FC2ブログ

656.夏法座をお勤めしました

 20200713法座2  20200713法座
   昨日、7月12日に夏法座をお勤めしました。
 最後の法座が昨年11月の報恩講でしたから、間2回の休座(中止)をはさんで8か月ぶりの法座ということになりました。久しぶりに皆さんとご一緒にお正信偈をお勤めすることができて、嬉しく思いました。

 当日は、新型コロナウイルス対策として、マスクの着用をお願いし、アルコールで手指を消毒した上で本堂に入っていただく、席も間隔をあけて座っていただく(こちらはちょっとうまく行かなかったところもありましたが)などをお願いし、本堂の戸はすべて開放するなどの対策を行いました。

 ご講師には萩の浄国寺の杉山恵雄氏に初めてご出講いただきました。杉山氏は、8年前私が中央仏教学院で学んでいた当時の同級生です。同級生と言っても40歳という若い布教使さんで、熱意をもってみ教えをお伝えいただきました。

 ご講師は最初に親鸞聖人の「「聞(もん)」といふは、衆生、仏願の生起本末(しょうきほんまつ)を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。」というお言葉を紹介されました。

 阿弥陀さまはなぜこの私を救わずにはおれない、と願われたのか、とご講師は問いかけられます。私は、自分の力ではどうすることもできない苦しみから逃れることができないのですが、それでもなんとかしたいともがき、苦しんでいる存在です。そのような私を見られて、手を差し伸べずにはおれないと、私たちに代わりに苦しみ、勤められたのが阿弥陀さまだとお伝えいただきました。
 「衆生往生せずば、われも正覚を取らじ」と、私が救われなければ自分も救われることはない、と誓われました。そして、私のぞばにいていただき、「間違いなく救う」と私に呼びかけられ、そしてそれが私の口に出ていただくものが「南無阿弥陀仏」の名号なのだと聞かせていただきました。
 そのお救いは、私がなにかをして得たものではありません、わたしの姿を見られて、阿弥陀さまからいただいたお救い、他力のお救いなのだと示されました。

 最後にご講師から教えていただいた和歌が印象に残っています。

「合掌し肩をふるわせ哭く老婆 菩薩はなにを告げたもうらん」
 老婆がみ仏の御前で合掌しながら哭いている、「哭く」は大きな声をあげて泣くことだそうです、老婆はなにを泣いていたのだろうかという問いです。
 この老婆は、ずっと明るく楽しい生活を送ってきたのではないように思われます。つらいこと、苦しいことの連続だったのかもしれません。でも、この歌からは、老婆がその苦しみ、悲しみゆえに哭いているのではないような印象を受けます。苦しみの中にいる老婆に対して、「菩薩」は「つらかっただろうね、そのまま救うよ、もう大丈夫だから安心しなさい、泣かないでくれよ」と呼びかけられたのではないか、その言葉が届いて老婆は哭いていたのではないか、と感じることができました。

 当日も多くの方のご協力をいただきました。
 ご報告いたしましたように、5日には総代さんに草刈りをお願いしました。また、井上さん、杉山さんにはお花をご提供いただきお飾りをすることができました。また、当日は総代会三役の方には受付をお願いし、仏教婦人会の役員さんにはお茶の接待などのご協力をいただきました。記してお礼申し上げます。

(写真はご講師の杉山氏とお参りいただいた皆さんです。)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR