FC2ブログ

463.最近の話題(16):歴史講座「浮世絵を読む」

20180831浮世絵 

 去る8月24日に宇部市立図書館で「歴史講座「浮世絵を読む」」の第1回が開催されましたので、出席してきました。
 この講座は、宇部地方史研究会の主催で開催されたもので、12月までの毎月1回開催されることになっています。

 講師は、内田鉄平氏(宇部フロンティア大学特命准教授)です。氏は学びの森くすのきで開催されている「古文書の読み解き会」で指導いただき、先にご紹介した『石炭都市宇部市の起源』の著者でもあります。

 当日はその第一回、「浮世絵の誕生と江戸文化」という内容をお聞きすることができました。印象に残っている内容を少しご紹介しましょう。

 浮世絵というのは最初は肉筆画だったのですが、その後、墨一色摺りの版画から多色摺りの版画へと発展したものです。多色刷りの豪華な浮世絵にしても当時の蕎麦1杯程度の価格だったそうです。
 浮世絵は当時の海外の芸術家が注目をし、自分の画風や構図に取り入れたように、世界的な美術品でもありました。このような美術品を一般の人が自由にしかも安く手にすることができたわけですから、当時の日本は世界でも珍しい美術観賞の環境を持っていたということになります。

 浮世絵はその時々に耳目を集めたテーマをタイムリーに取り上げるという点も特徴のようで、歌舞伎の役者絵、美人画など現在でいうとスターのブロマイド的な作品も人気の的だったということです。
 当時の女性にとっては、歌舞伎の人気役者の絵は勿論のこと、美人画や遊女を描いた絵も、流行の最先端を見ることができるいわばファッション情報としても人気があったそうです。
 また、地方からの旅行者にとっては、江戸の最新の情報を描いたお土産品として人気を博したものでもあったそうです。

 浮世絵の制作は原画の作者、彫師、摺師と分業制になっていたのですが、それを企画し販売する版元という機能も必要だったという説明があって、なるほどと理解したところです。版元は現在でいうと出版社と書店を合わせたような機能でしょうか。

 そして、そのような文化が可能だったのは、江戸という一大都市があったからだという説明も納得のいくものでした。18世紀始めの江戸の人口は100万人にもなろうとするほどで、その大都市江戸は、何も生産せずに消費するだけという特殊な消費都市(江戸の唯一の生産物は、周辺の農耕地域に供給する糞尿だけだったとのこと)だったということになります。
 その中での人々の楽しみの一つが浮世絵だったということになります。

 今後次のテーマが予定されています。興味をお持ちの方、参加されませんか。
 第2回( 9月28日)「浮世絵の観賞方法」
 第3回(10月26日)「浮世絵の種類と庶民文化の隆盛」
 第4回(11月23日)「浮世絵と江戸時代の旅行ブーム」
 第5回(12月21日)「江戸時代の出版文化と浮世絵」

(図は今回の講座の「受講者募集のお知らせ」です)

 会費は資料代を含め5回分で1000円です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR