FC2ブログ

488.報恩講をお勤めしました

20181126報恩講4 
 昨日11月25日、報恩講をお勤めすることができました。
 前日とは違って暖かい陽気になり、40名を超える方にお参りいただきました。

 ご講師には、美東町の正岸寺の桑羽隆慈師をお迎えしました。師は1992年の壽福寺の本堂屋根改修落慶法要にご出講いただいた方ですが、2002年の夏法座以来久し振りのご講師となりました。

 ご講師は、「眠くなるかもしれませんが・・・」と言いながらお話しをされていましたが、テンポのよい、時事の話題も盛り込んだお話しで、一同「眠くなる」暇もなくお聞きすることができました。

 住職は当日葬儀が入っており、残念ながら午前中の途中で中座させていただきましたが、後でお聞きしてもお参りいただいた方には印象に残るご法話だったと伺いました。
 いつもは、午後の座に残られる方が少なくて残念に思っていましたが、昨日は20名を超える方がお斎の後も残っておられたということで、これも嬉しく思いました。

 今回も多くの方のご協力をいただきました。
 すでにご報告しましたように、11月18日には総代の皆さんに、駐車場や境内、石段周辺、参道の草刈りと清掃をお願いしました。なお、石段周辺と山門から本堂に至る通路にはその後も落葉がありましたので、追加して前日、当日にも清掃を行いました。秋法座のご講師のお話しから、石段の周辺にも気を配りたいと思った次第です。

 お斎には、「伝統料理のけんちょう」と味噌汁を準備していただきました。
 前日に3名の方においでいただいてけんちょうの煮込みを行い、当日はこれも恒例の味噌汁の調理をお願いしました。

 このように、多くの方のご尽力で滞りなくお勤めすることができました。お参りいただいた方、準備いただいた方に心よりお礼申し上げます。

 当日の写真です。

   20181126報恩講    20181126報恩講2    20181126報恩講3
 左は、前日にけんちょうを準備いただいた、左から志賀信子さん、井上幹子さん、井上愛子さんです。
 中は、当日のお斎を準備いただいた、左から石川ハルミさん、江木都美恵さん、志賀信子さん、山本信子さん、井上愛子さんです。井上さん(仏教婦人会会長)、志賀さん(婦人会監事)には2日続けてご協力いただきました。
 右はご講師と参拝者の皆さんです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR