FC2ブログ

166.お正信偈を読む(28):依釈段(5)/龍樹讃(4)

20151030境内2 (2)  20151030境内 (2)

「御文」 憶念弥陀仏本願 自然即時入必定 (おくねんみだぶつほんがん じねんそくじにゅうひつじょう)

「訓読」 弥陀仏の本願を憶念(おくねん)すれば、自然(じねん)に即(そく)の時、必定(ひつじょう)に入(い)る。
                                     
「訳文」「阿弥陀仏の本願を信じれば、おのずからただちに正定聚に入る。

 前回、龍樹菩薩は、難行と易行の二つの道があって、その易行の道を進むようにお勧めになられたことを学びました。今回の2句はこの易行がどのようなものであるのかをお示しいただいた部分になります。

 龍樹菩薩は、前回ご紹介した『十住毘婆沙論』の中の「易行品」において「阿弥陀如来のご本願を信じる一念の時、直ちに必ず仏になるという身になることができる」と説かれています。

 御文で使われている「自然(じねん)」という言葉は私たちが日常的に使っている自然(しぜん)とは少し違った意味を持っています。親鸞聖人は「自」は「おのずからと」いうことをあらわしていて行者の計らいではなく、「然」は「しからしむる」という意味でこれも行者の計らいではない、と示されています。
 このように、親鸞聖人は「自然」という言葉で、私たちが仏になるという身にさせていただくのは私たちの計らいによるのではなく、阿弥陀如来のご本願、他力によるものであるということを示されました。

 また、「憶念」とは「心に保って常に思い出すこと」、「必定」とは、「必ず仏となるに定まること」を表しています。

 ここで親鸞聖人は龍樹菩薩の説かれたことばを引かれて、私たちが仏にならせていただく道は、自力に頼って苦しい難行の道を行くのではなく、信心をいただいて阿弥陀如来のお力におすがりするという易行の道を行くほかにはないのだとお示しいただいています。
 このことから、この2句を「信心正因」を謳われた偈文とお呼びしています。

(写真は、剪定を終えた境内です)
 藤棚のフジも刈り込みしていただきました。来年も多くの花を期待しています。
 
(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR