FC2ブログ

617.母が亡くなりました

20200224祭壇

  2月20日、前坊守の母、杉慶子が浄真院釋妙慶の法名をいただいてお浄土に還りました。満95歳でした。一昨日22日に通夜、昨日23日に葬儀をお勤めしました。

 昨年末に体調を崩して入院し一時は食欲も細るという状態でした。それでも最近は出された食事も「完食」(看護師さんの言葉です)するようになっており、少し安心していたのですが、20日に心不全にて急逝いたしました。
 通夜および葬儀にお参りいただいた方々、弔意をお寄せいただいた方々、お世話いただいた方々ににこころよりお礼申し上げます。

 母は、子供の頃は木登りが得意な活発な女の子だったそうです。峠を越えた隣のお寺から父のもとに嫁いできました。
 父は高校の教師をしていましたので、母は転勤する父を支え私たちを育て、父が教員を退職して寺に帰ってからは坊守として住職の父を支えてきました。しかし、結婚して30余年、母が60歳の時に父が63歳で亡くなりました。
 その後、母は寺を守ってくれました。父の死後、得度し、教師の資格を得ました。また、60歳で運転免許をとったのですが、教習所では女性の免許取得の最高齢記録だったとお聞きしています。頑張り屋の母でもありました。
 また、平成4年には、多くのご門徒さんのご協力、ご尽力をいただいて本堂の屋根の葺き替え、補修の事業を実施しています。
 このように、父が亡くなってから30有余年、多くの皆さまに力をいただいて母は寺を支え、み教えを伝えることに力を尽くしてきました。
 改めて、皆様に厚くお礼申し上げます。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 

 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR