FC2ブログ

140.仏教のことば(3):三法印(3)


20150731ヒオウギ1
   20150731ヒオウギ2

 今回は、三法印の最後「涅槃寂静印」です。

 『浄土真宗辞典』では、「涅槃寂静とは、煩悩の火が吹き消された状態(涅槃)は究極の安穏の世界(寂静)であるということ。」とされています。

 つまり、「煩悩を克服した涅槃の境地が私たちが求めるべき究極の寂静の世界である」とすることが仏教の3つ目の大事な旗印だということになります。
 先の「諸行無常印」、「諸法無我印」においてあらゆるものは生滅変化してとどまるところがなく、またあらゆるものには固定した永遠不滅の実体もない、ということが示されましたが、そのような中で私たちが求めていくものを示していただいたのがこの「涅槃寂静印」です。

 私たちは 貪欲、瞋恚、愚痴という3つの代表的な煩悩(三毒)に囚われ迷いから抜け出すことができずにいますが、この煩悩を対治して再びそれに煩わされないような絶対安住の境地に達すること、これが仏教が掲げる理想の旗印であり、第三の法印とされる所以でもあります。 
 先に、「四諦」の項で見ましたように、お釈迦さまは私たちの苦悩の内容(苦諦)とその原因(集諦)、目指すべき状態(滅諦)とそのための実践事項(道諦)をお示しいただきました。
 その「滅諦」はまさしく、「人生の苦を滅した境地が、涅槃であるという真理」であり、私たちが目指すべき境地であり、そのために実践すべき道として八正道を示していただいたことになります。

 このお釈迦さまが示された「涅槃」については、その後時代と地域により異なった理解が示されるようになったということですが、あらゆるものが生滅変化しとどまるところを知らない現実の中で、煩悩を克服することが苦悩を脱して涅槃に至る道だと示され、その正しい道筋を四諦と八正道の形で示されたのがお釈迦さまだったのです。

(写真は、ヒオウギです。昨日秋吉台で出会いましたが、鮮やかな橙色の花が印象的な植物です。)

 ヒオウギは漢字で書くと「檜扇」、重なった葉を扇に見立てたそうです。このヒオウギの葉は祇園祭を迎える京都の町家の玄関に飾られます。剣の形をした葉が魔よけの役割を果たすと考えられたということです。
 ヒオウギは真っ黒な実をつけるのですが、これは「ぬばたま」と呼ばれていて、「黒」や「夜」にかかる枕詞として使われる「ぬばたま」です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR