FC2ブログ

226.教区総代会全体会に出席しました


20160527総代会全体会s
 

 5月24日、山口別院で山口教区門徒総代会全体会が開催され、壽福寺からは代表総代の井上啓志さんと住職が出席しました。

 この門徒総代会というのは、山口教区内の631か寺の門徒総代さんで組織されるもので、会則によりますとその目的は「門徒総代が自ら聞法にはげみ、相互の親睦提携を密にし、伝道に協力する体制を整えるとともに、寺門の護持発展に寄与すること」とされています。
 毎年この時期に全体会を開催し、理事会で決議した事項について報告を受け、情報交換、研修を行っています。

 報告事項では、今後2年間の役員の選任報告もありました。壽福寺の属している宇部北組の総代会会長である藤本一規氏は、教区の門徒総代会の常任理事の担当をされることになりました。

 全体会の後に志賀教区の藤實無極氏より法話をいただきました。
 ご講師からは、法然聖人と親鸞聖人の受け止め方の違い、法然聖人の「念仏為本(念仏をもって本となす)」と親鸞聖人の「信心為本(信心をもって本となす)」の違いや大無量寿経についてお話をいただきました。

 また、ご講師からご自坊で行っておられる活動についてもお話をいただきましたが、次のようなことが印象に残りました。
 ・毎日6時半(冬季は7時)からのお朝事(おあさじ:朝のお勤め)にご門徒さんが7,8人参っておられる
 ・毎月10日の夜に1時間、「十念講座」という勉強会を開催されていて、これにも15人程度の方が参加されている
 ・はがき法要として、はがき大の用紙に法話を記してご門徒さんのお宅に行かれるときに持参されている
 ・寺報を毎月発行、現在261号になっている
 ・門徒定期総会を開き、4期12年の長期計画を検討し進めている
 平素からご門徒さんとの接触を大切にされていることがうかがえて、参考にしたいと思いました。
 
(写真は、ご講師の藤實無極氏です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR