FC2ブログ

159.ご存知ですか(11):仏前結婚式

20151005仏前結婚 (2)


 先日ご縁をいただいて、仏前結婚式の司婚者を勤めさせていただきました。
 仏前結婚式は、阿弥陀如来の御前でともに敬愛和合の日を持つことを誓う人生の大切な節目の「仏事」です。

 当日は次のような次第で結婚式を執り行いました。

  ○勤行(合掌礼拝、「三奉請」、「表白」、「讃仏偈」)
  ○「司婚・誓いの言葉」
  ○指輪交換、念珠授与
  ○新郎新婦焼香
  ○法話
  ○式杯
  ○合掌礼拝

 この「司婚・誓いの言葉」では次のことばが述べられました。

(司婚者)
 み仏のおん前において      
  新郎 ○○さん
  新婦 ○○さん
 の結婚式を挙行するにあたり 新しい人生の門出に際して
 お二人の誓いを求めます

(新郎新婦)
 本日 阿弥陀如来の尊前におきまして
 わたくしたちの結婚式を挙げますことは
 まことの有難いことであります
 これひとえに両親をはじめ 皆様方のお陰であると
 心から感謝いたします
 この上は み教えにしたがい 夫婦仲むつまじく
 互いに いたわり助けあって
 内にあってはうるわしい家庭をつくり
 外にあっては世のため人のために尽くす
 よき社会人となるよう努力することを 誓います
  (新郎) ○○
  (新婦) ○○

(司婚者)
 ただいまの言葉をもって
 ご両人の結婚がめでたく成立いたしました
 今より後は いよいよみ仏の教えを仰ぎ
 夫婦が力をあわせて 幸せな人生を築き
 明るい報謝の生活を営まれますよう 切に望みます

  平成○○年○月○○日
  司婚者 ○○寺住職 釋○○

 先ほど結婚式を「仏事」といいましたが、仏事という言葉でお葬式や法事のことを想い浮かべられる方が多いのではないかと思います。しかし人生の節目に当たって阿弥陀如来の御前でお礼申し上げ、心を新たにすることは大切な仏事ということになります。
 私たちの周りでは、赤ちゃんが生まれるとお宮参り、結婚式は教会(またはお宮)でお葬式は仏式、と使い分け(?)されることが普通になっているように思われますが、赤ちゃんの初参式にお参りいただいたご門徒さん、息子さんが帰省されたからとご一緒にお参りいただくご門徒さんがおられます。また子供さんが成人したのでお寺にお礼に参ってきましたと仰った方もありました。

 節目ごとに阿弥陀如来の御前でお礼申し上げることは、仏教徒として大切なことだと改めて思ったところです。

(写真は、「司婚・誓いの言葉」の様子です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR