FC2ブログ

263.オバマ大統領のスピーチ(5)

 20161003新報s 20161003新報1s    

 この切り抜きは、「本願寺新報」の9月20日号のものです。

 今年5月にオバマ大統領が広島で行ったスピーチの中に、広島で被爆死した12名の米軍捕虜の記録を調べた被爆者の男性に触れた言葉がありました。大統領のスピーチは次の通りでした
 「原爆を投下したパイロットを許した女性がいます。本当に憎んでいたのは戦争そのものであることに気づいたからです。この地で命を落とした米国人の遺族を探し出した男性がいます。彼らが失ったものは自分が失ったものと同じだと信じたからです」

 大統領はスピーチの後にこの男性を抱擁し、その映像が世界に伝えられました。

 「本願寺新報」の記事は、この遺族を探し出した男性森重昭さんが広島市の浄土真宗本願寺派の光西寺さんのご門徒さんだということを伝えています。

 以下は、「本願寺新報」の記事とその他の情報によります。

 森さんは歴史が好きで、歴史を教える仕事につきたいと考えられたこともあたのだそうですが、原爆の被害について正確な情報が知りたいと思ったのがその活動のきっかけだったと言われます。原爆の被害者の中に米兵の捕虜がいたという情報を聞き、「どこの国であっても、みんな家族を思う気持ちは同じ。残された者の痛みには敵も味方もない」(本願寺新報)と、1975年、38歳の時に被爆死した米兵の調査を始められたということです。

 米国政府は1983年までは捕虜が広島で犠牲になったことを認めていなかったそうですから、森さんは米国からの支援もなく、日本でもなぜそのような活動をするのかという冷たい目を向けられながら、一人で孤独な作業を始められました。
 犠牲になった12名の米兵の名前を調べるだけではなく、、その遺族に自分が調べた情報を伝えたいと考えられた森さんは、米兵のファミリネームを頼りに遺族を探しだすという気の遠くなるような作業を進められたのだそうです。
 このような大変なご苦労の結果、犠牲になった米兵12名全員の遺族が判明したのは2009年、森さんが活動を始めてから34年が経過していました。
 森さんは、併せて遺族に死没者名簿に登録を申請するように働きかけ、記念碑を設置するなどの活動も行われました。

 森さんの言葉に「残された者の痛みには敵も味方もない」とあります。
 「支配したいという基本的な本能」(大統領のスピーチ)から逃れることができない私たちが、科学技術によって破滅的な力を持つようになったのが現在の戦争の姿だと改めて思います。このような自らを絶滅させることができるような強大な力を持った私たちが、支配したいという基本的な本能、煩悩にとらわれ続けているのだということに思い至ることが必要だと改めて実感させられます。

 この森さんの活動を描いた「灯篭流し(Paper Lantern)」というドキュメンタリー映画が公開されます。この映画を監督したバリー・フレシェット氏は被爆米兵の一人ノーマン・ブリセット氏の親友の甥にあたるのだそうです。

(写真は、「本願寺新報」の記事です)
 字が小さくて読みにくくなっていますが、申し訳ありません。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR