FC2ブログ

468.山口教区公聴会が開催されました

IMG_3891.jpg

 9月14日、山口別院で山口教区公聴会が開催され、住職が参加してきました。

 宗派からは次の4名の方が出席されました。
  山下義円総務、弘中貴之副総務、宇野哲哉重点プロジェクト推進室部長、工藤小枝子ども・若者ご縁づくり推進室賛事

 開会の総局挨拶の中で、山下総務より先の宗門総合振興計画懇志について、全国で154億6千万円、山口教区で9億6千6百万円のご懇志をいただいた旨の報告とお礼の言葉がありました。
 以下、報告された事項を中心に当日の内容をご紹介します。

1.報告
 (1)昨年度公聴会の経過報告
  昨年の公聴会で協議された次の事項について、その後の推進状況の報告がありました。
  ○災害対策金庫の新たな原資の確保
   全寺院を対象とした災害見舞金制度に対応するために、災害に特化した賦課金が新たに制定されました

  ○「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)総合基本計画・重点プロジェクト改定
   重点プロジェクトにおける宗門全体の実践目標を次の通り決定したという報告がありました
    <貧困の克服に向けて~Dana for World Peace~>ー子どもたちを育むためにー
   この目標を推進するにあたり、「子供たちの笑顔のために募金」に取り組むことにしたいという提案がありました。
   ⇒今後、募金箱が作成され設置することになりますので、ご協力をお願いします。

  ○10年、20年後の日本社会で求められる僧侶像・寺院像
   今後の社会変化などに対応できる僧侶、寺院を育成するための制度の改定内容について説明がありました

 (2)宗門総合振興計画第1期終了および第2期始動について
  宗門総合振興計画の第2期以降(2018年度~)の事業内容について説明がありました。主な内容は次のようなものです。
  ○親鸞聖人御誕生850年、立教開宗800年慶讃法要の修行
  ○首都圏での新しい開教・伝道計画への支援
  ○本願寺境内建物の整備
   阿弥陀堂内陣天井・飛雲閣・唐門の改修、大谷本廟の整備などが進められます
  
2.協議
 以上の報告について質疑が行われました。

(写真は、左から赤松組長会長(司会)、山下総務、弘中副総務、宇野部長です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR