FC2ブログ

634.御絵伝に見る親鸞聖人のご生涯 (58):下巻第六段(4)

20200427下巻第六段専修寺本s 20200427下巻第六段西本願寺本s
 
  引き続き御絵伝について学びます。今回は、前回と同じ部分の現代語訳だけを掲載します。

 「住坊は京の都、押小路の南、万里小路の東の辺りにあったので、そこから遠く鴨川の東の道を経て、東山の西の麓、鳥部野の南辺りの延仁寺で葬送した。そして、遺骨を拾い、同じ東山の麓、鳥部野の北辺りにある大谷の地に納めたのである。
 聖人の臨終に立ち会った門弟や、親しく教えを受けた人々は、それぞれにご在世の頃を思い、世を去られた今の時を悲しみ、聖人を慕う思いから涙を流さないではいられなかった。」


 今回載せました現代語訳は、4月15日に本願寺出版社から出版された現代語版の『御伝鈔 御俗姓』から引用させていただいたものです。これまでこのブログでは、同じ本願寺出版社から発行されていた平松令三氏の『聖典セミナー 親鸞聖人絵伝』に掲載された現代語訳を使わせていただいていましたが、このブログが最後の部分に近づいた時点で、同社から現代語訳が発行されたということになります。

 両方の訳文を比較してみますと、語調が平松氏の訳では「ですます」調ですが、今回の訳は「である」調になっている点を除いては大きな違いはないように思われます。
 ひとつ興味を引いたのは、聖人のご遺骨を拾ったのが、平松氏は火葬の翌日と記してありますが、今回の訳でははっきりはしませんが火葬の当日のような表現になっているところです。原文にはそのように書いてはないのですが、平松氏が「翌日に」とされたのには、なにか根拠があるのかもしれません。この点はよく分かりませんでした。

 もう一つ、どうでもいいようなことなのですが、2つの訳で「賀茂川」と「鴨川」と同じ川に対して別の字を当てているのも面白いな、と思って読んでいました。
 京都の「かもがわ」は賀茂大橋という橋のところで高野川という川と合流するのですが、それより上流を「賀茂川(加茂川)」、下流を「鴨川」と分けているのだと、昔京都の人が言っていたことを想い出しました。賀茂大橋は現在の京都御所の北辺の通り(今出川通)にかかっている橋です。すると、聖人の棺を運んだ輿はずっと南の方を東山に向かって進んだと思われますので、両方を区別するのであればここは「鴨川」ということになりそうです。
 
 さらにもう一つ、平松氏の訳で印象に残っている表現が一か所ありました。それは下巻第二段で、聖人が稲田の草庵に住まわれていた頃、多くの人々が訪ねてこられたことを、「そのとき聖人は、『青年のころ、京都六角堂の救世観音さまから聞かされた夢のお告げとピッタリだね』とつくづくおっしゃったことでした。」と訳しておられたところです。この「ピッタリ」が面白いと思っていて、この部分は今度の現代語訳ではどうなっているのだろうか、とみてみましたら、
 「このとき聖人は、『かつて救世観音菩薩から受けた夢のお告げが、今まさにその通りになっている』と仰せになった。」と「まじめな」訳になっておりました。

(図は、この段を描いた、左は専修寺本、右は西本願寺本の伝絵です。)

 専修寺本の添え書きには、「延仁寺の五三昧処也」と記されています。この五三昧処(ごさんまいしょ)というのは、京都の五か所の火葬場あるいは単に火葬場、のことを示す言葉だということです。

 平松氏は、この場面の炎の描き方にも変遷が見られると言っておられます。
 確かに、前回の自坊の御絵伝では炎は左に向かってたなびいていましたが、専修寺本ではほぼ真っすぐに、西本願寺本では右に向かっているのが分かります。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR