FC2ブログ

157.ご紹介します(8):「連研ノートE」

20150928ノート1   20150928ノート2

 今日は「連研ノートE」という資料をご紹介します。

 この「連研ノートE」は前々回の記事でご紹介しましたように、今回の宇部北組連続研修会を受講される方にお配りした資料の一つです。
 「目次」を見てみますと、次のようになっています。

 浄土真宗の教章(私の歩む道)
 連研のねらい(受講者のみなさんへ)
 話し合い法座について
 12の問いーサブテーマ(私の問い)-
 各問い

 [資料]
  浄土真宗本願寺派宗制
  「御同朋の社会をめざす運動」(実践運動)総合基本計画
  門徒推進員養成連続研修会(連研)開催要領
  門徒推進員中央研修について
  門徒推進員規程

 この内容を見てみますと、この連続研修会のねらいが単に「浄土真宗のみ教えを教わること」ではなく「浄土真宗のみ教えが、あなた自身の今の生活にいきている、必要不可欠なものであることを実感し、生きる意欲を引き出す研修となること」であるとされています。
 もちろん浄土真宗のおつとめや作法、基礎知識についてもご一緒に学ぶことも大切な内容なのですが、通常の法座のようなご講師からの一方通行の法話ではなく、受講者どうしが話し合い、そのことによってご自身の考えを掘りさげ、視野をひろげていただくということを目指すもの(「話し合い法座」)になっています。

 上記の12の問いを見てみますと、「私にとって幸せとは何でしょうか」、「お浄土とは何ですか」といった問いが設定されています。
 これらについて、最初に研修のスタッフから話し合いの糸口となる問題提起が行われ、これを受けてグループで話し合いを行い、その内容を全体会の中で報告いただき、スタッフからまとめの法話をいただく、という流れになります。

 問いの中には、環境問題や戦争と平和、差別の問題など現在の私たちの社会生活と密接なつながりのある問いも設定されています。受講者の皆さんとさまざまなテーマについて話し合いができることを楽しみにしています。

(写真は「連研ノートE」の表紙と目次のページです)

 ノートはA4サイズ68ページの資料をフォルダーに綴じた形になっていて、追加の資料を綴じこむこともできるようになっています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR