FC2ブログ

143.ご門徒さん紹介(2):魚次末子さん


20150810魚次さん2
   20150810魚次さん1

 「ご門徒さん紹介」の2回目は船木の魚次末子さんです。

 JAグループから発行されている『家の光』という雑誌の創刊90周年記念号の「わが町の名物90歳」という特集記事に登場されました。

 写真にありますように、「家計簿つけて半世紀 思い出いっぱい 楽しみいっぱい」という見出しで魚次さんのことが2ページにわたって紹介されています。

 魚次さんは子供のころから活発で、学校でも体育が得意、当時は女の子では珍しい級長もやり、山や川で遊びまわり、家の手伝いも頑張る元気いっぱいの娘さんだったそうです。
 結婚されてからはご主人と力を合わせて、農作業を始め豚の飼育、布団の打ち直しや造林と一生懸命に頑張って来られました。
 そのような仕事と同時に、趣味の方も積極的に手掛けてこられました。現在も、グランドゴルフに汗を流し、ヒョウタンを楽器にした楽団で太鼓を初めて10年、詩吟は40年などと忙しい毎日を送っておられます。

 また寺の行事にも熱心にご参加いただいていて、法座にお参りされその後の勉強会にも参加されています。仏教婦人会の活動にもご尽力いたき、お斎の準備などでも活躍していただいています。
 降誕会の後に予定していた前回の勉強会は中止になったのですが、その時の魚次さんの残念そうにされたお顔が印象にのこっています。勉強会も楽しみにしていただいているのです。

 そんな魚次さんが50年以上にわたって続けておられるのが「家計簿」なのです。魚次さんの家計簿は、お金の収支の他にその日に起こったことを記す日記帳でもあるのだそうです。小さなことでも記録に残してこられて、「家計簿」は4年前にご往生されたご主人との思い出がたくさん詰まった大切な宝物なのだそうです。

 先日、新聞版の「壽福寺だより」にも出ていただこうとお宅をお訪ねしてお話を伺ったのですが、楽しい話は尽きず写真のような明るい笑い声の絶えないインタビューになりました。

 いつまでもお元気で明るい笑い声を聞かせていただき、周りを明るくしていただきたいを思います。

(写真は、『家の光』特集号の記事です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR