で実施されました。
 28日の研修会には、全国にある31教区のうちの10教区(184組)の組長が参加しました。

 当日説明いただいた内容は、次の3つでした。

 (1)組長の職務について
  「組長事務必携」によって、組(そ)の目的、組長の役割について説明を受けました。私もそうなのですが、全国の組長のうち66%が今年新任の組長なのだそうです。説明により初めて知ることになったこともありました。

 (2)親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要について
  この度制定されました「法要行事基本要綱」および「団体参拝募集要綱」により、2023年3月から5月にかけて勤められる法要について説明がありました。また、教区、組、各寺院での法要厳修についても説明を受けました

 (3)次回「宗会議員選挙」について
  今年は宗門の議決機関である宗会の議員選挙の年に当たっています。「僧侶宗会銀選挙の手引」により、選挙の中での組長の役割について説明を受けました。定員以上の立候補者がある場合、投票を実施するのですが、コロナウイルス感染対策として今回選挙の特例も定められたこともあり、内容の理解が必要です。

 以上、3件について情報をいただきましたが、今後次のような事項について組として検討を進めたいと考えています。

 ・親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要
  組で勤める法要について、必要により実行委員会を設けて検討を開始すること。前回の750回大遠忌の実施例も参考にして検討したいと思います。
  団体参拝については、近々教区として実施時期や参拝人員について対応方針が示されますので、それを受けて組としての対応を検討します
 ・宗会議員選挙
  投票が行われる場合、様々な対処が必要になりますので、投票が行われることを想定して具体的な実施事項を確認しておきます。
 
(写真は、当日の研修会の様子です。石上総長が挨拶をしておられるところです。)

 このところ、オンラインで会議を行うということが普通のことになったように感じています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR