FC2ブログ

149.仏教の歴史(3):東アジア

20150831地図

 「仏教の歴史」としてこれまで、インドと東南アジアでの歴史を学んできましたが、今回は仏教が中国に伝わり、朝鮮半島を経て日本に伝えられた歴史の概要を学びたいと思います。
 この中国を経て日本に伝えられた仏教は、前回の南方(南伝)仏教に対して北方(北伝)仏教と呼ばれます。

 仏教がいつごろ中国に伝えられたのかという点については、様々な説があって確定されていないのだそうです。
 そのもっとも早いとされているのは、前漢末期の紀元前に中国に伝えられていたとするもの、次に古いのは後漢時代(紀元65年頃)にはすでに仏教が王族の間で尊崇されていたとするもの、あと一つは同じ後漢の紀元67年に都の洛陽に着いた二人の外国僧によりもたらされたとするもの(これが「仏教の公伝」とされています)などがあります。
 いずれにしても、紀元前後には仏教は中国に伝えられていたと考えられます。

 仏教が中国に伝えられた経路は西域を経由するいわゆるシルクロードでした。シルクロードの困難な旅を経てインドや西域の僧が仏典を伴って中国に入りました。
 また、その後この道を西行して中国から西域やインドに向かう僧もありました。法顕(東晋:337~422年)や玄奘三蔵(唐:602~664年)といった方々で、現地で学びその後多くの経典を携えて中国に戻られました。
 このようにしてもたらされた経典が漢語に翻訳されるのですが、その経典はインドにおける仏教の歴史の中で時には対立しながら成立したものが混在した形でもたらされたという点に特徴があるといわれています。
 
 朝鮮半島に仏教が伝えられたのは4世紀の後半とされています。
 当時の朝鮮半島は三国時代と呼ばれる時代で、北に高句麗、南に新羅と百済の三国が覇を争っていました。仏教は最初に中国の東晋から高句麗に伝えられたといわれています。372年のことでその約10年後には百済に、新羅に少し遅れて5世紀前半にもたらされました。

 仏教は日本にはこの百済から伝えられました。
 欽明天皇の時代で、百済の聖明王が釈迦仏金銅像や経典、仏具を朝廷に奉献したことによります。これが仏教の公伝(こうでん)で538年のことです。
 ただ、仏教はこの公伝以前に中国や朝鮮半島からの渡来人によって民間で信奉されていたということですが、いずれにしても仏教は6世紀には日本にもたらされました。

 このように、インドでお釈迦さまが開かれたみ教えは、約1000年の時と西域、中国、朝鮮半島を経由する遠い道のりを経て日本に伝えられました。それからさらに約1500年、現在の私たちにまでにみ教えをお伝えいただいた方々のことを改めて思い起こしたいと思います。

 (写真は、今回の「仏教の歴史」に登場した国々の地図です。朝日新聞出版社の『日本・世界地図帳2011-2012年版』の地図を使わせていただきました。)

 インドは日本から直線距離で約6100キロメートル、飛行機でも直行便で約10時間という遠隔の地です。
 この地図をみていますと、日本は仏教圏の東の端に位置していることが分かります。
 お正信偈の中で親鸞聖人は「真宗教証興片州(真宗の教証、片州に興す)」と法然聖人を讃えられました。この「片州」とは仏教を奉じる国々の「片隅の小さな国」という意味で日本のことを指しますが、「片州」という言葉で、遠く離れた小さな日本で法然聖人によって阿弥陀如来の本願が明らかにされたのだ、とよろこんでおられるように思われます。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR