FC2ブログ

480.御絵伝に見る親鸞聖人のご生涯(11):上巻第三段(3)

20181029親鸞夢記

 『御絵伝』第3段の3回目になります。引き続き親鸞聖人が見られた夢の内容が記されます。

 『御伝鈔』の文と現代語訳を記します。
 「救世菩薩、善信にのたまはく、「これはこれ、わが誓願なり。善信この誓願の旨趣(しいしゅ)を宣説して、一切群生にきかしむべし」と云々。そのとき善信夢のうちにありながら、御堂の正面にして東方をみれば、峨々たる岳山あり。その高山に数千万億の有情群集せりとみゆ。そのとき告命(ごうみょう)のごとく、この文(もん)のこころを、かの山にあつまれる有情に対して説ききかせしめをはるとおぼえて、夢さめをはりぬと云々。つらつらこの記録を披(ひら)きてかの夢想を案ずるに、ひとへに真宗繁昌の奇瑞(きずい)、念仏弘興(ぐこう)の表示なり。」

(そして救世観音がおっしゃるには、「これは私が人びとを救おうと願って立てた誓いなのだ。善信よ、お前はこの誓いの趣旨を説明して、あまねく一切の衆生に聞かせなさい」ということでした。
 そのとき親鸞聖人は、夢の中で、御堂の正面に出て東の方を眺めると、高く険しい山岳があり、その高山にたくさんの人びとが群集しているのが見えました。そこでお告げのように偈文の趣旨をその人びとに説き聞かせ終わった、と思ったら夢がさめました、ということです。
 そこでこの記録『親鸞夢記』をひらいてこの夢をよくよく考えてみると、これは真宗が繁昌し念仏が弘まることを前もって表し示したものといえます。)

 この部分では、救世観音が親鸞聖人に告げられた偈文に続いて「この趣旨を衆生に説き聞かせなさい」という救世観音の言葉が記されます。聖人はこの救世観音の言葉を受けて東の方向に群集していた人びとに救世観音の言葉を説かれ、そこで夢から覚められたと記されています。

 前回および前々回の『御絵伝』の記事と一緒に掲載していました図には親鸞聖人が登場される3つの場面が描かれていることを学びましたが、その一番右の場面が今回の、聖人が東方の衆生に説かれている場面です。

 覚如上人は、このように救世観音の夢告を受けて親鸞聖人が東の方の人びとに教えを説かれたということは、その後聖人が関東に向かわれその地で教えを広められ、その後み教えが広く伝えられることを予告するものだとされています。

(図は、「親鸞夢記云(しんらんむきにいわく)」で始まる書で、六角堂で親鸞聖人が受けられた夢告の内容が記されたものです。ネットからお借りしています)

 親鸞聖人が記された自筆の夢記は見つかっていないということですが、この書は、真宗高田派の第2世の真仏上人が、親鸞聖人の記された夢記を書き写されたとされるものです。上人は親鸞聖人の直弟子で親鸞聖人よりも4年前に亡くなられた方ですので、この夢記は親鸞聖人がご在世中に書かれたもので、それを書き写したものだということになります。
 『御絵伝』の六角堂夢想は事実ではなく覚如上人の創作ではないか、という説もあったのだそうですが、この書が発見されて、親鸞聖人が六角堂で夢告を受けられたのは間違いないことだとされるようになりました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR