FC2ブログ

25.浄土真宗の教章(1)



20140623教章220140623教章1


 これからしばらく「浄土真宗の教章」という文書を取り上げます。 
 これまで書きましたさまざまな事項も浄土真宗のみ教えを基にしてそこから来ているものですから、一度基本に戻ろうと考えました。

 この「浄土真宗の教章(私の歩む道)」は、B3より少し大きい用紙に印刷されてご門徒さんのお宅にも掲げられていると思います。また、以前に取り上げましたお経本の(1)『意譯 真宗勤行集』や(2)『浄土真宗 聖典-勤行集-』の最初の方に、大切な文書として掲載されています。

 その内容は次のようになっています。
  ○宗名
  ○宗祖
  ○宗派
  ○本山
  ○本尊
  ○聖典
  ○教義
  ○生活
  ○宗門
 このように、この「浄土真宗の教章」は浄土真宗の基本となる項目が整理されて述べられています。

 では、これらの基本的なことが宗門の中でどのように定められているのかといいますと、これは「浄土真宗本願寺派宗制」という「基本法規」の中で定められているのです。
 この「宗制」は以下のように前文と6章で構成されていて、浄土真宗のいわば憲法のようなものです。
  ○前文
  ○第1章 本尊
  ○第2章 聖教
  ○第3章 教義
  ○第4章 歴史
  ○第5章 宗範
  ○第6章 補則
  ○附則

 このように、「浄土真宗の教章」はご本尊やみ教え、宗門、生活のあり方などがまとめて定められたものということができます。そして、これまで取り上げて来ました具体的な事項は、これらの基本的なことから導かれているということになります。

 次回以降で、この「浄土真宗の教章」の内容について学んでいきたいと思います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR