FC2ブログ

305.歴史を訪ねる(3):古文書読み解き会(2)

20170227年表 (2)   

 2月23日、1月に初めて参加しました「古文書読み解きの会」の例会に参加してきました。
 前回と同じく、武波博行さんと宇部フロンティア大学の内田鉄平准教授に指導していただき、『柏村家文書』の国司家の略伝を読みました。

 前回は、予習もせずに参加しましたので、ついていくのが精一杯という状況でしたが、今回はて予め予習もして臨みました。その結果、判読の難しい個所、読み方の分からない箇所を予めつかむことができましたので、前回よりは余裕を持つことができたように思います。
 このように予習をして臨むなどというのは何年振り、いや何十年振りだったでしょうか。学生時代に戻ったような気分でした。

 当日読みましたのは、国司家第8代の元武公の略伝です。元武公は、主君の毛利元就公、輝元公とともに大内氏の滅亡、豊臣秀吉の天下統一、関ヶ原の合戦といった戦国時代の只中を駆け抜けた人でした。

 古文書を読む際に最も難しいのが、崩し字の解読です。特に頻繁に使われる字は、元の字が想像できないような崩し方がされています。これはもう形を覚えてしまうしかないようです。決まった言い回しもありますので、何度も見て覚えるのがポイントのようです。

 今回工夫したことが2つあります。
 一つは、これは昔買った入門書『古文書入門』の中で勧められていた方法なのですが、原文の字を原稿用紙に一字づつ書き取っていくという方法です。読めない字の部分は空欄にしながら書き写していくのですが、そうすることによって全体が見渡せ、よく似た字や言い回しを見つけることができるという意味でも有効な方法だと思いました。
 もう一つは、主要な登場人物を入れた年表を作りました。西暦の年、和暦の年と干支、それに主な出来事を入れたもので、これで、例えば国司家の人物と主家の毛利家の人物のかかわりが見えてきます。
 この年表を作っていて、「あれれ」と不思議に思ったことがありました。国司家の6代目は有相(ありすけ)公といいますが、略伝では明応8年(1499年)生まれとされています。ところが、その子元相(もとすけ)公は同じ略伝の中で明応元年(1494年)生まれとされていて、子の方が先に生まれたということになっていました。なぜこのようなことになったのかということについてはもう少し調べてみよう、ということになりましたが、古文書にはこのような写し間違いなどもあるようで、これも面白そうなところです。

 と、今のところ興味をもって取り組んでおります。しかし、持ち前の飽きやすさ、いつまで続きますやら。
 このようにブログで報告するようにしていると、簡単には放りだせなくなるという効果もあるかもしれませんね。

(図は、自作の年表の一部です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR