FC2ブログ

53.浄土真宗の教章(8)


20140929キンモクセイ1
   20140929キンモクセイ2

 本日の「浄土真宗の教章」は、「宗門」の項です。
 これまでご一緒に学んできました「浄土真宗の教章」も本日の「宗門」で最後となります。

 「教章」には次のように記されています。

 宗門 この宗門は、親鸞聖人の教えを仰ぎ、念仏を申す人々の集う同朋教団であり、人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝える教団である。それによって、自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献する。

 ここでは、私たちの教団は「同朋教団」であると示されています。
 「同朋」という言葉には、私たちは阿弥陀如来から信心をいただいたもの同士ですから、ともにご法義をいただく仲間として敬いあっていくということが示されています。
 私たちは法名に等しく「釈」の字をいただいていますが、これは、ともにお釈迦さまの弟子となることの名乗りだと伺いました。古くインドでもお釈迦様の僧伽(さんが=出家者の教団)では、弟子として入門した者はみな等しく仏弟子として敬いあったと伝えられています。これが「同朋」の意味だと思います。

 阿弥陀如来の智慧と慈悲によって救われた私たちは、その喜びをまわりの人々に伝えることが求められています。
 もとより私たちは「煩悩具足」の身には違いありませんが、私たちがお念仏を喜ぶ姿や、私たちの明るく元気な生き方をまわりの人が見た時に、お念仏の生活はこういうあたたかい世界なのかと知っていただければこれは嬉しいことです。
 このような私たちの生き方が、自己中心的になりがちな現代社会で「自他ともに心豊かに生きることのできる社会の実現」にほんの少しでも貢献できればこれに勝る喜びはない、と思います。

 前回ご紹介しましたが、「浄土真宗の生活信条」をこの「教章」の光の中で読み返してみると、私たちに示された生活のありかたが改めて確認できるような気がします。そしてそのことが、教章に(私の歩む道)と付言されている意味だと思うのです。

 以上、8回にわたって学んできました「浄土真宗の教章」も本日で終わりとなりました。
 最初に申しましたように、この8回の記事を作成するにあたっては、「浄土真宗の教章」が改訂された際に発行されました「『浄土真宗の教章(私の歩む道)』を理解するために」という資料を参考にさせていただきました。
 私の理解の誤りや理解の浅いところもあると思いますが、私としては改めてこの教章を読み返し、思い返すよい機会になりました。
  
(写真は、玄関前のキンモクセイです)
 
 9月25日に咲き始めているのに気付いたのですが、ここまで咲きました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR