FC2ブログ

489.山口別院報恩講にお参りしました

20181130別院報恩講

 11月28日、山口別院の報恩講に岩﨑明さん、江木都美恵さんとご親戚、住職、坊守がお参りしました。
 別院の報恩講は毎年、11月26日から28日の3日間お勤めになりますが、28日が宇部北組の参拝日になっています。

 当日住職は、日中勤行(午前のお勤め)の『十二礼作法』と逮夜勤行(午後のお勤め)の『宗祖讃仰作法(音楽法要)』に列衆として出勤しました。
 振り返ってみますと、別院の法要で出勤するのは2013年6月の永代経法要以来のことですから、5年ぶりということになります。普通は外陣でお勤めする『宗祖讃仰作法』も、内陣で荘重な雅楽とともにお勤めすることができて、参拝された方々との一体感を強く感じることができました。

 当日のご講師は安芸教区からおいでいただいた瀧渕良孝氏でした。
 住職は、出勤の出入りなどでゆっくりとご法話をお聞きすることができなかったのですが、阿弥陀さまがいつも私たちを見護っていただいており、私たちの命が終わるときには間違いなく救うと願っておられること、そのことを親鸞聖人がご生涯を通じて私たちにお伝えいただいたことをお取次いただきました。そして、今度は私たちがそのことを受け継いで伝えていかなければならないとお示しいただきました。
 また、お仏壇のお荘厳に関する逸話やお話しなども印象に残るものだったとお聞きしました。

 当日のお昼の昼食時には、山口雅楽会による雅楽の演奏を楽しむことができました。
 この山口雅楽会は、山口教区内の若手僧侶で編成された雅楽を演奏するグループで、結成以来30年を超え、構成員も60名を超える組織となっているということです。寺院での法要などでの演奏や、寺院外でのイベントでの演奏など幅広い活動をされています。
 当日は、笙(しょう)、龍笛(りゅうてき)、篳篥(ひちりき)という「管楽器」を使った演奏を聞くことができました。なお、午前、午後の勤行ではこの3種類の楽器の他に羯鼓(かっこ)、鉦鼓(しょうこ)、太鼓(たいこ)が加わりました。

(写真は、ご講師の瀧渕良孝氏です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR