FC2ブログ

201.お正信偈を読む(40):依釈段(17)/曇鸞讃(4)

20160229ツバキ1   20160229ツバキ2

 引き続き曇鸞大師のご功績を讃えられた「曇鸞讃」です。

「御文」 往還回向由他力 正定之因唯信心(おうげんねこうゆたりき しょうじょうしいんゆいしんじん)

「訓読」 往還の回向は他力による。正定(しょうじょう)の因ただ信心なり。

「訳文」 往相も還相も他力の回向であると示された。「浄土へ往生するための因は、ただ信心一つである。・・」

 大師は、『浄土論註』の中で、回向には往相回向と還相回向の二種の回向があると示されました。「往相」は浄土に往生するすがた、「還相」は浄土よりこの世に還ってきて人々を救う活動をすることです。
 大乗仏教は自己が救われることのみで満足するのではなく、他の衆生とともに救われることを目指す教えだと学びました。ということは、往相回向も還相回向もともに往生を願う人がそのために功徳を回向する(差し向ける)ことだということになります。
 しかし、親鸞聖人は、曇鸞大師はこの二種の回向は、阿弥陀如来の本願力によると示されたと讃嘆されています。それが大師の『浄土論註』の底辺に流れている真意なのだとお示しいただきました。
 そしてその本願力は、私がわが力をはげみ、わがさまざまの善根をたのむという自力の力ではなく、阿弥陀如来の願による他力の力でした。
 「他力」という言葉は様々な経論に使われているということなのですが、浄土教で阿弥陀如来の本願のはたらきを表すものとして用いられたのは曇鸞大師が初めてであったとお聞きしています。

 また、大師は『浄土論註』の中で、ただ仏を信じることによって浄土の往生を願えば、如来の願力によってかの浄らかな国土に生まれることができると示され、往生成仏が定まる因はただ信心一つとされました。
 親鸞聖人はこれを今日の第二句の「正定之因唯信心」として記され、讃嘆されました。

(写真は、今回もツバキです。)

 ツバキは花を観賞するもの以外に「葉」を鑑賞(?)するものもあるようです。左は、キンギョバ(金魚葉)、右はボンテンバ(梵天葉)と呼ばれるものです。
 左は京都伏見の「寺田屋」(坂本龍馬ゆかりの地です)で、右は「椿寿庵」で。
 この梵天の言葉は気になりますが、なぜこの名前になったのかよく分かりません。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR