FC2ブログ

513.連続研修会・第11回「ビハーラについて」

 20190222ビハーラ病院2  20190222ビハーラ病院 

 2月16日、連続研修会の第11回が西念寺さんを会場に開催されました。
 当日のテーマは「ビハーラについて」、ご講師に下松組専明寺の副住職 藤本弘信をお迎えしました。氏は龍谷大学の実践真宗学を卒業後、「あそかビハーラ病院」でビハーラ研修を受けられ、東北大学が養成研修を始めた臨床宗教師研修を修了された方です。

 この「あそかビハーラ病院」は、京都府城陽市にある緩和ケアを目的とした病院で、本願寺ビハーラ医療福祉会が運営しているます。
 「緩和ケア」という言葉をよく耳にするようになりました。ご講師の説明にもありましたが、緩和ケアとは、「生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的、心理的、社会的な問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメント(評価)と対処(治療・処置)を行うことによって、 苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチ」(WHO世界保健機関による定義)です。
 病院のホームページでは、緩和ケアについて「がんなどの患者さん・ご家族に対し、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな痛みを和らげ、最後までその人らしく、尊厳をもって過ごしていただけるよう支援していくことです。」とされています。

 長寿を望む私たちの願望と科学技術の進歩とが両輪となって、医療技術は目覚ましい進化を遂げてきました。その結果、これまで治すことができないと考えられていた病も治療することが可能になり、これまでにない長寿社会を実現しました。
 しかし、現代の医学をもってしても治すことができない病にかかった場合、医療はどのようなことができるのかという課題が残されています。それでも医療は患者さんの治療に全力を傾けますが、それが本当に患者さんの望む姿なのか、という問題が残されます。

 ここでも、以前別院の公開講座でお聞きしたお話を思い出します。医療は、患者さんが抱える痛み(身体的なものだけでなく、精神的、社会的なスピリチュアルな痛み)を癒すことができるのか、最後までその人らしく尊厳をもって過ごすことに寄与できるのかという問いです。
 「あそかビハーラ病院」にはお坊さんが常駐して患者さんの悩みや心のケアに当たっておられます。また、医師や看護師さんも普通の服装で患者さんに接し、スタッフ全員がミーティングをもって患者さんの一人ひとりについて情報を交換し適切な対応がとられるなど、患者さんの最期を大切に見守っていこうとされています。
 このように、緩和ケアは「医療」がカバーすることができない大切な部分を担うものだと、ご講師はお話しされました。

 ご講師は、話し合いのテーマとして次の問いを提示されました。
 1.自分が最期の時に、何を大切にしたいですか?
 2.最期を過ごす時に、どんな過ごし方を望みます?
   反対に、どんな過ごし方を望みませんか?
   家族や生活環境、また残された人のことを思いながら話し合ってください。

 当日の出席者はA、Bの2班に分かれて話し合いを行いその内容を報告しました。私は、A班の記録と報告を担当しましたが、今回のテーマは、身近に亡くなられた方がおられたり、看護の仕事をされた方がおられたり、さらには自身のこととしてこの問題を考えたり、ということもあって熱心な話し合いになったように思います。

 話し合いの中で印象に残った言葉を記しておきます。
 ・身体的な苦痛がないことを望みたい
 ・「ぴんぴんころり」が理想
 ・自宅で家族に囲まれて最期を迎えたい。集まった家族一人ひとりから感謝や思い出を伝える言葉をかけられるような環境があれば素晴らしい
 ・人として大切にされていると実感したい。医療機器のチューブにつながれる最期はいや
 ・延命治療について自分の希望を伝えておきたい

 この話し合いをお聞きしていて、亡くなられる方と残されるご家族の方の思いが一致していることが大切なことだと改めて思いました。
 どこで、どのような形で最期を迎えたいのか、延命治療についてどう対応するのか、などについて完全にとはいかないにしても、重要な部分で思いが重なるようにしておかなければならないと思います。特に、医師から延命治療について意向を尋ねられた場合にどのように判断するのか、ということは難しい問題だと感じました。ご本人と家族の考えが違ってくる可能性が高い部分のように思われます。

 これは、「死」というものをどのように理解し受けとめるのかということと関わっています。死(や病や老い)は生(や健康や若さ)を否定するもので、受け入れたくない、逃れたいと考えていると、命を少しでも長らえることがよいこととなり、それが患者さん本人の意思とは別の延命治療につながっていくことがあるかもしれません。
 そのためにも、生や死をどのように考えるのか、といったことを日頃から話し合っておくということも大事ではないか、と思いました。今回の話し合いの中でも、そんな話を子供としておきたい、言葉で書きつけておきたい、と言われた方もありました。

(写真は、あそかビハーラ病院のホームページからお借りしてきました。)

 左は病院の建物、右は医師、看護師さんやスタッフの皆さんです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR