FC2ブログ

429.降誕会をお勤めしました

20180504集合写真s

 昨日、5月3日に降誕会をお勤めいたしました。
 少し肌寒いながら、前日の雨からはうって変わった晴天に恵まれて、約40名の方にお参りいただきました。
 ご講師には豊田組清徳寺の尾寺俊水師をお迎えして、親鸞聖人のご誕生をお祝いし、聖人のみ教えを味あわせていただくことができました。

 ご講師は、入滅されて750年以上を経過した親鸞聖人のお誕生日をお祝いしている意味についてお話をいただきました。
 私たち自身を振り返ってみますと、亡くなられた方のお誕生日を思い出し、お祝いすることは全くといっていいほどありません。ご講師がご指摘になられたように、私たちがこのような形でお誕生をお祝い申し上げている方は、親鸞聖人ともうお一人お釈迦さまだけです。

 お釈迦さまが説かれ、親鸞聖人が私たちにお届けいただいたのは、深い煩悩に悩まされている私たちの姿であり、そのような私たちを一人残さず救い摂らずにはおれないと願われた阿弥陀さまのお救いの力であり、そのおおきさ、力強さ、有り難さを深く味あわせていただき、お誕生をお祝いし、お礼申し上げているのだというご講師の言葉が強く印象に残りました。

 ご法話の後は、参拝者は恒例の餅まきを楽しみました。お寄せいただいたもち米やご懇志を使わせていただき、ご持参いただいたものもあわせてたくさんのお餅、お菓子が準備できました。総代さんにこれらのお餅やお菓子を撒いていただき、一同ワイワイと楽しみ、お餅とお菓子の入った袋を手に帰宅することができました。

 今回も多くの方々にお世話になりました。
 仏教婦人会の美祢地区の会員の方には、お斎の準備から給仕、後片付けまでにご協力をいただきました。
 総代さんには、受付、お餅やお菓子の準備、餅撒きの実施を担当していただきました。
 心よりお礼申し上げます。

 また今回は、お孫さんまでの3世代のお参りが2組ありました。ご一家で若い方にもお参りいただき、活気を感じることができ、嬉しく思いました。来年度も有意義な降誕会となるよう、ご協力をお願いいたします。
   20180504仏教婦人会   20180504餅まき   20180504お斎

 写真左は、ご協力いただいた仏教婦人会の(左から)岩崎清美さん、石川ハルミさん、杉山博子さん、木村成子さん、井上清子さん、古川幸恵さん、井上愛子会長のみなさんです。
 写真中は餅まきの様子です。総代の皆さんにお願いしました。
 写真右はお斎の様子です。今年はお斎に残られる方の数が少なく、残念におもいました。

(写真は、集合写真と当日の様子です)
 
(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR