FC2ブログ

209.ご門徒さん紹介(3):山本千代子さん


20160328.jpg
   20160328竿饅頭   20160328吉部まんじゅう

 シリーズ「ご門徒さん紹介」は第3回、長谷の山本千代子さんをご紹介します。
 山本さんは寺の長谷・黒川地区の総代を担当していただいていますが、地元の交流拠点「おいでませ吉部」でも活躍されている方です。

 この「おいでませ吉部」は、平成20年8月に地域の交流拠点として吉部の農協の敷地内でスタートしたもので、毎週水曜日と日曜日の7時から14時まで営業しています。 
 食堂と直販部門がありますが、山本さんはその食堂部門の責任者として活躍されています。

 食堂部門では、地元伝来の餅菓子「竿饅頭」や「うべ元気ブランド」に認定された「米まんじゅう吉部の里」を製造販売しているほか、惣菜も調理販売し、食堂ではうどんやおにぎりを食べることもできます。

 「竿饅頭」は、戦国時代に起源をもつといわれる地元の餅菓子で、かつては薙刀状の長さ30センチもある餅菓子だったそうですが、現在では食べやすい長さに切って販売されています。
 もう一つの「米まんじゅう吉部の里」は味の良いことで知られている吉部米の米粉を使ったまんじゅうで、「ふんわりふわふわ+もちもちしっとり」(HPページより)とした食感の素朴な味のまんじゅうです。
 また食堂の人気商品はうどん定食、吉部米のおにぎりと惣菜、漬物がついて550円。またおにぎり2つ100円、も美味しいと評判の商品です。
 これらの人気商品に加えて、新鮮な地元の野菜を中心とした直販部門も人気で、早朝から小野田や旧宇部市地区などからお客さんが来られて、早々に売り切れということも多いようです。

 また、寺の行事には鏡餅や小餅などを注文して搗いていただいています。

 山本さんはこの食堂部門の女性7名のグループの責任者として、店を開ける日には午前5時には出勤されるなど頑張っておられます。これからも明るく元気で頑張っていただきたと思います。

 (写真は、食堂での山本さんと人気の商品(左:竿饅頭、右:米まんじゅう)です。)

 お菓子の写真は、宇部市のHPの写真をお借りしています。自分で撮った写真があったのですが、行方不明・・・。

 (このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)  
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR