FC2ブログ

359.秋の法座をお勤めしました

20170904秋法座集合写真

 昨日、9月3日に秋の法座をお勤めしました。

 数日前から朝夕は涼しさを感じるようになっておりましたが、当日も爽やかな天候に恵まれて、ご講師のお話しをお聞きするよい時間を持つことができました。

 ご講師には、大津東組 清福寺 林正文師をお迎えしました。
 ご講師は奈良の国立博物館で9月3日まで、源信和尚の1000年忌を記念して開催されていた特別展「源信 地獄・極楽への扉」を取り上げてお話をいただきました。
 私たちはこの世での行為の結果として、地獄・餓鬼・畜生・阿修羅・人間・天という迷いの世界(六道)を経めぐり、そこから逃れることができないとされています。源信和尚は、その六道の悲惨なありさまと極楽浄土のすばらしさを記されて、私たちがお念仏によって浄土に救われる道を示されました。
 私たちは、日常生活している中でも十悪(殺生から始まる身口意の悪業)を犯さざるを得ない存在であり、そのような私たちが救われる道は、阿弥陀如来のお救いにおすがりするほかないのだと、ご講師はお示しいただきました。

 私たちが救われることを願うからそれが可能になるのではなく、阿弥陀如来の方から私たち一人一人を救いたいと願われているのです、というご講師の言葉が印象にのこりました。

 お斎の後に勉強会を開催し、13名の方とお正信偈の「善導讃」の部分を学ぶことができました。

 今回も、仏教婦人会の皆さんにはお斎の準備から給仕、後片付けまで大変お世話になりました。厚くお礼申し上げます。

(写真は恒例の集合写真です。)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR