FC2ブログ

447.『阿弥陀経』を読む(70)「弥陀経讃(5)」

20180706フジウツギ  20180706フジウツギ2


 「第5首」 五濁悪時悪世界 濁悪邪見の衆生には 弥陀の名号あたへてぞ 恒沙の諸仏すすめたる

 「訳文」 釈尊は、さまざまな濁りと悪に満ちた時代の中で、よこしまな考えにとらわれているものに、阿弥陀仏の名号をお与えになり、数限りない仏がたは、その教えをお勧めになっている。

 親鸞聖人は、私たちは五濁悪時悪世界に生きている、濁悪邪見の存在だと示されます。
 『浄土真宗辞典』をたずねますと、「五濁」は悪世においてあらわれる避けがたい劫濁、見濁、煩悩濁、衆生濁、命濁の5種のけがれ、のことでした。「悪時」はさまざまな濁りに満ちた悪い時代、「悪世界」はさまざまな濁りに満ちた悪い世界、を表します。私たちは、どのようにしても逃れることのできない穢れた時代と世界にいて、なおかつ煩悩に取りつかれて正しい見方などとてもできない、そのような存在なのだといわれます。
 お釈迦さまは、そのような私たちを救おうと南無阿弥陀仏の名号をお与えいただき、諸仏はお釈迦さまのみ教えが間違いないものだと称讃されお勧めになっているのだと、聖人は讃嘆されています。 
 自分のはからいではなく、この阿弥陀さまのお救いの力に気づきお任せするとによって私たちはこの五濁の世界で煩悩に満ちた生き方から救われる、いや、私たちにはその道しか残されていない、のだと聖人は私たちに示されています。 

 瓜生津師は、この第5首は、「禨法二種の真実を示して信をすすめる」もので、『阿弥陀経』の要諦がまとまられた和讃だとされ、「禨は如来の救いの対象である私たち凡夫のこと、法は衆生の救いを誓われた阿弥陀仏の本願のことですから、私たち凡夫が無明・煩悩にみちた存在であることと、その凡夫を如来の本願が絶対に救いとることをさしている」と記されています。

 これまで続けてきました「『阿弥陀経』を読む」も今回が最後となりました。
 昨年1月に始めましてちょうど70回になりましたが、お経を通じて、お釈迦さまは、お浄土のすばらしさを説かれ、阿弥陀さまのお救いのはたらきと私たちが救われる姿を示され、信心をもってお念仏申しあげるようお勧めいただきました。
 「舎利弗よ、舎利弗よ」と(私たちに)何度も何度も呼びかけられるお釈迦さまの声をお聞きしながら生きていくことの大切
さを改めて心にとどめたいと思います。

(写真は、フサフジウツギです。)

 名前に「ウツギ」が入っていますが、フジウツギ科に分類される植物です。園芸品としても人気の植物で、属名のブッドレヤという名前でも呼ばれています。良い香りと蜜を持っていて蝶などの昆虫が集まっているのをよく見かけますが、植物そのものは有毒だそうです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR