FC2ブログ

183.「平和に関する論点整理」(2)


P1160143.jpg

 前々回の記事に記しましたように、浄土真宗本願寺派総合研究所から発表された「平和に関する論点整理」は「まえがき」及び、「素朴な問い」という短い文章の後に続く10章で構成されています。

 今回はこの最初の章の「Ⅰ.仏教の考え方」について考えてみたいと思います。Ⅱ章以降の章では、たとえば第Ⅱ章が「仏教の説く平和」となっているようにその見出しに「平和」という言葉が入っているものが多いのですが、第Ⅰ章は「仏教の考え方」という見出しと次の文章で始まっています。

Ⅰ.仏教の考え方
 「仏教では、どのようにものを見て、どのように考えて、どのように行動するのでしょうか?」
 ・人間には限りない欲望、根本的な愚かさがあり、それが自他の対立を生む
 ・煩悩は簡単に克服できないため、愚かさへの気づきが念仏者の行動の原点となる


 Ⅱ章以下で「平和」というものを考える場合の出発点として、私たちがどのような存在であり、なぜ平和の実現が難しいのかということをこの第1章で確認しておこうとされているように思います。

 「論点整理」にも述べられていますが、「浄土真宗本願寺派宗制」の前文に「(本宗門は、)あらゆる人々に阿弥陀如来の智慧と慈悲を伝え、もって自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献するものである。」と宣言されています。
 裏返してみれば、現在の社会はこの「自」と「他」とがともに心豊かに生きることができる社会にはなっていないということを示しています。「自」と「他」が互いに対立しあい、非難しあい、そして傷つけあうというのが現実の社会であり、しかもその状況が改善に向かっているとはとても言い難いということを認めざるを得ない状況にあります。

 このような中で、平和というものを考えるということになるのですが、平和の実現が難しいのは、私たちには「限りない欲望、根本的な愚かさがあり、それが自他の対立を生む」のだとこの「論点整理」で述べられている通りです。
 そして一番に難しいことは、私たちが私たち自身が抱えているこの欲望、愚かさ、煩悩に気づいていないということだと思います。

 先にご報告しました公開講座「寺院と公共性」の中でご講師の藤丸智雄氏が言われていた、「戦争は善人がするもの」という言葉が改めて強く思い起されます。戦争は当事者が、自分は善人だ、正義のために戦っているのだと思っていないとできないということです。
 極端な言い方をすれば、お互いが「悪」を抱えているということについて認めあうことができれば、戦争は起きないのだともいえるのかもしれません。

 このことをⅠ章では「煩悩は簡単に克服できないため、愚かさへの気づきが念仏者の行動の原点となる」とされています。
 この愚かさへの気づきは、「阿弥陀如来の智慧と慈悲」の光の中で自身の欲望や愚かさの姿を見つめなおすことによって可能になるのだと思います。

(写真は、光市室積海岸の夕日です)
 室積海岸は、夏場は海水浴場として大変な賑わいを見せるところですが、この時期、静かな夕暮れ時を迎えていました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR