FC2ブログ

428.讃佛歌の掛図を補修しました

20180430掛図2   20180430掛図

 本堂にある讃佛歌などを記した掛図が古くなっていましたので、このたび新しいものに替えました。

 これまで使っていたものはいつ頃作成したものかよく分からないくらいに古く、全体にシミや汚れが目立ち、周辺が破れているものでした。それで、今回、「恩徳讃」「真宗宗歌」と「領解文」の掛図の作成をお願いし、一昨日新しいものができてきましたので、これを木枠に取り付けました。

 これで、3日の降誕会では新しい掛図でご一緒に歌い、唱和することができます。

 とここまでは良かったのですが、これまた一昨日届きました『宗報』の4月号の裏表紙に「讃佛歌掛図」の広告を見つけたのです。
 広島の業者さんが出された広告で、讃佛歌などの掛図を販売しているというものです。え、こんなものがあったのだ・・これまでこのような広告を見た記憶がなかったものですから、今回宇部の看板を制作されている業者さんにオーダーして作成をお願いしたものです。
 (「讃佛歌掛図」という呼び名もこの広告で知りました。宇部の業者さんには「ビラ」を作ってもらいたい、とお願いし、業者さんはこれを「ポスター」と呼んでいる、というようなやり取りもありました。)

 でも、これまで使っていた掛図を掛ける木枠はそのまま利用することにしていましたので、紙のサイズや支えるビスの穴の位置など、やはりオーダーでよかったのだ、ということにします。


(写真は、新しくできた掛図と右はそのオーダーした図面です)

 掛図は、タテ79センチ、ヨコ109センチのサイズです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR