FC2ブログ

175.最近の話題(11):初雪が降りました


20151130初雪

 11月27日、当地に初雪が降りました。こちらに帰って来てから、11月に初雪が降ったというのは初めてのように思います。それまでは、最高気温が20℃前後になる日もありましたので、その冷え込みも突然でびっくりさせられました。

 11月の初めから「お取越し」のお勤めにご門徒さんのお宅に伺っています。

 今年のお取越しの中で突然のお別れがありました。
 11月6日にお勤めに伺ったお宅がありました。その時一緒にお勤めをしていただいたご夫妻のご主人が、11月16日に急逝されたのです。80歳でした。
 ご主人は体調を壊され2年近く入院されていて、奥さんはご主人が入院される前から看病に尽くされ、入院されてからもお見舞いに通われ、ご自身も体調不良で入院されるというようなこともありました。
 そのご主人は昨年の9月に退院することができました。それからの1年余り、旅行好きだったご主人と奥さんは、クルーズに出かけたり、新幹線の9線全線踏破というツアーに参加したりと楽しく一緒に過ごしておられたそうです。
 16日の当日も、演歌の公演を一緒に聴きに行ってご機嫌で帰宅されたところだったそうです。

 奥さんからご主人がなくなられたという電話を受けたときは本当に驚きました。
 お取越しで伺ったときも、奥さんがご主人と一緒に行った旅行についてお話をされ、ご主人もその横で微笑みながらうなずいでおられたのですから・・・・

 生と死とは別のものではない、「紙の裏表」ということを改めて実感しました。
 「亡くなられたご主人は、今はお浄土で阿弥陀様と一緒に皆さんのことを見守っておられます」と、還骨のお勤めの後でお取次させていただいたのですが、やはり奥さんは、もう少し一緒に過ごしたかった、と思われたことと思います。長いご苦労の後にようやく手にされた穏やかなひと時だったのですから、どんなにか、この時がもう少し長く続いて欲しいと思われたことでしょう。
 私も、お勤めをしながら、このお二人にもう少し時間を残してあげることができたらよかったのに、と思っておりました。

 私たちは「生老病死」と簡単に口にしますが、それが私という存在そのものだという厳しい現実について、時として忘れてしまっているのかもしれません。いや、忘れようとしているといったほうが正しいのかもしれません。
 生の「表」の部分だけを見ていたい、「裏」の部分は見たくない、と思いながら毎日を過ごしているのだということに改めて思い至りました。
 そのように思い至った私なのですが、明日になるとまた、あたかも私の生は不変であり、老や病や死はなにか別のものだという思いに戻ってしまっているのかもしれません。

(写真は、27日の初雪です。)
 色を変えたイチョウやカエデがまだ残っているところに降った雪でした。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR