FC2ブログ

249.お盆のお勤めに伺っています


20160815タカサゴユリ
     20160815タカサゴユリ2

 8月7日より、今年初盆を迎えられるご家庭と、お盆のお勤めを希望されるご家庭にお勤めに伺っています。

 年末のお取越しは訪問するご家庭が多くてゆっくり時間がとれませんが、お盆は割合に余裕をもって計画を組むことができますので、久し振りにお話を伺うことも楽しみにして出かけています。

 初盆のお勤めでのお取次では、一般に行われているお盆の行事(迎え火や送り火など)と浄土真宗のお盆の捉え方の違いについてお話しするようにしています。
 また、ご往生された方がご遺族に残された大切なメッセージは、「私たちは必ず命尽きるもの」だということ、その命尽きたとき私たちは間違いなくお浄土に迎えられるということ、だから限られた命を力いっぱい生きて欲しいと願われていること、なのだとお伝えするようにしています。

 一昨日お伺いしたお宅では、ご子息のご一家がお盆休暇で帰省しておられ、一緒にお勤めをすることができました。このご子息のご一家とお会いするのは初めてでしたがゆっくりと話をすることができました。

 連日の猛暑ですが、色々な出会いも期待しながらお勤めをしています。

(写真は、タカサゴユリです。前々回のウバユリに続いてユリの仲間ですが、お盆のお勤めに伺う途中あちらこちらで見かける植物です。)

 漢字で書くと「高砂百合」もともとは台湾の固有種だったそうですが、日本では園芸用に移入されたものが野生化して広がっているということです。
 花はテッポウユリに似ているのですが、全体に大型で、葉が細く、白い花弁に薄い紫色の筋が入っているという特徴があります。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR