FC2ブログ

520.最近の話題(27):大河ドラマ「いだてん」

IMG_4480s.jpg  IMG_4482s.jpg

 NHKの大河ドラマ「いだてん」をご覧になっていますか?

 『本願寺新報』の記事によって知ったのですが、このドラマの舞台に宗門の大学である龍谷大学の大宮学舎の建物が使われているそうです。主人公(日本人初のオリンピック選手となったマラソンの金栗四三氏がモデルです)は東京高等師範学校に入学して学ぶのですが、その師範学校の校舎として龍谷大学の学舎が撮影に使われています。

 『本願寺新報』の記事によりますと、龍谷大学の歴史は江戸時代の初期寛永16年(1639年)に設立された「学寮」にまで遡ります。その後様々な変遷を経て、宗門の最高学府の「大教校」の校舎として、明治12年(1879年)に大宮学舎の建物が完成し、大正11年(1922年)には龍谷大学となり、現在に至っています。
 大教校の校舎として当時建設された本館や北黌(こう)、南黌、旧守衛所などの建造物は重要文化財に指定されており、現在も大学の施設として使われています。

 大宮学舎は本願寺の南に隣接してあります。本館の建物は一見すると洋館に見えますが、建築様式は当時流行した「擬洋風建築」で、木造建築の周囲に石材を巡らして石造りに似せた「木骨石貼(もっこついしはり)」工法で建設されたのだそうです。

 大学の情報によりますと、大宮学舎は様々なテレビの番組に舞台として登場しているそうで、テレビ朝日の[科捜研の女]の舞台にもなったということです。
 3月11日、本願寺にお参りした後に大宮学舎を訪ねました。当日は、生憎の雨でしたが、人影もなく静かなキャンパスでした。「いだてん」の撮影スポットだということが知られて多くの人がいるのではないかと思っていたのですが、静かなたたずまいの中、ゆっくりと過ごすことができました。

  ネットで「いだてん」の中で大宮学舎が使われている場面を探したのですが、この1枚しかありませんでした。勘九郎さんの向こうにあるのが大宮学舎の本館だと思われます。
 ⇒いだてん

(写真左は本館と南黌、右は旧守衛所と門扉です)

 旧守衛所は現在は大学のオリジナルグッズの展示場およびショップとして使われていました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR