FC2ブログ

96.お釈迦さま(1)


20150227釈尊誕生像
    20150227ムユウジュ

 「お正信偈を読む」が「釈迦讃」に入りましたので、お釈迦さまのご生涯とみ教えについて学びたいと思います。
 まず、ご誕生のことについて記してみました。

 お釈迦さまは、紀元前のインドで仏教を広められた方です。

 お釈迦さまのお生まれになった年については諸説があるようで、紀元前6世紀とする説と紀元前5世紀とするものがあるのですが、在世の期間は80年という点については多くの説も一致しているようです。

 その当時のインドは十余か国の大国が互いに争っていた時代で、お釈迦さまはコーサラという国の釈迦族という小さな種族の王子としてお生まれになられました。釈迦族が住んでいた場所は、現在のインド北部かネパールだとされているようですが確定されていないということです。
 お釈迦さまは、その釈迦族の城主であったシュッドーダナを父とし、マーヤーを母としてお生まれになりました。

 お釈迦さまはマーヤー夫人がお産のために実家に里帰りする途中、現在のネパールのルンビニというところの花園で休んでおられたときに出産されたと伝えられていて、夫人がムユウジュ(無憂樹)という木の花に手を伸ばしたときに夫人の右脇からお生まれになったそうです。
 母親の脇から生まれるということは現実にはあり得ないことですが、これは当時のクシャトリアという武士階級の子弟は母親の脇から生まれると表現されたことが伝わっているのだいうことです。

 お釈迦さまは、お生まれになった時に七歩歩み右手で天を指し四方に向かって「天上天下唯我独(為)尊 三界皆苦我当安之」と宣言されたというお話が伝わっています。前回の記事の写真がそうです。これを「四方七歩の宣言」とお呼びしていますが、もちろん実際にこのようなことを言われたとは思われません。
 これは、「この世の生けとし生けるものは苦悩に沈んでいる。だから私はそれらのすべてのものをさとりの世界に導こう」というお釈迦さまの宣言と受け止めることが必要だと思います。
 この四方は余すところがないという意味で、また、七歩というのは、いわゆる六道(地獄、餓鬼、畜生、修羅、人間、天上の六界で苦悩に満ちた迷界を意味しています)を生まれながらにして超えておられることを示すものだと伺いました。
 
 

 お釈迦さまは誕生ののちわずか7日で生母のマーヤー夫人と死別され、その後は叔母にあたるマハープラジャーパティーという方によって育てられたと伝えられています。

(写真は、お釈迦さまの誕生を描いた像とムユウジュの花です)
 お釈迦さまの誕生の像をインドの美術館で見た記憶があるのですが、写真が手元にありませんでしたのでネットから借用してきました。マーヤー夫人の右脇からお釈迦さまの姿が見えます。上方には植物もみえますが、ムユウジュの木でしょうか?
 ムユウジュ(無憂樹)は英語でもsorrowless tree(憂いのない木)と呼ばれていて、ボダイジュ、サラノキとともに仏教の3つの聖なる木とされています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR