FC2ブログ

227.オバマ大統領のスピーチ


20160530セッコクs    20160530セッコク1s     

 オバマ大統領は、5月27日に広島を訪問、原爆資料館を見学し原爆慰霊碑に献花した後にスピーチを行いました。

 TVでの中継は見ることができなかったのですが、そのスピーチの内容を見てみたいと思います。これまでご一緒に「平和に関する論点整理」について学んできましたが、この論点整理に取り上げられた「論点」について大統領がどのように考えているのかというようなことについても考えてみたいと思います。
 
 今回は、スピーチの前半の部分を見ていきます。なお、日本語訳は毎日新聞社のものを使っています。

 最初に、オバマ氏は「私たちはなぜここ広島に来るのでしょうか。」と問いかけます。広島が私たちに問いかけているものは何なのかという問いです。
 それは「それほど遠くない過去に恐ろしい力が解き放たれたことを考えるために」また、あの原爆によって命を奪われた多くの「死者を悼むため」だとし、犠牲者の魂が「心の内を見て私たちは何者なのか、私たちはどのようになれるのか、振り返るように語りかけてきます」という言葉が続きます。
 ここで氏は、広島の地に立って、このような多くの犠牲を出した原因について、私たち自身の「内」に眼を向けることが必要だと言っています。

 続いて「広島を際立たせているのは戦争という事実ではありません。」という言葉があって、次のように語りかけます。
 ・太古の昔から人類は戦いを行ってきた。「どの大陸においても文明の歴史は戦争に満ちています。」
 ・その一方で、人類は科学技術を発展させてきたが、それは同時に比類のない破壊力を生み出した。「そうした発見が、効率的に人を殺す機械になり得るのです」
 ・先の世界大戦は、「最も豊かで強い国々の間で戦われました。その文明は素晴らしい都市や美術を生み」「思想家は正義や調和、真実という進んだ考えを見いだしてきました」しかし、「支配、征服を欲する本能という(古くからの)同じ根本から戦争は起きてきました。」
 ・私たちの支配、征服を欲する本能はそのままで、「古いパターンが制約が働くことなく、(近代技術の)新しい能力により増幅されてきました」

 そして、次のように述べます。
 「技術のみの発展ではなく、同様に人間社会が進歩しなければ、我々を破滅させる可能性があります。原子を分裂させた科学の革命は私たちに道徳的な進歩も要求しています。」
 「これが私たちが広島を訪れる理由です」

 このように、私たちは原子を取り扱う技術に象徴されるように、科学技術の発展によりかつてない豊かさを手にしましたが、それと同時に、私たち自身を破滅させるほどの破壊的な力も手に入れました。
 オバマ氏は、その一方で支配、征服を欲するという根本の部分では私たちは太古のままであると言っています。氏は、このような破壊的な力を手に入れた私たちは、それにふさわしい私たち自身の進化をなさなければ、破滅的な結果に至るのだと警告をしています。 

 ここまでの部分を読んできて、3つの煩悩のことを思い浮かべていました。
 「支配、征服を欲する本能」とはまさしく、貪欲(むさぼり、我欲)であり瞋恚(怒り、腹立ち)です。この煩悩をそのままにして、私たちはかつてない強力な破壊的な力を手中にしたということになります。

 こうした現状では、「煩悩」に突き動かされてこの破壊的な力を行使することをどのようにして抑止するのか、対立する当事者がそれぞれこの力を持って対峙している現状で、破滅的な事態を生じないようにするにはどうしたらよいのか、そのような力を持っていない者(我が国がそうなのですが)はどのような行動をとることができるのか、といったことが重要な課題となります。

 それはまさに、「平和に関する論点整理」が取り上げていた「論点」と重なるところでもあります。

(写真は、セッコクです。)

 玄関横のカイヅカイブキに着生していて、ちょうど今頃が見頃です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR