FC2ブログ

606.最近の話題(41):イグノーベル賞

20200117対談s

 前回の記事でご紹介した、『文藝春秋』新年特別号の「日本人よ、「健康神話」を棄てよ」の内容も面白かったので、少しご紹介します。

 この記事は、作家の塩野七生さんと新見正則さんという方の対談で構成されています。塩野さんの方はもうずいぶん昔からファンだった人ですが、一方の新見さんは今回初めてお名前を耳にした(と思われる)人です。オックスフォード大学医学博士で帝京大学医学部外科准教授をされているのですが、2013年にイグノーベル賞を受賞されました。このイグノーベル賞はノーベル賞のパロディで、「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる業績」に対して贈られる賞で、過去の受賞内容を見てみると、ユーモアがあったり、皮肉があったり、とまじめで愉快な「ノーベル賞」なのです。

 新見博士が受賞された研究は「心臓移植したマウスに、オペラの『椿姫』を聴かせたところ、モーツアルトなどの音楽を聴かせたマウスよりも、拒絶反応が抑えられ、生存期間が伸びたという研究」なのだそうです。
 『文藝春秋』の対談の内容によれば、心臓移植したマウスは免疫の拒絶反応によって平均で7日しか生きられないのですが、これが音楽を聴かせることによりどれだけ延命できるのか、という研究で、一番効いたのがヴェルディの『椿姫』で生存期間が平均で40日まで伸び、100日以上生存したものもあったそうです。次に長かったのがモーツァルトで平均20日、歌謡曲や尺八の音は効果がなかったということです。

 このことから、免疫制御細胞の働きにある種の音楽がプラスの効果を持っていることが考えられる、と言われます。さらには、音楽を聴いているときの状態、ほっとして安らいだ状態が病気一般に対する抵抗力をもたらしてくれるのではないかと言われます。

 前回の記事にもつながることなのですが、私たちは常に「自分は健康なのだろうか、この不調は病気なのではないだろうか」と心配してしまいます。そこにテレビや新聞、雑誌から押し寄せる健康情報(多くは不安を煽って商品購入に勧誘するもの)がやってきて、「番組終了後30分はオペレーターの数を増やして注文をお受けします」などとせっついてきます。
 こうなると、健康不安の相乗効果で不安が不安を呼び、いよいよ抜け出せなくなりそうです。

 このような負のスパイラルに陥らないためには、ほっとして安らいだ状態に身を置くことの方が大切だ、というのがこの対談の結論のようです。音楽を聴く、好きな趣味に没頭する、親しい人と歓談するなどがそれに当たるのでしょうか。さらに、塩見氏は「そもそも、身体に悪いことは何でも楽しくて、楽しいことはストレス解消になります」と、体に良い悪いではなく、自分にとって楽しいかどうかで判断することを勧められます。たばこも人の迷惑になるのでなければ、楽しいもの、ストレス解消の方策、少々の「悪」はいいではないか、ということになるようです。

 このような「緩やかな心地よさ」が、現在流行している健康法とは違った病気に対する抵抗力になるのではないか、ということです。現在は厳格に「善悪」を峻別する生き方が強まりすぎていると感じることがあります。清潔のためにいいこと、美容にいいこと、健康のためにいいこととそれぞれに悪いことを明らかにして、「悪いこと」は徹底して排除することが正しいとされる社会になっているように感じます。
 そうではなくて、「ちょっと悪いことかもしれないけど、楽しい、心地よい」ものも許容する雰囲気も必要ではないか、この方が生きやすいなあ・・・と感じられます。
 
 またまた昔のことを思い出していたのですが、小学校の頃、学校から帰る途中に堤があってそこにヒシ(菱)が茂っていたところがありました。白いヒシの実は黒くて堅い殻に入っていたのですが、かじるとほのかな甘みがあっておいしかったのです。それで、この実を採って、歯で殻を割りその中身を食べたものです。多分堤の水は汚れていたでしょうから、「清潔が命」の現在のお母さん方がそれを見たら卒倒していたかもしれません。それでも、ヒシの実はおいしくて、それを採って食べるのは楽しかったのです。 と、そんなことなのでしょうか。

(図は、この対談の様子を写した写真です。)

 ネットを探していたらこの写真(文藝春秋デジタルの)に出会いました。しかもセリフ入りだというのはいいですね。
 対談の記事では、塩見氏の「どうぞどうぞ。」の後に次の言葉が続いていて、笑ってしまいました。
 「好きな人が吸うことは大丈夫ですよ。嫌いな人が吸うから嫌いなんです。」

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR