FC2ブログ

35.浄土真宗の教章(3)


20140728阿弥陀如来2
  20140728阿弥陀如来1

 今回」は、「浄土真宗の教章」の「本尊」の項に移ります。「教章」では、次のように記されています。

  本尊 阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)

 この部分は、旧の「教章」と全く同じ内容です。  

 浄土真宗の憲法に当たる『浄土真宗本願寺派宗制』の「第1章(本尊)」の項にも「本宗門の本尊は、阿弥陀如来(南無阿弥陀仏)一仏である。」と定められています。
 仏教では阿弥陀如来以外にもたくさんの仏さま方がおられますが、浄土真宗では阿弥陀如来ただ一仏のみがご本尊であるとされているのです。

 そのご本尊の「阿弥陀如来」は目に見える形でのご本尊で、木像や絵像としてのご本尊です。
 一方、「南無阿弥陀仏」の方は六字の名号(お名前)ですがこれも浄土真宗の「本尊」とされます。ご家庭のお仏壇にこの六字の名号をご本尊として奉献される場合がありますが、それもこのことによります。 
 「南無阿弥陀仏」といいますと、私たちが日常的に口にするいわゆる「お念仏」ですが、なぜそれが私たちの浄土真宗のご本尊になるのか、という点について見てみます。

 「阿弥陀」という言葉はお釈迦様の時代のインドの言葉「アミタ(無量という意味です)」が語源でこれを音写したもので、無量光(限りない光)と無量寿(限りないいのち)とを表すものだと伺いました。
 空間的にも時間的にも無限に、いつでも、どこでも、だれにでも、等しく救いを届けていただいている阿弥陀如来が私たちの浄土真宗のご本尊ということになります。

 また「(南無阿弥陀仏)」の「南無」は「帰依」という意味と伺いました。ただ、この「帰依」は、一般的に理解されているように私たちが阿弥陀如来に何かを期待して行う帰依ではありません。
 親鸞聖人は南無阿弥陀仏とは、阿弥陀如来から私に向けられた「この阿弥陀に帰依しなさい、まかせなさい」という「呼びかけ」だと示されました。私が「お助けください」と頼むよりも前に、「必ず救う」と呼びかけてくださる阿弥陀如来の声なのです。

 それゆえに、南無阿弥陀仏という名号も阿弥陀如来のお像とともに私たちの浄土真宗の「本尊」 とされます。

(写真は、壽福寺の本堂の阿弥陀如来のお像です)
 阿弥陀如来はご覧のように立ったお姿でおられ、さらに横から見ますと随分と前傾の姿勢で立っておられます。
 これは、私たち衆生のことをいつも心配されていて、なにかあればすぐにでも救いの手を差し伸べることができるようにされているお姿だと伺ったことがあります。 

(お詫びと訂正です)

 先日の7月18日の記事で、親鸞聖人のご往生の年を1163年と記していましたが、これは誤りで正しくは1263年です。お詫びして訂正いたします。

 この記事を読まれた方からご指摘をいただきました。ありがとうございました。
 記事をしっかりお読みいただいている方がおられるということが分かって、嬉しく思いました。

 当日の記事では触れませんでしたが、聖人のご往生について表記の仕方にこれまで変動がありました。
 ご往生の日そのものについて諸説がある、というのではなくて旧暦で示されたご往生の日を新暦でどのように表記するか、ということにかかわることです。

 「浄土真宗の教章」にありますように、聖人のご往生の日は旧暦で表しますと弘長2年11月28日です。これは、新暦に置き換えますと 年が変わって1月16日に当たります。
 これを、かつては新暦で1262年1月16日と表記していたようです。弘長2年を全て1262年と表記するという考え方に従ってそのようにしていたことによるようですが、現在では新暦で年が変わったことで1263年と表記することになったようです。
 現に私の手元にあります、旧版の「浄土真宗 聖典-勤行集-」に掲載されている「浄土真宗の教章」にも1262年と表記されています。

 ということなのですが、私のミスは極めて単純なミスでした。お詫びします。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR