FC2ブログ

655.御絵伝に見る親鸞聖人のご生涯 (66):下巻補(10)

三代宗主ss

 前回までで、奥書も含めて『御伝鈔』と「伝絵」について学んできました。

 本願寺第3代宗主の覚如上人は、永仁3年(1295年)にこの『御伝鈔』を詞書とする絵巻「本願寺上人伝絵」を制作されました。この年は、親鸞聖人が亡くなられてから33年に当たる年です。
 その後上人は、内容に手を加えられ、最初の伝絵から48年後、康永2年(1343年)に制作された「康永本」がその最終版となりました。現在多くの浄土真宗寺院に伝えられる御絵伝は、この「康永本」を基本として描かれたたものです。
 
 覚如上人は、覚恵上人のご長男として文永7年(1270年)にお生まれになりました。覚恵上人は親鸞聖人の末娘覚信尼公のご子息になりますので、覚如上人は親鸞聖人の曽孫に当たります。若くして天台の教えを学び、その後弘安10年(1287年)には慈信坊善鸞氏(以前学びましたように親鸞聖人のご子息ですが、聖人から義絶された人です)の子息の如信上人に会われて親鸞聖人のみ教えを学ばれました。
 また伝絵制作に先立って、上人は父上の覚恵上人とともに関東の親鸞聖人の聖跡を巡られて、同地の門弟方から聖人の事跡について学ばれたと伝えられます。

 そのような体験を通じて、覚如上人は親鸞聖人のみ教えを承継するというご自身の立場を明確にしていかれました。
 その過程では、以前少し触れましたが上人の叔父に当たる唯善氏との留守職をめぐる争いや、上人に距離を置いていた関東の門弟方との関係の修復などの課題に対処されました。また、親鸞聖人の廟所であった大谷廟堂を真宗門徒の中心と位置づけられ、対外的にも「本願寺」を寺院として確立されました。

 一昨年の7月から66回にわたって「御絵伝に見る親鸞聖人の御生涯」について学んできました。
 覚如上人は伝絵の制作を通じて、親鸞聖人が師である法然聖人のみ教えを正しく受け継がれ、大変なご苦労を重ねられながらそれを守り伝えられたことを示されました。さらに、親鸞聖人の廟所を礎とする本願寺が真宗門徒の中心寺院であること、上人ご自身がその法灯を継承することを示され、現在に続く真宗教団の基礎を確立することに尽力されたたことを学ぶことができました。

(図は、右から親鸞聖人、如信上人、覚如上人です。)

 この図は、2017年4月に伝灯奉告法要に団体参拝した際にいただいた冊子からお借りしました。
 覚如上人は、親鸞聖人を御開山、如信上人を第二代、ご自身を第三代の宗主とされました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR