FC2ブログ

555.歴史を訪ねる(17):一向一揆

20190719吉崎御坊跡   20190719蓮如上人像

 前々回の記事でご報告しましが、今年10月に計画されている念仏奉仕団の参加者にお配りする「しおり」に掲載する「長島一向一揆・長島願証寺」の記事を担当することになりました。1ページの記事なのですが、以下収集した情報の一部をまとめておきます。

 長島一向一揆は1570~1574年の間、伊勢長島(現在の三重県桑名市)を中心に戦われた一揆のことを言いますが、最初に、「一向一揆」とはどういうものだったのでしょうか。

 『浄土真宗辞典』では「一向一揆」は「本願寺門徒を中心とした一揆のこと。文明年間から天正年間にかけて、畿内・東海・北陸各地で勢力を持ち、当時の政治・社会に大きな影響を与えた。」とされ、加賀一向一揆(文明6年・1474年~)に始まり、永正3年(1506年)の畿内や北陸などでの一揆、天文元年(1532年)前後の畿内での一揆、元亀元年(1570年)からおよそ10年に及ぶ石山戦争や、それに呼応して蜂起した伊勢国長島一向一揆などがある、とされています。

 「一向一揆」の「一向」は「一向宗」という言葉から来ています。この「一向宗」について『浄土真宗辞典』に尋ねますと、「元来は本願寺などの真宗諸派を含む浄土系諸宗派の包括的通称であったが、蓮如の頃には本願寺教団の呼称として広く用いられるようになった。」とされています。第8代宗主蓮如上人(1415~1499年)の頃には本願寺教団を指す言葉となっていたようです。
 ただ、蓮如上人は『御文章』(1帖目15通)で、親鸞聖人はその教えを「浄土真宗」と名づけられ「一向宗」と名乗るようにとは定めておられず、「一向宗」という名は当方から言い出したことではない、と記しておられます。従って「一向宗」という呼称は、本願寺教団を外部から呼んだ呼称だということになります。

 上記の文明年間から天正年間(1469~1593年)という時代は、応仁の乱(1467~1477年)から室町幕府の滅亡(1573年)、豊臣秀吉による天下統一(1590年)に至る戦乱の時代にあたります。
 (防長の歴史でみますと、大内義隆公が陶晴賢に討たれた「大寧寺の変」が1551年ですから、ちょうどこの時代に当たります。)
 それまで権力を維持してきた勢力や新たに台頭してきた勢力が衝突し、権謀術数を繰り広げ、血で血を洗う戦いの時代でした。本願寺教団もそのような社会情勢の中で、各地で抗争に巻き込まれあるいはその当事者となり多くの門信徒に影響を与えることになりました。

 そのうち加賀一向一揆は、文明5年(1473年)蓮如上人(当時は越前国吉崎御坊におられました)の時代に、当時の加賀国(石川県の南部に当たります)の守護富樫家の内紛に関わる形で戦が始まりました。長享2年(1488年)には一揆勢は、対抗することになった富樫政親を滅ぼし、以後約100年の間加賀国を実質的に支配していました。しかし天正8年(1580年)織田信長の配下の柴田勝家により一揆は制圧されました。

 石山戦争(大坂戦争)は、元亀元年(1570年)第11代宗主顕如上人の時代に織田信長に抗して始まった戦です。防長の毛利氏を始め織田信長に対抗する勢力の支援も受けて戦われましたが、天正8年(1580年)織田勢と和睦することとなり、本願寺は石山の地を退去し鷺森(現和歌山市)に移ることとなりました。

 このように、「一向一揆」は、本願寺教団を中心に僧侶、武士、農民、商工業者などによって形成された勢力、自治組織、自治地域、戦闘だったのですが、最後は織田信長との抗争の末に歴史上からその姿を消したものです。

(写真は吉崎にある蓮如上人に関わる遺跡です。現在吉崎には本願寺の吉崎別院があります)

 写真左は吉崎御坊跡、右は御坊跡の蓮如上人の銅像(彫刻家の高村光雲氏の作で昭和9年に建立されたとのこと)です。
(左の写真はネットからお借りしました。右は2009年に私が撮ったものなのですが、イマイチの写真です。)

 京都におられた蓮如上人は、延暦寺などの勢力から執拗な攻撃を受け、文明3年(1471年)越前国吉崎(現福井県あわら市)に移られ、この地に吉崎御坊を建てられました。吉崎御坊は北陸の信仰の中心地となりましたが、富樫氏との戦いの中、文明7年(1475年)上人は吉崎を退去し若狭小浜を経て河内に移られました。その後京都山科に本願寺を移されましたが、その山科本願寺も破却を受け、明応5年(1496年)に大坂石山の地に石山本願寺を建立されました。この石山本願寺が後の石山戦争の舞台となります。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR