FC2ブログ

262.ご紹介します(12):「親鸞聖人と浄土真宗」


20160930歴史街道
   20160930歴史街道2

 前回に続いての書籍紹介となりますが、PHP研究所から発行された月刊「歴史街道」の10月特別増刊号をご紹介します。

 本のタイトルは「『伝灯』の時を迎えて 親鸞聖人と浄土真宗 今こそ伝えたい教え」で、次のような構成になっています。(記事の順番は実際とは変えてあります)

 総論 「『伝灯』の時、現代に生かしたい親鸞聖人の心」(山折哲雄氏)
  
 「誰もが救われる道を求めて・・・親鸞聖人の生涯」(岡村喜史氏)
  前編 本願に帰す
  後編 弟子一人ももたず

 「乱世に光を!本願寺中興の祖・蓮如上人の生涯」(金龍静氏)
 「味わいたい親鸞聖人のことば」

 「ありのままに、ひたむきに」(前回ご紹介した専如ご門主のご著書の抜粋です)

 「親鸞聖人の人生をたどる」(親鸞聖人にかかわる年譜と地図です) 
 「浄土真宗と西本願寺」(親鸞聖人と浄土真宗、西本願寺にかかわる資料です)

 「『南無阿弥陀仏』の意味は? Q&A 親鸞聖人が目指したもの」(天岸浄圓氏)
 「重んじるお経は?死をどう捉える? Q&A 浄土真宗の生き方・考え方」(天岸浄圓氏)
 「日常、葬儀、年間行事・・・ Q&A あの仏事には、こんな意味がある」(末本弘然氏)

 「龍谷大学龍谷ミュージアムに見る『浄土真宗と本願寺の名宝』」
 「西本願寺の美」
 「訪ねてみよう『西本願寺マップ』」

 コラム1.親鸞聖人の主な著作
 コラム2.「親鸞」という名前の由来
 コラム3.弁円の涙

 10月から勤修が開始される伝灯奉告法要に合わせて発行された書物ですが、聖人のご生涯、み教え、浄土真宗の歴史などがまとめられており、Q&A集も付されるなど気配りを感じさせる本です。

(図は、表紙と最初のページの親鸞聖人のご絵像です。)

 個人的なことですが、宗門の学校に通っていたときに岡村喜史氏は「真宗史」のご担当で、一年間レクチャーをいただきました。今回の本では18ページにわたって聖人のご生涯を紹介しておられますが、当時の授業を思い出しながら読ませていただきました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR