FC2ブログ

696.山口別院の報恩講にお参りしました

20201130別院報恩講s 

  11月28日、山口別院でお勤めになりました報恩講にお参りしました。
 今年の報恩講は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けて、次のように例年とは違った形となりました。
 ・例年は日中(午前)・逮夜(午後)の2座のお勤めが、今年は午後のみになり、これに伴い、お斎(昼食)接待も中止となりました。
 ・参拝者の数も、3密を避けるために170人程度(例年は約500名)に抑えることとなり、各組あたり15名の参拝数となりました。
 ・その他、勤行(お勤め)へ各組からの出勤や、受付などの担当も中止になりました。

 今回のご講師は北豊教区行橋の正山寺の生土昌行師で、親鸞聖人のご生涯についてお取次ぎをいただきました。当日は、3日にわたる報恩講の最後の日に当たりましたので、ご講師は、聖人が京都に戻られてからご往生されるまでのお姿についてお話しになりました。

 ご講師は、最初に「自然(じねん)」という言葉について、親鸞聖人が「自」は「おのづから」ということであって、私たちのはからいによるものではないこと、「然」は「しからしむ」ということで、これも私たちのはからいではなく如来のちかいによるもので、聖人が私たちの示していただいたのは、「阿弥陀さまの方から私たちを仏にさせる」ちかいだったということを示されました。

 ご講師は、「阿弥陀さまの方から」ということは、「私たちが願うから」すくわれるのではないことだとされます。赤ちゃんは願うこともお念仏することもできません、私たちは命終わる時にはお念仏をする力もなくなっているかもしれません。阿弥陀さまの方からどのような者でも救うとちかわれたのだからこそ、お念仏することができない人も、お念仏を知らない赤ちゃんも等しくすくわれるのだと、親鸞聖人は私たちに示していただきました。

 ご講師は、京都に帰られた62歳のころから後の親鸞聖人のご活動を、書物、手紙、面談という形で紹介されました。ご講師は『教行信証』が完成を見たのは聖人75歳の時だったとされ、それから後の多くの著述についてご紹介いただきました。聖人は、75歳から90歳代までの期間に多くの重要な書を著され、ご門弟に手紙を送られ、遠く「身命を賭して」来られたご門弟に親しくみ教えを伝えられました。

 親鸞聖人のみ教えを伝えたいというご活動と、その後の門信徒の方々の大変なご苦労がなければ、「阿弥陀さまの方から私たちを仏にさせる」というみ教えは800年もの後の私たちに伝えられることはなかったのです。
 本願寺第3代の覚如上人以降、連綿と勤められてきた親鸞聖人のご法事である報恩講は、このような聖人のご一生を偲び、ご苦労いただいたことに対する報恩の思いでお勤めすることを改めて思い起こすことができました。

 『御伝鈔』の親鸞聖人示寂の段です。
 「聖人弘長二歳仲冬下旬の候より、いささか不例の気まします。それよりこのかた、口に世事をまじへず、ただ仏恩のふかきことをのぶ。声に余言をあらはさず、もつぱら称名たゆることなし。しかうしておなじき第八日午時頭北面西右脇に臥したまひて、つひに念仏の息たえをはりぬ。」
 最後にご講師はこの段をお読みいただき、私たちはお念仏を申しながらお聞きすることができ、印象残るご法話でした。

(写真は、当日のお勤めの様子です)

 当日は、「大師影供作法」によりお勤めがなされました。このお勤めは、中央仏教学院の勤行習礼でお勤めして以来初めてで、懐かしくご一緒にお勤めすることができました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



695.お取越しをお勤めしています

20201127御絵伝s    20201127御絵伝 (2)

  11月に入ってからお取越しのお勤めにご家庭に伺っています。
 お取越しは、ご家庭でお勤めする親鸞聖人のご法事です。先日の報恩講でご講師からお伝えいただいたように、親鸞聖人のご遺徳をしのぶお勤めは、本山や寺院では御正忌報恩講として毎年勤められていますが、ご家庭で勤められるものはお取越しと呼ばれています。聖人のご命日の1月16日(新暦)より前に(取越して)勤められることからこの名前になったものです。

 ご門徒さんとは、法座にお参りいただくか、法事のお勤めに伺うことがないと、一年間に一度も顔を合わせないということになります。従って、このお取越しのお勤めでご家庭に伺ってお話をすることは、大変貴重な時間だということにもなります。
 お取越しの当日は、お正信偈をご一緒にお勤めし、御文章をお読みします。そのあと限られた時間ですが、ご家族のお話を伺い、寺の様子をお話しするようにしております。かつては子供さんだったお孫さんが、高校生になり、社会人になられたというお話を伺うと、ご一緒に成長をみているようでうれしくなります。またお互いに年を重ねましたねえ・・・というような話題にもなります。

 そんな中での今年の話題の中心は、やはり新型コロナウイルスです。
 ご家族や知人に感染した方がおられるという話はありませんが、仕事や学校、地域で様々な影響が出ており、日常生活が従来とは違ったものになったということをここでも実感させられています。

 それともう一つ大きな話題は、トビイロウンカによる稲作への被害です。
 ちょうど米の収穫期にトビイロウンカという害虫が大量に飛来(中国から飛来したのだそうです)し、イネに甚大な被害をもたらしました。前日には元気に稲穂を輝かせていたイネが翌日には被害にあって中心部で円形に倒れているという姿をあちらこちらで見ました。
 被害は西日本で多く、山口県でも西部に多く発生しているということです。苗を購入し、田植えをし、肥料を与え、水を管理してようやく収穫期になったその最後でこの被害に遭われたことになります。

   20201127米被害s
  9月下旬に万倉地区で撮影した田の様子です。右に円形にイネが倒れているのが見えますが、これがトビイロウンカの被害に遭った部分です。例年ですと、イネが実った田の周りを鮮やかなヒガンバナの花が縁どって、この時期を象徴するような風景になるのですが。

 ご門徒さんには稲作をしておられる方が多く、お話ししていますと、飯米(自家で使われるお米のことです)もとれなくて初めてお米を買ったよ、と言われた方もありました。この被害がなくとも、稲作をやめようか、と考えられている方が多い中、この傾向に拍車がかかるのではないかと気がかりです。
 そのような中、報恩講でお鉢米をお供えしていただき、お取越しでもお米や野菜をいただきました。ありがたく、もったいないことです。

(写真左は今回お取越しで出会った御絵伝の軸、右は以前掲載した御絵伝です。)

 今回の御絵伝は、開が迫地区の今橋政雄さんのお宅のもので、右の御絵伝(宇内地区の志賀慎次さん宅のものです)をご紹介した際、もう一つ御絵伝があります、と言っていたものです。描かれた図柄は同じもののように見えます。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

694.山口別院フォトコンテストのお知らせです

20201123チラシs  20201123第1回s 

  第3回山口別院フォトコンテストが次の要領で実施されます。奮ってご応募されますよう、ご案内いたします。

1.テーマ
 テーマは自由です。コンテストのサブタイトルは「あなたの感動の一枚でお坊さんをうならせろ!!」です。
 (これまでは、テーマについて「浄土真宗のお寺・仏事に関するもの」という設定がありましたが、今回は自由となっています)

2.応募資格
 プロ・アマ、居住地を問わずどなたでも応募できます。

3.作品規定
 単写真でカラー、モノクロいずれでも可。撮影日も問いません。

4.応募期間
 2021(令和3)年2月28日〆切

5.応募方法
 応募用紙(寺にお問い合わせください、あるいは本願寺山口別院HPからダウンロードできます)とともに別院に郵送、持参あるいはメールでの送付ができます。

6.その他留意事項
 ・作品は、応募者が一切の著作権を有するものに限ります。第三者により特定の目的で利用された作品(雑誌や写真集に掲載された作品など)は応募できないことになっています。
 ・応募作品に他の人が権利を有する著作物が写っている場合や、他の人の肖像が写っている場合は、その権利者から事前に承諾を受けてから応募することが求められています。

(写真左は今回のコンテストの募集チラシ、右は第1回コンテストの最優秀賞の作品です)

 第1回最優秀賞作品は、大角尚武さんの「2019年へバトンタッチ」です。写真は、山口別院のHPからお借りしました。
 また、募集チラシのバックの写真は、第2回コンテスト最優秀賞作品「新年初参り」(林茂樹さんの作品)です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

693.掲示を変えました

20201120掲示s   20201120境内s

  報恩講をお勤めしましたので、寺の外にある掲示板2か所と本堂の掲示を変えました。掲示の一つは、来年3月6日にお勤めする春季永代経法要のご案内と、もう一つは「ひとこと」です。

 今回の「ひとこと」は次のことばにしました。
 「遊ぶ子に 帰っておいでと 母の声」

 この言葉は、ネットで行き当たった言葉を少し変えたものです。この言葉に出あって、昨年の夏法座でご講師が話しておられたエピソードを思い出しました。(このお話しは印象に残るもので、今でも思い出すことがあります。)

 ご講師は、外で遊んでいた小さな子供さんが家に帰ってきたら、母親は家にいなくて、ふかしたお芋と書置きがあったというお話をされました。その書置きには、「おかえり、かあさんははたけにいます。イモをたべたらはたけにおいで」というものでした。
 かあさんに会えると走るようにして家に帰ってきた子供は、この書置きを読んで、かあさんは家にいなかったけれども自分のことをいつも思っていてくれている、と感じたことでしょう。いそいでイモをほおばって、畑にかけて行く様子が見えるようです。

 ご講師は、阿弥陀さまも、私のことをいつも見守っていていただいているとお伝えいただきました。見守っていただいている私の方がそのことを忘れてしまっていても、いつも変わることなく気遣っていただいていると気付かせていただきました。
 小さな子供さんが遊んでいる様子を見ていますと、保護者、多くの場合母親が、見守っていてくれるということに安心しながら遊んでいるように思えます。ふと見渡して母親の姿が見えないと、途端に不安そうになり、場合によっては泣き出したりします。

 遊んでいる子に直接母親が「帰っておいで」と声をかけていないかもしれません。それでも、子供は、母親が待っていてくれているということを感じながら遊んでいます。声をかけられたら走っていくことでしょう。

 命が終わるとき、私にも帰っていくところがあって、待っていていただいている方がある、という思いは、今生きていく私に大きな力となっていただいていると感じます。
 「待っているから、安心して限りある命を力一杯生きてくれ」という呼びかけを感じながら生きることが大切だと改めて思います。

(図は掲示の「ひとこと」と最近の境内です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

692.『唯信鈔』、『唯信鈔文意』を読む(14):名号の讃嘆(6)

20201116境内 

  親鸞聖人が『唯信鈔文意』の中で取り上げられた最初の偈頌を学んでいますが、今回からその第2句に移ります。
 全体の4句は次の通りでした。

  如来尊号甚分明 十方世界普流行
  但有称名皆得往 観音勢至自来迎

 この第2句、「十方世界普流行(じっぽうせかいふるぎょう)」について、聖人が『唯信鈔文意』の中で記された御文の前半部分とその現代語訳をご紹介します。

 「十方世界普流行」といふは、「普」はあまねく、ひろく、きはなしといふ。「流行」は十方微塵世界にあまねくひろまりて、すすめ行ぜしめたまふなり。
 (「十方世界普流行」をいうのは、「普」はあまねく、ひろく、果てしないということである。「流行」とは、数限りないすべての世界のすみずみにまで広く行きわたり、南無阿弥陀仏の名号を勧め、念仏させてくださるのである。)

 この部分で、聖人は「普」の字の釈を三つ示され、阿弥陀さまの名号があまねく、ひろく、際もなく、流れ伝わり行ぜられ、一切の衆生が救われる姿を示しておられます。
 法蔵菩薩が、この名号の流行(るぎょう)により衆生を救いたいと誓われたのが第十七願(諸仏称名の願)で、普賢晃壽師は「衆生済度の法である名号を十方世界の無量の諸仏方が、ほめたたえ、衆生に聞かしむることがなかったならば正覚を取らぬ」と誓われたと、示していただいています。
 この願が成就されたことにより、如来の名号は諸仏から讃嘆され、十方微塵世界に広まり、すべての衆生が信じ行ぜしめられるという働きをいただくことになりました。

(写真は、昨日朝の境内です。)

 7日の報恩講の当日は暖かい陽気に恵まれましたが、それ以降特に朝晩に冷え込むようになっています。
 境内のモミジも急速に紅葉が進み、イチョウも葉を落とし始め、秋の深まり、というよりも冬の訪れを感じるようになっています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

691.親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要

20201113慶讃法要ロゴ 

  2023年に厳修されます親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要に関する要綱が策定されましたので、その概要をお知らせします。

 この慶讃法要は、2023年に親鸞聖人がご誕生になられて850年、また2024年には聖人が浄土真宗の基本聖典(本典とお呼びしています)である『教行信証』を著されてから800年となる節目の年を迎えることを期して、営まれるものです。

 この慶讃法要については、2015(平成27)年に策定された「宗門総合振興計画」の中で定められ、ご門主のご消息(2019年1月)および趣意書(2019年8月)でその趣旨が述べられており、今回その詳細が定められたものです。
 慶讃法要は、本山、別院、組(複数の組合同のものも含まれます)および各寺院で営まれるもので、それぞれがが私たちに関わりのあるものです。

1.本山の法要
 本山の法要は、概要次の通の5期通算30日間にわたって勤められます。
 修行期日:2023(令和5)年
  第1期 3月29日~4月 3日
  第2期 4月10日~4月15日
  第3期 4月24日~4月29日
  第4期 5月 6日~5月11日
  第5期 5月16日~5月21日
 特定の日を除いて、修行日には1日2座(午前、午後)とされ、宗門内外を問わず広く参拝いただける法要行事が実施される日も設定されます。

2.教区・別院での法要行事
 2024(令和6)年12月までに修行実施されます。

3.組(複数組の共同も含めて)での法要行事
 同じく2024年12月までに、慶讃法要と協賛行事を修行実施することになります。

4.寺院での慶讃法要
 これも、2024年12月までに修行することになります。寺院の他の法要と併修することや組内や近隣の寺院と合同での実施も含められます。

5.今後の検討事項
 寺でお勤めする法要に加えて、今後次のような事項について検討することになります。
 ・本山の法要への団体参拝
  今年12月には組への参拝要請の内容が分かると思われますので、対応の検討を行います
 ・組(複数組共同も)としての法要行事
  今後組として検討を行います

(図は、この度制定された「親鸞聖人御誕生850年・立教開宗800年慶讃法要」のスローガンとロゴマークです。)

 このロゴマークは、親鸞聖人を中心に手を合わせる人々が一つに集い、共に生きていく姿を、蓮の形で表現したものです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

690.報恩講をお勤めしました

DSC_1281.jpg     DSC_1280.jpg 

  11月7日、報恩講をお勤めしました。
 新型コロナウイルス感染が再び広がっていましたが、対策を行いながらお勤めすることができました。

 ご講師には、9年ぶりに香川孝志師をお迎えしました。香川師は宗門校の鎮西敬愛学園の校長をされた方で、長く教育の場でご指導をしておられた方です。また、2010年の春の法座で季節外れの降雪により休座となったことがありましたが、その時にご講師をお願いしていた方でもあります。

 ご講師は、蓮如上人が各地のご門徒さんに書き送られた『御文章』の「御正忌章」を取り上げて、報恩講についてお取次ぎをいただきました。

 ご講師は、最初に「寺院の本質は、『建物』ではなくて、法式(法要、式典)の場、聞法の場であるること、その法式、聞法の最も重要なものが御正忌報恩講だ」とお話しされました。そして、この報恩講にも様々な形でお参りされる方があると、御文章の御正忌章を紹介いただきました。その最初の部分です。

 「そもそも、この御正忌のうちに参詣をいたし、こころざしをはこび、報恩謝徳をなさんとおもひて、聖人の御まへにまゐらんひとのなかにおいて、信心を獲得せしめたるひともあるべし、また不信心のともがらもあるべし。もつてのほかの大事なり。」
 (報恩講にお参りする人の中には、信心をいただいた人もあれば、そうでもない人もあるでしょう。これは何よりも大事なことです。)

 私たちは、信心をいただいて、誰でも、この世の限りある命、苦しみの生から救われて限りのない命をいただくことができると、示していただいたのが親鸞聖人でした。ただし、
 「なにの分別もなく口にただ称名ばかりをとなへたらば、極楽に往生すべきやうにおもへり。それはおほきにおぼつかなき次第なり。」
 (本願名号のいわれを聞きひらくこともなく、口でただ称名さえとなえていれば極楽に往生できる思っている人があるが、それはまったく当てにならないことです。)

 そうではなくて、
 「他力の信心をとるといふも、別のことにはあらず。南無阿弥陀仏の六つの字のこころをよくしりたるをもつて、信心決定すとはいふなり。」 
 (阿弥陀さまが私たちを救わずにはおれないと願われ、呼びかけられた「南無阿弥陀仏」の名号の心をしることができれば、信心が定まり限りない命をいただくことができるのです。)

 ご講師が仰っておられましたが、親鸞聖人をしのぶご法事である御正忌報恩講は、本願寺第3世の覚如上人の時代から毎年勤められているものです。「親鸞聖人の親戚でもない」私たちが、このように聖人のご法事を毎年お勤めするのは、聖人がこの阿弥陀さまのお救いを私たちにお伝えいただいたことに対する報恩、謝徳の思いを表すものなのです。
 改めて、報恩講の意味を確認させていただきました。

(写真左は当日のご講師とお参りいただいた方々、右は昼食の弁当を準備していただいている仏教婦人会の皆さんです。)

 今回も多くの方にお世話なりました。すでにご報告しましたように、総代の皆さんには境内周辺の草刈りをお願いしました。
 報恩講の前日には、仏教婦人会の井上愛子会長、志賀信子監査のお二人に本堂の掃除から椅子の配置をお願いし、当日には、婦人会の役員の皆さんにおとき(昼食)の仕出し弁当の準備をお願いしました。当日は、新型コロナウイルス感染対策として、おときはお持ち帰りいただくことにしましたので、その準備をお願いしたものです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

688.報恩講の準備を行いました

 DSC_1270.jpg 

  報恩講の準備を進めました。

 10月15~17日、境内及び庭の樹木の剪定をお願いしました。

 10月31日、総代さんに境内周辺の草刈りをお願いしました。
 9時から約1時間、駐車場、石段周辺と石段から車道までの間の草刈りを行いました。当日は快晴で、作業をしていますと汗ばむほどの陽気でしたが、きれいに整備していただきました。改めてお礼申し上げます。

 このように多くの方にご協力いただき、準備を進めることができました。厚くお礼申し上げます。
 報恩講は次の要領でお勤めいたします。新型コロナウイルス感染への対応として、従来とは違った運用となります。

 1.日時
  11月7日(土) 10:00から(今年は午前座のみとしました)

 2.ご講師
  香川孝志氏

 3.その他
  ・今年は新型コロナウイルス感染対応として、おとき(昼食)はお持ち帰りいただくこととします。(例年、報恩講で準備していただいておりました、伝統の(?)お料理「けんちょう」も今年は残念ながら中止とします。)
  ・お参りにはマスクの着用をお願いし、本堂にお入りいただく前に手指の消毒をお願いします。
  ・また本堂では、椅子席の間隔を広げ、休憩時間には換気を行う予定です。

 多くの方のお参りをお待ちしております。

(写真は、草刈りにご協力いただいた皆さんです。)
 
 今年は、年間で4回草刈りをお願いしました。お忙しい中ご協力いただきありがとうございました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

690.『唯信鈔』、『唯信鈔文意』を読む(13):名号の讃嘆(5)

唯信鈔文意講義s 

 引き続き、親鸞聖人が『唯信鈔文意』で取り上げられた最初の偈頌の第1句(如来尊号甚分明)を学びます。

 「甚分明」といふは、「甚」ははなはだといふ、すぐれたりといふこころなり、「分」はわかつといふ、よろづの衆生ごとにとわかつこころなり、「明」はあきらかなりといふ、十方一切衆生をことごとくたすけみちびきたまふこと、あきらかにわかちすぐれたまへりとなり。

 (「甚分明」というのは、「甚」は「はなはだ」ということであり、すぐれているという意味である。「分」は「わける」ということであり、あらゆる凡夫を一人一人見分けて救うという意味である。「明」は「あきらかである」ということである。すべてのものをことごとく助けてお導きになることが、明らかであり、一人一人を見分けて救うのであり、それがすぐれているということである。)

 聖人は、ここでは「甚分明」という言葉について、最初に3つの文字一つ一つの意味を説かれ、次いでその言葉を合わせた解釈を伝えていただいています。この合わせた解釈がこの部分の心を総合したものになっています。

 この部分で興味を持ちましたのは、「「分」はわかつといふ、よろづの衆生ごとにとわかつこころなり、」という言葉の解釈です。
 加藤辨三郎氏の著『親鸞に学ぶ仏教の極意 唯信鈔文意』に取り上げられている二橋進氏の訳では「分はわかつ、すなわちおおくの人びととわかつ意です。」とされていました。阿弥陀さまのおはたらきが、ひろくあらゆる人々に届けられる、という意味になります。
 一方、今回記しました訳では、「一々の衆生の機品のまま、善人は善人のまま、悪人は悪人のまま、平等に残らずたすけたもう」(普賢晃壽師)というお心だと示されています。阿弥陀さまのおはたらきの広さと同時に、衆生一人一人に向けられるという深さも感じられる解釈だと思いました。

(図は、いつも参考にさせていただいている梅原眞隆師の『唯信鈔文意講義』をプリントアウトしたものです)

 以前お話ししておりましたが、この本は美祢市立図書館の蔵書にあります。今回ブログで、『唯信鈔』と『唯信鈔文意』について学ぶにあたって、この本を参考にさせていただいていました。そのため、一度借り出して、(借り出し期間を延長したうえで)返却し、また借り出し手続きをして借りる、ということをやっておりました。
 面倒だなと感じていましたが、古書で買うと1万円を超える本なのです。そんな中、この本が「国立国会図書館」のデジタルコレクションにあることを知りました。しかも、スキャンされた全ページをダウンロードすることができ、プリントアウトすることも可能だということが分かりました。

 図書館の本は著作権との関係でコピーについては制約があるのですが、この本は著作者の梅原眞隆師が亡くなられ(1966年のご往生です)てからの経過年数によってコピーすることが可能になっていたのです。
 そのようなことで、高価な古書でもなく、図書館に何度も借りに行かなくても、ちょっと見にくいのを我慢すれば手元でプリントアウトしたものを使うことができるようになりました。
 デジタル時代の恩恵を実感することができます。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR