FC2ブログ

384.『阿弥陀経』を読む(46)

20171127室生寺紅葉2   20171127室生寺紅葉

[御文] 舍利弗・若有善男子・善女人・聞説阿弥陀仏・執持名号・若一日・若二日・若三日・若四日・若五日・若六日・若七日・一心不乱・
     (しゃりほツ・にゃくうぜんなんし・ぜんにょにん・もんせツあみだぶツ・しゅうじみょうごう・にゃくいちにち・にゃくににち・にゃくさんにち・にゃくしにち・にゃくごにち・にゃくろくにち・にゃくしちにち・いっしんふらん・)

[訓読] 舎利弗、もし善男子・善女人ありて、阿弥陀仏を説くを聞きて、名号を執持すること、もしは一日、もしは二日、もしは三日、もしは四日、もしは五日、もしは六日、もしは七日、一心にして乱れざれば、

[訳文] 舎利弗よ、もし善良なものが、阿弥陀仏の名号を聞き、その名号を心にとどめ、あるいは一日、あるいは二日、あるいは三日、あるいは四日、あるいは五日、あるいは六日、あるいは七日の間、一心に思いを乱さないなら、

 前回に続いて、この御文について学びます。

 今回は、「聞説阿弥陀仏」です。
 この部分の訓読文は「阿弥陀仏を説くを聞きて」となっており、訳文は「阿弥陀仏の名号を聞き」となっていますが、この訳文は訓読文を直接訳した言葉になっていないように見えます。なぜ「阿弥陀仏を説くことを聞く」が「阿弥陀仏の名号を聞く」になっているのかということについて考えてみたいと思います。

 まず、『浄土真宗辞典』で「名号」をたずねますと、「(名号は)阿弥陀仏の名を指し」、「南無阿弥陀仏を六字の名号」とし、「(親鸞聖人は、)名号が仏の衆生救済の願いのあらわれであり、摂取して捨てないという仏意をあらわす本願招喚の勅命であること、すなわち、仏の衆生救済の力用(りきゆう:働き)である本願力そのものが名号であると示している」とあります。
 つまり、「名号」は、阿弥陀さまのお名前であり、「南無阿弥陀仏」になって私たちの届いていただいている、阿弥陀さまからの呼び声であり、私たちを救うそのお力(本願力)のことでもある、ということが示されています。

 瓜生津師によれば、玄奘三蔵が訳された『称讃浄土教』では、この部分は「かくの如きの無量無辺不可思議の功徳の名号と、極楽世界の功徳荘厳を聞く」つまり、阿弥陀さまの無量の功徳にみちた名号と極楽浄土の功徳の荘厳のことを聞く、こととなっているということです。お釈迦さまが説かれた、阿弥陀さまの極楽浄土の姿と阿弥陀さまの功徳、つまりは阿弥陀さまの名号を聞くことになります。
 さらに、中村元氏によれば、サンスクリット原典ではこの部分は「かの世尊・無量寿如来の名を聞き」となっていて、まさに「阿弥陀仏の名号を聞く」となっているということです。

 さらに、辻本敬順氏は『阿弥陀経のことばたち』の中でこの「聞説阿弥陀仏」を説明する項で、何を聞くのか、という問いをたてられ、「仏願の生起本末」を聞く、という言葉を記されています。つまり、阿弥陀さまが、苦しみ悩む私たちをどうしても救わずにはおれないと願を起こされた由来と、その願を成就されて私たちを救済しつつあるお姿を、聞くのだ、と記されています。

 以上のように、「阿弥陀仏の名号を聞く」、ということは、阿弥陀さまのおられるお浄土について聞くことであり、阿弥陀さまの限りない光明と限りない命について聞くことであり、苦しむ私たちを救うために阿弥陀さまが願を立てられた由来を聞くことであり、その願を成就された姿とお力について聞くことであり、私たちに「我に任せよ」と呼びかけられる声「南無阿弥陀仏」を聞くことでもあります。

 また、この「聞く」とは、単に耳に聴こえるということではなくて、親鸞聖人が『教行信証』で、「衆生、仏願の生起本末を聞きて疑心あることなし、これを聞といふなり。」と説かれたように、それがそのまま「信」となるべき「聞」だということになります。
 
(写真は、室生寺の紅葉です。)

 奈良県宇陀市にある室生寺は、紅葉やシャクナゲ、新緑、冬景色と四季それぞれに違った姿を見せてくれるお寺です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



383.『阿弥陀経』を読む(45)

20171124永源寺紅葉2   20171124永源寺紅葉

[御文] 舍利弗・若有善男子・善女人・聞説阿弥陀仏・執持名号・若一日・若二日・若三日・若四日・若五日・若六日・若七日・一心不乱・
     (しゃりほツ・にゃくうぜんなんし・ぜんにょにん・もんせツあみだぶツ・しゅうじみょうごう・にゃくいちにち・にゃくににち・にゃくさんにち・にゃくしにち・にゃくごにち・にゃくろくにち・にゃくしちにち・いっしんふらん・)

[訓読] 舎利弗、もし善男子・善女人ありて、阿弥陀仏を説くを聞きて、名号を執持すること、もしは一日、もしは二日、もしは三日、もしは四日、もしは五日、もしは六日、もしは七日、一心にして乱れざれば、

[訳文] 舎利弗よ、もし善良なものが、阿弥陀仏の名号を聞き、その名号を心にとどめ、あるいは一日、あるいは二日、あるいは三日、あるいは四日、あるいは五日、あるいは六日、あるいは七日の間、一心に思いを乱さないなら、

 前回、お釈迦さまは「わずかな功徳を積むだけでは、とてもその国(お浄土)に生まれることはできない」と説かれました。親鸞聖人は、これを承けて、大乗の法も小乗の法も私たちがそれぞれの縁に従ってなす諸善は全て自力の行であり、阿弥陀さまの願いにかなっていない行であり、それによってはお浄土に生れることはできない、と示されました。

 今回、お釈迦さまは、お浄土に生れる道は、善男子、善女人が、阿弥陀仏の名号を聞き、その名号を執持し思いを乱さないことであると説かれます。
 今回の部分は、お釈迦さまが「善男子・善女人が」、「名号を聞き名号を執持する」、「その時」、「一心不乱」といった大切なことについて説いておられます。この部分は『阿弥陀経』のもっとも大切な部分だと思われますので、以下分けて学んでいきたいと思います。

 まず、「善男子・善女人」です。
 訳文では「善良なもの」と訳されています。また、現在でも「善男善女」という言葉が使われていますが、この「善男子・善女人」はいわゆる「善人」だけを指すものではない、と伺いました。
 辻本師によれば「善男子・善女人」はサンスクリット語の訳語で、もともとは良家の息子、良家の娘という意味だったものが、その後尊敬すべき男女、正しい信仰を持つ人という意味になったということです。また、経典では、仏教に帰依した在家の信者のことをいい、浄土教では念仏者のことをいうようになったというように意味が変遷してきた言葉でもあるようです。

 瓜生津師によれば、善導大師や法然聖人は、「善男子・善女人」は善人だけをいっているのではなく、悪人も含んでいるとされました。
 煩悩を抱え、罪業に苦しむ身、悪事を働く身であっても、阿弥陀さまに導かれて仏法を聞き念仏することができる身にさせていただいた私たちには、善人も悪人もないのだということになります。

 この「善男子・善女人」という言葉は、『阿弥陀経』の中ではこれから後3回出てきます。

(写真は、滋賀県の臨済宗のお寺、永源寺の紅葉です)

 もう6年前になりますが、湖東(琵琶湖の東の地域)のお寺を回る機会があって、この紅葉にであいました。11月27日でしたからちょうど今頃になります。永源寺の周辺はこんにゃくの産地としても有名です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 

382.『阿弥陀経』を読む(44)

20171120南原寺紅葉   20171120南原寺紅葉2    

[御文] 舍利弗・不可以少善根・福德因縁・得生彼国  
     (しゃりほツ・ふかいしょうぜんごん・ふくとくいんねん・とくしょうひこく)

[訓読] 舎利弗、少善根福徳の因縁をもつてかの国に生ずることを得べからず。

[訳文] しかしながら舎利弗よ、わずかな功徳を積むだけでは、とてもその国に生まれることはできない。

 前回、お釈迦さまは私たちに、まずお浄土に生れたいと願うこと、「発願」を説き勧められました。
 そして今回、お釈迦さまは「わずかな功徳」を積むだけでは、お浄土に往生することはできない、と説かれます。

 この「少善根福徳」は「少善根少福徳」のことで、その「少」は量的に少ないという意味の他に、「小さい」とか「劣っている」という意味があると伺いました。

 ここでは、お釈迦さまの言われた「少善根少福徳」の行、「劣っている行」とは何かということが重要になってきます。
 瓜生津師は、善導大師は『法事讃』という書の中で、「少善根少福徳の行」とは、「隨縁(ずいえん)の雑善(ぞうぜん)」であると説かれたと記されています。

 親鸞聖人は、善導大師のことばを受けて、「隨縁は衆生のおのおのの縁にしたがひて、おのおののこころにまかせて、もろもろの善を修するを極楽に回向するなり。すなはち八万四千の法門なり。これはみな自力の善根なるゆゑに浄土には生まれずと、」(『唯信鈔文意』)と説かれています。
 親鸞聖人は、「八万四千の法門」ということばを本願(第十八願)以外の行という意味で使われていますが、第十八願に説かれた法以外は自力の行で、少善根少福徳の行、つまりお浄土に往生することができない劣った行だとされています。

 瓜生津師は、親鸞聖人の作られたご和讃から次の和讃を引用しておられました。
  「恒沙塵数(ごうじゃじんじゅ)の如来は 万行の少善きらひつつ 名号不思議の信心を ひとしくひとへにすすめしむ」
  (数限りない仏がたは、さまざまな行を修めて得られるわずかな功徳を退けて、思いはかることのできない名号のはたらきによる信心を、みな同じく、ひとえにお勧めになる)

(写真は南原寺の紅葉です)

 今年はまだ紅葉を見に行くことができず、この写真は4年前のものです。
 美祢市にある南原寺はサクラやシャクナゲなどでも人気のあるお寺ですが、紅葉も素晴らしいものです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 

381.『阿弥陀経』を読む(43)

20171117オクラ   20171117オクラ2

[御文] 舍利弗・衆生聞者・応当発願・願生彼国・所以者何・得与如是・諸上善人・倶会一処
     (しゃりほツ・しゅじょうもんしゃ・おうとうほツがん・がんしょうひこく・しょいしゃが・とくよにょぜ・しょじょうぜんにん・くえいっしょ)

[訓読] 舎利弗、衆生聞かんもの、まさに発願(ほつがん)してかの国に生ぜんと願ふべし。ゆゑはいかん。かくのごときの諸上善人(しょじょうぜんにん)とともに一処(いっしょ)に会(え)することを得(う)ればなり。

[訳文] 舎利弗よ、このようなありさまを聞いたなら、ぜひともその国に生れたいと願うがよい。そのわけは、これらのすぐれた聖者(しょうじゃ)たちと、ともに同じところに集うことができるからである。

 お釈迦さまは、前回までで阿弥陀さまの国土(お浄土)について説かれ、次いで阿弥陀さまとお浄土の聖衆について説いてこられました。
 本日からは、阿弥陀さまの極楽浄土に往生する道はただ一つ念仏だけだと、私たちに念仏往生をすすめられます。

 お釈迦さまは、まずこれまで説かれたお浄土の素晴らしさと阿弥陀さまの限りない功徳のことを聞いたものは、そのお浄土を願う心が起き、お浄土に生れるよう発願するがよい、と説かれます。
 その理由として、お釈迦さまはそうすることによって「諸上善人」とともに一処に会うことができるからだと説かれます。この「諸上善人」はすぐれた善人たち、つまり浄土の一生補処の菩薩方のことだと伺いました。
 お釈迦さまは、お浄土に往生したいと発願することによって、私たちは菩薩方と同じところに集うことができる(倶会一処)のだと示されます。
 お釈迦さまは、お浄土が素晴らしい場所であることを示された上に、お浄土に生れたいと願うものはお浄土で優れた菩薩方と同じ処に会することができるのだと、お浄土を願うことをすすめられます。今現在煩悩に取りつかれそれから逃れることができずにいる私たちでも、お浄土では菩薩方とともに集うことができるのだと、往生を願うことを強くおすすめになっているのです。

 この「倶会一処」という言葉は、「ともに一つの場所で会う」(『浄土真宗辞典』)ことを示します。
 死によって分かたれた親子、兄弟、夫婦が、同じ信心をいただいて、ともに同じお浄土に帰るのだということを示した言葉でもあり、そのようなことから、お墓にこの言葉が刻まれているのを見ることがあります。

(写真は、オクラの花です)

 これもアオイ科の植物です。夏に花を咲かせますので、ちょっと季節外れになりましたが、魅力的な花を持っています。右のような赤みがかった花のものもあります。
 紀元前の時代にエジプトで栽培されていたようで、日本には明治時代に入ってきたということです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

380.報恩講をお勤めしました

20171113集合写真

 昨日12日、報恩講をお勤めしました。ご講師には宝林寺ご住職の市川幸佛師をお迎えしました。

 ご講師には初めて報恩講でご出講いただきましたが、親鸞聖人の90年のご生涯についてお聞かせいただきました。

 聖人のご出生から9歳でのご出家、比叡山での20年の厳しい修行の後の法然聖人とのお出遭い、在来仏教からの弾圧による越後への遠流、関東でのご布教の後60歳でのご帰洛、善鸞ご次男の義絶、そして90歳でのご往生についてお話しをいただき、聖人がご苦悩の中でみ教えを立てられ、それを揺らぐことのない信念をもって保たれ、私たちに伝えようとされたことをお伝えいただきました。

 この中で、念仏についてのご講師の言葉が印象に残りました。聖人が比叡山で修行されていた時の「念仏」と法然聖人が親鸞聖人に示された「念仏」との違い、厳しい修行によって煩悩から逃れようとする念仏と、私たちにはそのような力はないことを深く認知し、阿弥陀仏のお救いにお任せする念仏の違い、を示していただきました。自力の念仏と他力の念仏ということになるのですが、「自力の念仏は他力の念仏の足場」だというご講師の言葉がありました。建物を建てるために必要な足場は、完成すれば取り除かれるように、親鸞聖人に最初から他力の念仏があったのではなく、20年という自力修行と苦悩の後に他力を教えを開かれたとご講師は示されます。
 その意味では、私たちは親鸞聖人のおかげで最初から他力の念仏をお示しいただいているのですが、自力の念仏に関わる苦悩を経ずして他力の教えをいただいているとも言えます。いわば、私たちが「確固とした基礎のない建築物」をもっているという危うさ、もろさをご指摘いただいた思いです。

 また、報恩講は聖人がご往生されて以来、750年を超える間途絶えることなく勤められてきた法要です、自身の親族でも一般に50回忌をもって終わりとしている私たちが、なぜこのように長い期間法要をお勤めしているのでしょうか、というご講師の問いかけがありました。上記のような親鸞聖人のご生涯とみ教えが遠く時代を下った私たちを導いていただいていること、報恩講はそのご苦労を偲び、そのお姿をお慕いするものであるということを改めて心に刻むことのできるご法話でした。

 今回も多くの方にお力添えをいただきました。
 すでにご報告しましたように、11月5日には総代さんや応援の方に境内周辺の草刈をお願いしました。
 前日の11日には、仏教婦人会の杉山博子会長、井上幹子副会長、石川ハルミさんにお斎の準備をお願いしました。また、報恩講の当日には、杉山会長、井上副会長、山本信子さん、志賀信子さん、江木都美恵さん、井上聡子さんにお斎の調理から給仕、後片付けまでのご協力をいただきました。

 勤行に先立って、井上代表総代から、今回の杉林の法面改修工事の実施状況の報告と、ご協力いただいたことへのお礼の言葉をいただき、お参りいただいた方に工事の終了した現地を見ていただくことができました。

 皆様のご協力に厚くお礼申し上げます。

 (写真は、恒例の集合写真です)


 (このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

379.報恩講のご案内です


20171110組報
  20171110組報2

 下記により報恩講をお勤めします。お誘い合わせてお参りいただきますようご案内いたします。

1.日時
 11月12日(日)10:00~(午前、午後)

2.場所
 壽福寺本堂

3.ご講師
 市川幸佛 師(宇部北組宝林寺ご住職)

4.その他
 お斎を準備します。
 (壽福寺仏教婦人会の皆さんが前日から準備をしていただく、伝統の料理「けんちょう」をお楽しみください)

 今年は、11月初めからお伺いしていますお取越しのお勤めに加えて杉林の法面改修工事も行っていて、慌ただしい法座の準備となりました。

 なお、お取越しに合わせて、宇部北組の組報「ご縁だより」をお配りしています。「ご縁だより」には宇部北組内のお寺の報恩講の予定が掲載されて、ご自分のお寺以外の報恩講にもお参りいただけるようになっています。
 ご利用いただければ幸いです。

(図は、ちょっと薄くて見えにくいですが宇部北組組報「ご縁だより」の1面と4面です)

 サイズはA3版用紙を二つ折りにして、次の記事(カッコ内は執筆者)が掲載されています。組報は広報班の山本敬氏を中心に編集、発行されました。有難うございました。

 1面
  「宇部北組 組報『ご縁だより』に寄せて」(市川幸佛組長)
  「第六期連続研修会 企画中」(連続研修会担当の山本敬氏、石井良祐氏)
 2面
  「報恩講にお参りしましょう」(寺院一覧表つき)(「御同朋の社会を目指す運動」担当の厚見崇氏)
 3面
  「平成29年度宇部北組法座一覧表」
 4面
  「宇部北組 寺院マップ」(光林寺さんのご門徒さんが描かれた楽しいマップです)

 (このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

378.報恩講の準備を行っています

20171106草刈  20171106U字溝

 11月12日にお勤めします報恩講に向けて準備を進めています。

 昨日5日、総代さんや応援の方においでいただいて、駐車場周辺および寺に至る道の草刈りをお願いしました。
 午前9時から総代の井上啓志さん、今橋庄二さん、徳田順久さん、岩﨑昌彦さん、伊勢野新次さん、金子富士夫さん、志賀慎次さん、吉屋博志さん、田中光明さん、それに応援を申し出ていただいた森本敏子さんの10名の方に作業を行っていただきました。当日は、快晴で少し肌寒い陽気でしたが、穏やかな日差しの中の作業となりました。
 おかげさまで、すっきりとした環境でお参りの方をお迎えすることができます。有難うございました。

 また、午後には、杉林の法面改修工事に伴うU字溝敷設に使う機材の受け入れを行いました。
 今橋さん、岩﨑明さんと今橋さんのご子息にも手伝っていただいて、長さ1メートルのU字溝50個を工事を予定している場所の近くに下す作業を行い、また、工事に使うセメントの搬入も完了しました。
 本日6日にU字溝を設置する作業を実施する予定です。

 このように、ご皆さんのお力添えで周辺が整備されています。まことに有り難いことです、厚くお礼申し上げます。

(写真左は、草刈作業開始に当たって井上代表総代の挨拶、右は完成したじゃかごの擁壁とU字溝用に掘削した溝です)

 U字溝は1/200の勾配をつけて施設されますので、水平を正確にとることが重要な条件となるのだそうです。11月3日の夕刻、岩﨑明さんが借りてこられた、レーザービームで水平をとる機器を初めて見ました。新しい(と私には思われる)技術を活用した工事となっています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

376.杉林の法面改修工事(3)

  IMG_3090.jpg  IMG_3086.jpg

 一昨年の台風で一部が崩落していました杉林の法面(のりめん)の改修工事を、10月9日から実施してきましたが、このほどじゃかごと呼ばれる擁壁の敷設が完了しました。

 工事は、代表総代の井上啓志さん、総代の今橋庄二さん、徳田順久さん、岩﨑明さんの4名の方を中心に、他の総代さんやご門徒さんにご協力いただいて進めてきました。
 10月9日の開始以来、10月30日までの間に9日の工事日を設定しましたが、この日以外にも、今橋さんや岩﨑さんは現場においでいただいて、作業を行っていただきました。
 その結果、23名の方においでいただき、延べ69回にわたる作業となりました。

 今回の工事は、雨天に大きく影響された工事でした。秋の好天を期待して工事計画を組んだのですが、なかなか晴れ間を見せない天候と2つの台風の到来という予想外の事態で追加作業も増える結果となり、予想外の時間を要するものになりました。
 そのような中でも、中心になっていただいた4名の方にご尽力いただき、また他の総代さんやご門徒さんにも快くご協力いただいた結果、完工に至ることができました。

 10月30日、朝からの作業を行った後15時に、当日作業をお願いした方の他に、これまでご協力いただいていた方にも集まっていただきました。皆さんに完成した現地を見ていただき、勤行の後、完工祝いとお礼を申し上げる会を持ちました。
 ご協力いただきました皆様に心よりお礼申し上げます。

 なお、これから約50メートルにわたって「U字溝」を設置し、法面を保護する工事を追加して実施することなりましたので、しばらく作業を継続することとなっております。
 怪我のないように留意して進めたいと思います。

(写真左は6段まで積みあがったじゃかごの擁壁、右は最終6段目の完成記念撮影です)

 じゃかごは横8メートル(4メートルと2メートルのものを組み合わせます)、高さ3メートル(1段50センチのものを6段積みます)になりました。
 右の写真では、水抜き用のパイプを設置しています。1段目と2段目は土の中、あるいはブルーシートの下にあって見えにくくなっていますが、ご覧のような粘土状の土壌に悩まされました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR