FC2ブログ

228.オバマ大統領のスピーチ(2)

20160603セッコク1  20160603セッコク2


 オバマ大統領のスピーチ、今回はその後半部分を見ていきます。

 前回の前半部分では、オバマ氏は私たち人類はかつてない高度な技術を発展させ豊かな生活を手に入れてきたが、それと同時に人類を何回でもを破滅させることができる核兵器という破壊的な力も自分のものにしてきたと言います。しかもその技術を保持する人類は、太古の昔と変わらず「支配、征服を欲するという本能」を持ち続けていることに深い危惧を持っていることを述べました。
 広島と長崎で生じた破壊はその象徴的な姿なのだと氏は述べ、私たちは私たちが到達した高度な技術にふさわしく「進化」しなければならないと説いています。

 スピーチの後半部分でオバマ氏は、各国は先の大戦の後にその反省に立って新しい動きをしてきたことを指摘します。
 かつて壮絶な戦いを繰り広げた日米両国が同盟を築き友情を育んできたこと、欧州では長年の対立を克服して新しい連合を成立させたこと、核兵器を規制、削減し最終的には廃絶する方向に動き始めたことをあげますが、「侵略行為やテロ行為、腐敗、残虐な行為、そして抑圧は、私たちの仕事がまだ終わっていないことを示しています」と多くの課題が残されていると言います。
 そして「私たちが築いた国家や同盟は、私たちを守る手段を持たなければなりません。しかし、我が国のように核兵器を持っている国は恐怖の論理から脱し、核兵器のない世界を目指す勇気を持たなくてはいけません。」と核保有国が負うべき責任を提示します。

 そのために、私たちは戦争というもの自体に対する考え方を変えなければならないと言います。
 外交を通じて紛争を防ぎ、終わらせること、相互の依存関係を暴力的な競争ではなく平和的な協力に変えること、国家の機能は破壊したものではなく作り出したもので捉えられなければならないこと、そしてなによりも私たちが人類の一員としてお互いのつながりを思い起すこと、が必要だと説きます。

 氏は「私たちは過去の失敗を繰り返すよう遺伝子で決められているわけではありません」と言い、こどもたちに共通の人間性を説明し、戦争を防ぎ、残虐な行為を遠ざけることができると言います。
  そして、原爆を投下したパイロットを許した被爆者の女性がいること、広島で殺された米国人の家族を探しだした日本人の男性がいるという逸話を紹介します。氏は、その女性は自分が憎むものは戦争そのものだということに気づき、またその男性は米国人が家族を失ったその喪失感は自身の喪失感を同じものだということを感じたのだと言います。
 このように戦争に対する思いが一つなのだということを共有することによって、人類は一つになれるのだとします。

 さらに、全ての人類は生命、自由、幸福追求の権利を奪われることはない、と宣言した米国の独立宣言を引用し、「しかしその理想を実現することは、米国内や米国民の間であっても、決して簡単ではありません。しかし、その物語にあくまでも忠実であろうとすることに価値があります。それは努力しなくてはならない理想であり、大陸と海をまたぐ理想です」と、理想を実現することがいかに困難であっても、理想を掲げ続けること、そして一歩でもその方向に歩むことが大切なのだと語りかけます。

 そして氏は「国家が選択をするとき、国家の指導者がこのシンプルな(科学の驚異を命を奪うのではなく、もっと人生を豊かにすることに役立てるべきだという)英知をかえりみて選択すれば、広島からの教訓を得たと言えるでしょう」と広島を訪れることの意味を再度確認します。
 
 この後半部分で、オバマ大統領は、人類が持っている支配し抑圧したいという本能から一歩先に前に進まなければならないこと、全ての人々はかけがえのない存在であることに気づくことで、戦いを避け最終的には核兵器の廃絶を目指さなければならないことを述べ、「私が生きているうちに、この目標を達成することはできないかもしれませんが」その理想を持ち続け、一歩でもその理想に近づくように努力し、大切な選択のときに正しい決断ができるようにしようと呼びかけています。

 次回では、先に取り上げた「平和に関する論点整理」の視点からこのオバマ大統領のスピーチを見てみたいと思います。 

(写真はもう一度セッコクです)

 庭のウメの木に着生しているセッコクです。こちらは前回のカイヅカイブキのものより少しピンクがかっています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR