FC2ブログ

372.「平和に関する論点整理」への意見集約(3)

20171020アメリカフヨウ   20171020モミジアオイ

 前回に続いて、「平和に関する論点整理」に対して出された意見について考えてみたいと思います。
 本日は、その第3回目で最終となりますが次の項目です。
 
 5.現場に立って、見る、聴くことの重要性
 6.具体的な取り組みの可能性について
 7.当面の結びとして

 「5.現場に立って、見る、聴くことの重要性」の中で、「論点整理」の公聴会では沖縄について多くの意見が出されたと報告されています。
 それは、沖縄の方々からは「沖縄のことをもっと知ってもらいたい」という声であり、沖縄以外では「沖縄の人の苦悩を理解すべき」という声に集約されるものです。沖縄は、現在の日本で、安全保障のあり方や隣国との関わり方、自衛権など、まさに「戦争と平和」の最前線の現場です。考えてみますと、私たちは私たちが今いる場に足を置いてその場からの発想で考えているのかもしれません。
 「戦争と平和」の問題が最も鋭く問われている現場である沖縄の地に立ってものを考えることの重要性について気づかされた思いです。

 「6.具体的な取り組みの可能性について」では、公聴会の中で宗派に対して出された要望が次の7点にまとめて報告されています。
 (1)声明を出してほしい
 (2)議論をする場を設けてほしい
 (3)少数民族への活動を行ってほしい
 (4)宗派を超えた対話を進めてほしい
 (5)沖縄のことを知ってほしい
 (6)戦時教学の歴史を学ぶ活動を進めてほしい
 (7)念仏者の具体的な平和活動を示してほしい
  これらは、宗派への要望を聞かせてもらいたいという問いかけに対して出された項目だと思われますが、このような要望を行うと同時に、私たちは、自分がどのように考え行動するのかということを自身に問いかけ続けることも必要だと思います。

 「7.当面の結びとして」、次の3つの項目が提起されています。これは以前、山口別院で行われた説明会のご報告で記載していたものです。
 その一、平和創造の基礎づくりとして国の内外に仏教の意義を伝えること
 そのニ、「平和の定義」を「宗制」前文の視点から見直すこと
 その三、多様な平和貢献活動の中から念仏者にふさわしい活動について検討し進めること

 その一、について、以前に次のコメントをいただきました。
 「[平和創造の基礎づくりとして国の内外に仏教の意義をつたえること]と、ありますが、これは、「仏教の宣伝・布教活動」ととらえられてしまい、敬遠されると思います。仏教者の側にも、布教活動をすることだと思う人が出てきます。多種多様の宗教観を是認したうえで活動することが必要だと思います。」

 私も、「仏教の意義を伝えること」というのは、ただちに「仏教の宣伝・布教活動」ということではないと思います。仏教で説かれていることが仏教の言葉によらなくても、他の宗教に帰依している人にも理解され共有されることが可能であれば、それは素晴らしいことだと思っています。
 そのように思った最近のきっかけは、前回にも触れましたが、オバマ前大統領の広島でのスピーチを読んだことによります。
 オバマ氏は、スピーチの中で、太古の昔から「支配、征服を欲する本能という同じ根本から戦争は起きてきました。」と述べ、戦争の根底には、支配し征服したいという本能があって、それは現在も克服されておらず、そのような私たちが科学技術を飛躍的に向上させ、自分を滅ぼすことができるほどの力を身につけてしまったのだと、言います。それゆえに「原子を分裂させた科学の革命は私たちに道徳的な進歩も要求しています。」とし、私たちはこのような私たちの本能に気づき、私たちが変わらなければならないと説きます。
 この「支配、征服を欲する本能」というのは、自己中心にものを考え、むさぼり、怒る「煩悩」そのものだと感じました。
 私たちが、個別の宗教を超えてこの「支配、征服を欲する本能」(=煩悩)に気づき、そのことを共有することが、戦争に対する内面的な抑止力となるのではないかと思います。

 そのニ、では、「平和」というものを単に「戦争がない状態」だとするのではなくて、「自他ともに心豊かに生きることのできる」状態だとして、その実現を目指すことが必要だとしています。そうすると、「平和貢献活動」の内容も多様なものになってきます。
 それは、その三、に記されているように、平和は「力の論理」だけで維持されているものではなくて、実際には「意見集約」に挙げられているように「国連等の平和活動」や「戦争の否定と非暴力・平和の発信」「構造的暴力の克服(自由・平等などの人権の尊重や飢餓・格差・差別の克服)」「宗教的寛容の推進」「戦争の歴史についての教育」など多様にな活動によって下支えされていることに重なります。
 このことは、個別の問題を取り上げるに従って意見が分かれる可能性のある「戦争と平和」という課題についても、仏教者・念仏者として具体的に取り組むことができることが多くある、ということを示していると思います。

 9月14日の説明会の当日、この平和への「貢献策」として総合研究所より次のような項目が提示されていました。
  (1)合掌のすすめ
  (2)経済格差・貧困の克服へ
  (3)美しい沖縄から平和のメッセージを
  (4)自死問題を通じて東アジアの相互対話と信頼の醸成を
 今後、その具体的な活動が検討されるものと思います。

(写真左はアメリカフヨウ、右はモミジアオイの花です)

 この2種のフヨウ属の植物は、前回登場した交配種のタイタンビカスの両親ということになります。
 アメリカフヨウは、高さ150㎝前後、7月から9月頃にかけて直径30cmにもなる大きな花をつけます。一方のモミジアオイは赤い花を咲かせモミジのように切れ込みの入った葉を持っています

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR