FC2ブログ

410.『阿弥陀経』を読む(59)

20180226秋吉台   20180226秋吉台2

[御文] 舍利弗・下方世界・有師子仏・名聞仏・名光仏・達摩仏・法幢仏・持法仏・如是等・恒河沙数諸仏
     (しゃりほツ・げほうせかい・うししぶツ・みょうもんぶツ・みょうこうぶツ・だつまぶツ・ほうどうぶツ・じほうぶツ・にょぜとう・ごうがしゃしゅしょぶツ)

     各於其国・出広長舌相・徧覆三千・大千世界・説誠実言・汝等衆生・当信是称讃・不可思議功德・一切諸仏・所護念経

[訓読] 舎利弗、下方の世界に、師子仏・名聞仏・名光仏・達摩仏・法幢仏・持法仏、かくのごときらの恒河沙数の諸仏ましまして、・・・

[訳文] 舎利弗よ、また下方の世界にも、師子仏・名聞仏・名光仏・達摩仏・法幢仏・持法仏など、ガンジス河の砂の数ほどのさまざまな仏がたがおられ、・・・

 これまで、東西南北の仏方がお釈迦さまの説かれることは間違いのないことだと証明されてきましたが、今回は下方におられる仏方です。
 今回も、瓜生津師による仏方のご紹介を引用させていただきます。( )内はサンスクリット本の『阿弥陀経』にでている対応するお名前の意味です。

  師子仏 (獅子)
  名聞仏 (名声のあるもの)
  名光仏 (名声ある光を持もの)
  達摩仏 (法)
  法幢仏 (法の幢をもつもの)
  持法仏 (法を持てるもの)

 『本願寺新報』に「いのちの栞」という欄がありますが、今日はその2月20日号の内容をご紹介します。
 淺田恵真師が「お釈迦さまが私に向けて」という題で、ちょうどいま学んでいます『阿弥陀経』の最初の部分「如是我聞」についてお話しいただいています。

 この「我」は、お釈迦さまのお話しを直接聞き後の世に伝えられた阿難尊者がご自分のことを言っておられるのですが、淺田師は、「この「我」は阿難尊者ではなく、正(まさ)しくこの自分の「私」なのです。お釈迦さまがこの「私」に向かって直接に説法してくださっていると解釈した時、阿弥陀経の内容が現実のものとして理解できるのです」と記されています。

 私たちはご一緒に『阿弥陀経』を学んでいますが、そこにはどうしても「学んで頭で内容を理解する」という姿勢が入ってくるように思います。お釈迦さまが「お弟子さんに」説かれたみ教えを理解したい、という姿勢になってしまいます。それは、このブログの記事を書いているときにも時々感じることがあります。直接私に語りかけられているお釈迦さまのみ教えを聞く、という姿とは違ったものになっています。
 お釈迦さまが「舎利弗よ」「舎利弗よ」と何度も何度も呼びかけられるお言葉は、この私に、時として他人事のように聞いている私に「自分のこととして聞いてくれよ」と何度も呼びかけられていお言葉なのだと改めて受け止めたいと思います。

 また淺田師は、「如是(このように)」について、「仏法の大海は、信をもって能入(のうにゅう)と為(な)す」という言葉を引かれて、「仏法の奥深さを大きな海にたとえ、そこに入るには「信」が無ければならないことを明かします。これが「如是」の意味だというのです。」と記されています。師は、信とは単に「疑わない」ということと言われるのですが、私たちは小賢しく考えてお釈迦さまのお説きになる言葉に疑いの目を向けてしまいがちです。そこには「学んで頭で理解する」という私の姿勢も影響を及ぼしているのかもしれません。

 淺田師が言われる、「『お釈迦さまのお説きくださった教えを私は疑わずに聞かせていただきます』が『如是我聞』の意となります」という言葉をもう一度心に刻みたいと思います。

(写真は、先週の月曜日の秋吉台です)

 季節を感じさせる行事の山焼きに一度行ってみたいと思っているのですが、今年も果たせず、その翌日の風景です。文字通り焼け野原という感じですが、間もなく新しい芽吹きがみられることと思います。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



409.歴史を訪ねる(4):咸宜園(1)

20180223咸宜園   20180223咸宜園2

 昨年末のことですが、大分県日田市にあります「咸宜園(かんぎえん)教育研究センター」から、咸宜園開塾200年記念事業として「咸宜園門下生子孫の集い」を開催するという案内をいただきました。
 いただいたパンフレットによりますと、この「咸宜園」は文化14年(1817年)日田市に開塾された私塾で、多くの門下生が幕末から近代にかけて活躍したということです。

 実は、平成26年の夏に「咸宜園教育研究センター」の副主幹(当時)の方が寺を訪ねて来られたことがありました。その時に、寺からも入塾した人がいるという情報をいただき、遠く豊後の私塾で学んだ人がいるということに興味を持っておりました。
 また、寺の歴史やご門徒さんとのかかわりについてもう少し知らなければいけないと思っていたこともあり、この集いに出席しようと準備をしている所です。

 いただいたパンフレットを中心に調べてみますと、この咸宜園は1817年に開塾され、明治30年(1897年)に閉塾となったもので、5000人の塾生を輩出した江戸時代としては最大規模の私塾になるのだそうです。
 門下生の出身地の資料がありましたが、九州出身者が多いのは当然ですが、九州の諸藩以外では長州藩出身者が最も多く154人となっています。周防出身者は71人と長州の半分以下ですから、長州と豊前、豊後とのつながりを思わせる構成になっています。塾の出身者として高野長英や清浦奎吾、長州からは大村益次郎の名前が挙げてありました。

 平成26年にいただいた資料によりますと、壽福寺からは文政11年(1828年)に弟子の釋真量という人が、釋自然という人の紹介(紹介によって塾生がつながり広がっていったようです)で入塾しています。そのときのお話しでは、この釋自然氏は常念寺の人だということでした。

 そのようなことで、なぜ壽福寺から日田の私塾に弟子を派遣したのか(お聞きしますと、組内には咸宜園に僧侶を派遣されたお寺も多いようです)、釋真量氏はどんな人だったのか、どのようなことを学びその後どのようにされたのか・・・などと様々な興味がわいてきました。
 
 そのようなことで、日田市訪問を楽しみにしているところです。

(写真は、いただいた「咸宜園」のパンフレットの一部です)

 左は、パンフレットの表紙で、描かれている人が開塾者の広瀬淡窓師です。

 右は、嘉永元年(1848年)6月の「月旦評」という塾生の成績を記した席次表です。毎月成績表を作成して公表していたのだそうです。
 この表をみますと、在塾者は240人、そのうち「釋」がついている人が56人いますから、僧侶の入塾者も多かったことが推測されます。その中に、釋自然という名前があります。ただ、年代からすると釋真量さんを紹介した釋自然さんとは別の人のように思われます。

 この記事を書いた日に驚いたことがありました。
 その夜、横になって「週刊文春」の連載記事「週刊藝人春秋」を読んでいましたら、この「月旦評」という言葉が出てきたのです。この連載記事は水道橋博士というタレントさんが連載されているのですが、芸能界の内幕話などが紹介されていて面白く読んでいました。その一節は、次のようになっていました。
 「そして、ボクが週刊誌ながら月を跨ぎ、月旦評として今回乗り継ぐのは「バス」ではなく、蛭子能収という「因果鉄道」だ。」「月旦評」は、蛭子能収という不思議な(?)キャラクターをどのように評価するのか、といった意味で使われているようです。「乗り継ぐ」と言っているのは、多分、3週にわたって「バス」がキーワードになっているからだと思います。
 ちなみに、「月旦」は毎月一日を意味する言葉で、「月旦(評)」は毎月初めに人を評価したという故事に由来し「人物を評価する」という意味に使われるそうです。
 この言葉、今回パンフレットを読んで初めて目にした言葉のように思いますが、その初めて出会った同じ日にもう一度出会ったことになります。忘れられない言葉になりそうです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

408.『阿弥陀経』を読む(58)

20180219六甲山    20180219六甲山2

[御文] 舍利弗・北方世界・有焰肩仏・最勝音仏・難沮仏・日生仏・網明仏・如是等・恒河沙数諸仏
     (しゃりほツ・ほっぽうせかい・うえんけんぶツ・さいしょうおんぶツ・なんしょぶツ・にっしょうぶツ・もうみょうぶツ・にょぜとう・ごうがしゃしゅしょぶツ)

[訓読] 舎利弗、北方の世界に、焰肩仏・最勝音仏・難沮仏・日生仏・網明仏・かくのごときらの恒河沙数の諸仏ましまして、・・・

[訳文] 舎利弗よ、また北方の世界にも、焰肩仏・最勝音仏・難沮仏(なんそぶつ)・日生仏・網明仏など、ガンジス河の砂の数ほどのさまざまな仏がたがおられ、・・・

 今回は、北方の世界におられる仏がたが、お釈迦さまの教えが間違いないものであり、阿弥陀さまの不可思議の功徳を讃えるように、と勧められます。

 今回も瓜生津師による諸仏のご紹介を引用させていただきます。( )の中は、サンスクリット本の『阿弥陀経』に記されているお名前の意味です。サンスクリット本には、このほかに二仏の名前があげられ、合計七仏となっているということです。
  焰肩仏  (大いなる炎の塊をもつもの)
  最勝音仏 (世界にひびく音声をもつもの)
  難沮仏  (攻撃し難いもの)
  日生仏  (太陽から生じたもの)
  網明仏  (網のような光明をもつもの)

 最初の焰肩仏は、南方の仏としてお名前が見えた大焰肩仏と同じ仏さまです。
 最後の「網明仏」の意味が少し分かりにくかったのですが、ネットのサイトで「網のように広く覆う光明のあるもの」という説明がありました。これで理解ができたように思いました。

 以下は、随分と本題から離れることなのですが、日生仏というお名前で、昔聞いた話を思い出しました。
 それは、「星」という字は、「日」という字と「生」という字の組み合わせでできていて、「星は太陽からできたのだ」というような説です。
 日本生命(略称は日生:にっせい)という保険会社がありますが、その日本生命の関連会社に星光ビル管理という名前の会社があります。以前住んでいた住まいの管理会社が星光ビル管理で、その社名は、「日」と「生」を組み合わせた「星」に因んで命名されたのだと聞いたことがあります。
 そんなことからも、「星」=「日」+「生」だという思い込みが強くなっていたようです。

 しかし、何事もよく調べてみる必要があるものです。
 今回初めて「星」という字の成り立ちを調べてみました。手元にあります『字統』という字典によりますと、「星」という字は、「晶」という字と「生」という字の組み合わせでできた文字なのだそうです。「生」は発音「せい」を示すものだということで、古くは「晶」の一字で星を表していた例もあり、「萬物の精、上がりて列星と偽(な)る」という解説がありました。
 何事も思い込みには要注意と、改めて自戒です。

(写真は、冬の六甲山です。このところの寒さで思い出して登場です。)

 2009年の1月半ばに歩いた時のものです。
 六甲山は左の写真のように港町神戸のすぐ近くにあるのですが、海側の表六甲に対して裏六甲(六甲山の北側)は様子を一変させて厳しい冬の景色になります。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 

407.新聞版「壽福寺だより」を発行しました

20180216新聞1面    20180216新聞2面

 新聞版「壽福寺だより」2月号を発行しました。今月号の内容は次の通りです。

[1面]
 「総代会を開催しました」

 「平成29年度門徒講金会計報告」

 「春季永代経法要のご案内です」

 「山口教区(別院)の行事計画」


[2面]
 「宇部北組の行事のご案内です」
  3月31日に計画されています、「花フェスタ2018(はなまつり)」のご案内です

 「ご存知ですか(14) 弁円済度」

 「ご紹介します(7) 山根裕さんご夫妻」
  山根さんのお宅で見せていただいた「弁円済度」を描いた掛軸とご夫妻を紹介しています

 「通行止めにご注意ください」
  春の法座当日に行われている工事に関する情報です

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 

406.連続研修会が始まりました

IMG_3205.jpg     

 2月10日、第6期の宇部北組連続研修会が始まりました。
 今期の受講者は21名、壽福寺からは岩﨑明さん、吉屋博志さん、岩崎賢治さんの3名の方が受講されることになりました。

 第1回の研修会は小野の正善寺さんを会場に行われました。
 『讃佛偈』のお勤めの後、開会式が行われ、市川幸佛組長から今後の宇部北組の活性化の核になってもらいたいという期待の言葉をいただきました。

 第1回の研修テーマは「仏事・作法について」でした。光安寺の藤永康成氏から、お寺にお参りする流れの中でどのような作法があるのか、それにはどのような意味があるのか、ということについてご説明をいただきました。
 その後、受講者は3つのグループに分かれて、「作法はなぜ必要なのか」「ご法事をする意味」という2つのテーマについて意見交換を行い、その内容を発表しあいました。

 その発表に対してご講師からコメントをいただきました。
 ご講師は、定められた作法は、阿弥陀さまのお救いの力に対するお礼の心を表し、阿弥陀さまのおられるお寺に入る心構えを形にするものとして大切にしてもらいたいとお話しいただきました。
 またご法事は、ご先祖を偲びお礼申し上げ、私の命を省みてお浄土に救われる身であることを改めてお礼申し上げる大切なご縁であり、そのことを親族の皆さんとともに喜び合うというご縁でもある、というお話しをいただきました。

(写真は、当日の研修会の様子です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

405.『阿弥陀経』を読む(57)

IMG_3202.jpg

[御文] 舍利弗・西方世界・有無量寿仏・無量相仏・無量幢仏・大光仏・大明仏・宝相仏・浄光仏・如是等・恒河沙数諸仏
     (しゃりほツ・さいほうせかい・うむりょうじゅつツ・むりょうそうぶツ・むりょうどうぶツ・だいこうぶツ・だいみょうぶツ・ほうそうぶツ・じょうこうぶツ・にょうぜとう・ごうがしゃしゅしょぶツ
     各於其国・出広長舌相・徧覆三千・大千世界・説誠実言・汝等衆生・当信是称讃・不可思議功德・一切諸仏・所護念経

[訓読] 舎利弗、西方の世界に、無量寿仏・無量相仏・無量幢仏・大光仏・大明仏・宝相仏・浄光仏、かくのごときらの恒河沙数の諸仏ましまして、・・・

[訳文] 舎利弗よ、また西方の世界にも、無量寿仏・無量相仏・無量幢仏・大光仏・大明仏・宝相仏・浄光仏など、ガンジス河の砂の数ほどのさまざまな仏がたがおられ、・・・

 六方の諸仏が阿弥陀さまのはかり知れない功徳を説かれるお釈迦さまのお言葉が間違いのないものだと証明される「諸仏証誠の段」、今回は西方におられる七仏のお名前が登場します。
 前回と同じく、瓜生津師の諸仏のご紹介を引用させていただきます。( )の中は、サンスクリット本の『阿弥陀経』に記されているお名前の意味です。なお、サンスクリット本では、大明仏に相当する名前がなくて、六仏になっているということです。

  無量寿仏 (無量の寿命をもつもの)
  無量相仏 (無量の塊をもつもの)
  無量幢仏 (無量の幢をもつもの)
  大光仏  (大いなる光明をもつもの)
  大明仏
  宝相仏  (大いなる宝の旗をもつもの)
  浄光仏  (清浄な光線の光をもつもの)
 (無量幢仏の「幢」は「旗」の意味だそうです。)

 一番最初の無量寿仏は、西方におられる無量寿仏ですから、阿弥陀さまのことになります。そうすると、この段では、阿弥陀さまは、ご自身がご自身の功徳を信じよと勧められているということになります。
 古来、そのことについて議論がなされてきたのだそうです。私たちが学んでいます『阿弥陀経』の訳者である羅什三蔵は、このお経の中で原典の「アミターユス」を他のところでは「阿弥陀仏」と訳しているのに、今回の段だけこれを「無量寿仏」と訳していることについての解釈や、み教えの理解、文献学的な見地からも色々な説があるようです。

 しかし、辻本敬順氏は『阿弥陀経のことばたち』の中で次のように言われていますが、同感です。
 「この議論は学者先生方におまかせしておこう。なぜなら、『お浄土の親さまは阿弥陀さまであり、無量寿仏さまともいう。それだけでいい。』という人もいるのだから。」

(写真は、麻雀の牌です。)

 お経を学んでいる中に麻雀の牌(はい)の写真が出てくるのはどうかとも思いましたが、『阿弥陀経』の「諸仏証誠の段」の部分に来て、「東方、南方、西方・・」と方角が示されると、どうしても麻雀のことを思い出してしまいます。
 ご存知のように、麻雀の牌の中には写真のように四方向を示す牌があり、その方角はいつも、「東(とん)、南(なん)、西(しゃー)、北(ぺー)」の順に呼ばれます。日本風にいうと「東、西、南、北」なのでしょうが、中国はインド式の順番だったのだ、と、妙なところに感心したりしていました。

 蛇足ながら、写真の形で上がることができたら、これは「大四喜(だいすーしー:4つの風の牌をそれぞれ3枚集めた手)」という役で、得点はダブル役満で48、000点(親だと5割増しの72、000点)になります。非常に難しい役で、私もまだ作ったたことがありません。・・これまたついでに、私がこれまで作った一番大きな手は「大三元字一色(だいさんげんつーいーそー:大三元も含めて字牌だけでできた手)」という役で、同じダブル役満でした・・・などと、麻雀の話に夢中になってしまいます。

 この写真を撮るために、倉庫の奥にあった牌を久し振りに取り出してきました。昔はこの牌とマットとを車に積んでいて、メンバーが集まればどこででも麻雀を始められる、などと熱心にやっていたものです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

404.総代会を開催しました

20180205総代会

 1月31日、定例の総代会を開催しました。

 代理の方を含めて17名の方にお集りいただき、讃佛偈のお勤めの後総代会を開催しました。当日の議題は次の通りです。

1.代表総代挨拶(井上代表総代)
 昨年は、法面改修工事で多くのご支援をいただきお礼申し上げます
 今年度役員は現在の三役で対応することとします

2.平成29年度報告(住職)
 昨年の特記事項として、次の報告を行いました
 ・伝灯奉告法要の状況(本山の法要勤修の状況、宇部北組の団体参拝、壽福寺として記念品贈呈など)
 ・庫裡横の杉林法面改修工事(11日間で24名、延べ101名、のご協力をいただきお礼)

3.平成29年度会計報告(住職)
 昨年の特記事項
  基金を一部解約し法面工事費に充当
  伝灯奉告法要記念品(即如ご門主の著書)を贈呈、費用は門徒講金と寺で折半負担

4.平成29年度会計監査報告(徳田氏)
 報告し承認を得ました

5.平成30年度計画(住職)
 寺、別院、宇部北組の計画を報告、参加・協力を要請しました
 ・第6期連続研修会 壽福寺からは3名の方が受講。次回以降受講を
 ・総代会メンバーによる法座の前の草刈、清掃は昨年と同様の方法で実施することとしました

6.意見交換
 次のような情報、意見をいただきました
 ・山門の屋根のトタンが腐食している、対策の検討が必要
 ・境内の照明(センサーによる照明)の検討が必要
 寺からは、総代さんは法座にお参りいただくとともに、担当の地区の方にも勧めていただくようお願いしました

(写真は、当日お集りいただいた総代さんです)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

403.本山御正忌報恩講でのご門主のご親教


IMG_2235s.jpg

 本山の御正忌報恩講で、1月15日にご門主がご親教(ご門主のされるご法話です)されましたので、以下その内容をお伝えします。

 本年もようこそ御正忌報恩講にご参拝くださいました。全国から親鸞聖人をお慕いする皆さまがご参拝くださり、ご一緒におつとめをし、お念仏申させていただく尊いご縁であります。このご縁にあたり、あらためて親鸞聖人がお説きになった浄土真宗のみ教えを味わわせていただきましょう。
 親鸞聖人は、比叡山で20年間、さとりを求めて修行をされましたが、我執、我欲の心である煩悩が無くなることはありませんでした。明日おつとめいたします『嘆徳文(たんどくもん)』には、親鸞聖人のおこころを「定水(じょうすい)を凝(こ)らすといへども識浪(しきろう)しきりに動き、心月(しんがつ)を観(かん)ずといへども妄雲(もううん)なほ覆(おお)ふ」と記されています。平らな水面を見ると波が立ち、月を見ると雲に覆われてしまうということです。
 親鸞聖人だけではなく、仏教を説かれたお釈迦さまの時代から、私たち人間の姿は変わりません。それは、この世界の真実をありのままに受け止めることができず、自分の思いやとらわれの中で悲しみ苦しむ姿であります。親鸞聖人は、そのような私たちを救おうと阿弥陀さまがはたらきかけてくださっていると明らかにされました。阿弥陀さまのおはたらきの中で、私たちは真実を聞き、真実に気付くことができます。そのことによって、自分自身のありのままの姿、自己中心的な姿を知ることができます。

 地球環境と暮らし 持続可能なものへ

 さて、科学技術が発達した現代社会ですが、それゆえにさまざまな問題も起こっています。今のままでは人間が存在することのできない地球になってしまうという強い危機感が世界で共有されています。そのことを背景として、2015年に国連で全会一致で採択された「SDGs 持続可能な開発目標」は、地球環境と人々の暮らしを持続的なものとするため、深刻化する地球規模の課題にともに取り組み、人類の未来を切り開いていくことを目指したものです。
 「誰一人取り残さないーNo one will be left behind」を理念として、そこで取り上げられた課題には、2030年までに達成する「貧困」「教育」「ジェンダー」「不平等」「平和」なと世界を変革するための17の目標が掲げられています。そして、日本においても未達成とされている目標が多くあります。
 先ほども述べましたように、私たち念仏者は、阿弥陀さまのおはたらきの中で、自分自身のありのままの姿、自己中心的な姿を知ることができます。そして、阿弥陀さまの救いのおこころを知らされた私であるからこそ、他の方の悲しみや苦しみに無関心ではいられません。さまざまな社会の問題に関心を向け、私にできることから解決への取り組みを始めていきましょう。
 今年の報恩講にあたり、浄土真宗のみ教えを依(よ)りどころとする念仏者の生き方を共々に考え、今日からの日々を過ごしてまいりましょう。 
 本日はようこそご参拝くださいました。

(図は、『本願寺聖人親鸞伝絵(ほんがんじのしょうにんしんらんでんね)』(御絵伝)の「洛陽遷化(らくようせんげ)」の段です。寺の御絵伝を撮影しました。)

 親鸞聖人は、弘長2年11月28日(1263年1月16日)にご往生なさいました。お年は90歳になっておられました。
 図には右から順に3つの場面が描かれています。
 ・右は、病床から起きてお念仏のご法義に出遭えた喜びを語っておられる聖人のお姿と伝えられるものです。
 ・中は、ご往生の場面です。「頭北面西右脇に臥して、念仏の息ついに絶えおわんぬ」と『御伝鈔』に伝えられています。
 ・そして、左は遺骸をお納めした棺を見送る人々を描いたものです。薪や松明を運ぶ人も見えますが、ご往生の場面とともにお弟子さんたちの嘆き悲しむ姿が描かれています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR