FC2ブログ

331.『阿弥陀経』を読む(22)

20170529阿弥陀如来像  

[御文] 又舍利弗・極楽国土・有七宝池・八功德水・充滿其中
    (うしゃしほツ・ごくらっこくど・うしっぽうち・はっくどくすい・しゅまんごちゅう)

[訓読] また舎利弗、極楽国土には七宝の池あり。八功徳水そのなかに充満せり。

[訳文] また舎利弗よ、極楽世界には七つの宝でできた池があって、不可思議な力を持った水がなみなみとたたえられている。

 お釈迦さまは続けて語りかけられます。
 極楽浄土には七つの宝でできた池があって、そこには八つの不思議な力を持った水がたたえられていると説かれます。

 今回は七つの宝が登場します。これは少し後で、金・銀・瑠璃(るり)・水晶・硨磲(しゃこ)・赤真珠・瑪瑙(めのう)という宝物だと紹介されるのですが、その七つの宝物のうち、最初の四つは前回登場したものです。今回の「硨磲」は大蛤(おおはまぐり)あるいは白珊瑚、「瑪瑙」は深緑色の玉(ぎょく)のことで現在私たちが瑪瑙と呼んでいるものとは別のものなのだそうです。いずれにしても、金銀に加えて、美しく貴重な宝石で作られた池だということになります。

 そして「八功徳水」ですが、これについてはいろいろな説があるということで、『浄土真宗辞典』では、玄奘三蔵の『称讃浄土経』により澄浄(ちょうじょう)・清冷(しょうりょう)・甘美・軽軟(きょうなん)・潤沢(水にいろつやがありよくうるおす)・安和(飲むと身にも心にも心地よい)・除患(じょげん:飲むと過患を除く)・養根(善根を増益する)という優れた特質のある水のことだとされていました。

 また、辻本敬順氏の『阿弥陀経のことばたち』では、甘(甘い)・冷(冷たい)・軟(柔らかい)・軽(きょう:軽い)・清浄(しょうじょう:清らか)・不臭(くさくない)・飲時不損喉(おんじふそんこう:飲むときに喉を損なわない)・飲已不傷腹(おんいふしょうふく:飲み終わって腹を痛めない)という説明がありました。
 こちらの方は、インド(だけではありませんが)では生水は絶対に飲まないようにと何度も忠告されたかの地の飲料水事情を彷彿とさせる八つの功徳であり、また私たちが良い水に恵まれているということを改めて思い起させていただける言葉でもあります。

 末本弘然氏が書かれた『浄土真宗 新仏事のイロハ』という本に、この八功徳水のことがとりあげられていました。
 浄土真宗では仏壇に茶湯器やコップで水やお茶を供えしないのですが、それは「亡き人が生まれた浄土には「八功徳水」というとっておきの水がふんだんにたたえられてあり、私たちが”水道の水”を差し上げる必要はない」からだとされていました。
 その代わりに、華瓶(けびょう)という仏具を使って水をお供えします。その際、華瓶一対にシキミなどの青木を生けますが、この水は阿弥陀如来に飲んでいただくものではなく、尊い香水(こうずい)を阿弥陀如来の恵みとしていただきお礼申し上げてお供えするものだということになります。

(写真は、京都日野の地にある法界寺の阿弥陀如来のお像です。ウイキペディアから写真をお借りしています。)

 親鸞聖人は、この法界寺でお生まれになったと伝えられています。
 現在は真言宗のお寺で、11世紀末の作と伝えられるこのお像は国宝に指定されています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
スポンサーサイト



330.『阿弥陀経』を読む(21)

20170526タラヨウ2  20170526タラヨウ1  20170526タラヨウ3 

 前回に続いて、『阿弥陀経』を学びます。

[御文] 皆是四宝・周帀囲繞・是故彼国・名曰極楽
     (かいぜしほう・しゅうそういにょう・ぜこひこく・みょうわツごくらく)

[訓読] みなこれ四宝周帀し囲繞せり。このゆゑにかの国を名づけて極楽といふ。

[訳文] そしてそれらはみな金・銀・瑠璃・水晶の四つの宝でできていて、国中のいたるところにめぐりわたっている。それでその国を極楽と名づけるのである。

 前回、お釈迦さまは極楽浄土の姿として玉垣と、宝の網飾りと、並木がそれぞれ七重になっているとお話しになられましたが、これらの荘厳が全て金・銀・瑠璃・水晶という四つの宝でできており、それが国中のいたるところに巡らされているとその素晴らしさを説かれます。

 御文で「四宝」となっている部分が訳文では「金・銀・瑠璃・水晶という四つの宝」だとされていますが、これはこの『阿弥陀経』のすぐ後の部分にこの四宝が具体的に記されていることに対応しているものと思われます。
 また、その後にはこの四宝も含む七つの宝というのも登場し、極楽浄土の輝くばかりの壮麗さが余すところなく説かれています。

 瓜生津師は、このようにまばゆいばかりの宝石を描くことによって、極楽浄土が私たちが想像できる限りのあらゆる享楽的な感覚の楽しみに満ちているように描かれているのはなぜなのだろうか、と問われます。「本来、涅槃の世界である浄土は、寂滅無為のみやことわれるように、すがたやかたちを超え、人間のあらゆるはからいを超えた静寂な境界であるはずです。」

 師は、古来それは、浄土の荘厳を説くことによって、私たちに浄土を願い求める心をおこさしめるためであり、無形のものを形をもって説きあかされているとされてきた、と紹介されます。
 さらに、有形のものは単に無形のものに至るための手段にとどまらず、「人知の及ばない不可思議の世界が浄土の荘厳となって現実にあらわれ、はかり知れないはたらきを示しているのであって」、有形と無形とはものの現象と本質をあらわす一体、一如のものと受け止めるべきだとされています。

 また、中村元氏はこの荘厳の描写について、浄土経典がつくられた時代のインドが金貨の流通が最も盛んになった時代で、宝石を重んじるインドの人々の嗜好と相俟って、想像上の理想世界として浄土の荘厳が描かれたのだろう、とされています。

 理想の世界は、それぞれの時代を反映したものになるようですが、現代の私たちが想像上の理想世界を描くとしたら、どのような荘厳を思い浮かべることになるのでしょうか?

(写真は、タラヨウ(多羅葉)です。)

 前回の記事で、七重の並木に植えられていたオウギヤシ(貝多羅葉樹)をご紹介しましたが、それと似た使われ方をしたことから命名されたとして「余談」で登場した植物です。
 兵庫県の西宮東郵便局で撮った写真と、その時にもらった葉の裏側に字を書いてみたものです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

 

329.『阿弥陀経』を読む(20)

20170522金剛座  201705221オウギヤシ  20170522貝葉

[御文] 又舍利弗・極楽国土・七重欄楯・七重羅網・七重行樹
    (うしゃりほツ・ごくらっこくど・しちじゅうらんじゅん・しちじゅうらもう・しちじゅうごうじゅ)

[訓読] また舍利弗、極楽国土には七重の欄楯・七重の羅網・七重の行樹あり。

[訳文] また舍利弗よ、その極楽世界には七重(しちじゅう)にかこむ玉垣と七重におおう宝の網飾(あみかざ)りと七重につらなる並木がある。

 お釈迦さまは、ここから極楽浄土の麗しい姿(荘厳:しょうごん)について目に美しく、耳に心地よく、香りよくまた触れて心地よい理想のものとして私たちに示されます。
 今回の部分では、玉垣と宝の網飾りと並木がいずれも七重になっていると描かれます。

 この「欄楯」は装飾を施した石垣とされていて、仏塔の外側に巡らすように定められていたと伝えられます。
 つぎの「羅網」はサンスクリット語の原本では、「鈴のついた網」とされているということで、風によって美しい音を聴かせるものだったのかもしれません。
 同じサンスクリットの原本で、「行樹」はターラという樹木の並木だとされています。このターラ樹はオウギヤシというヤシ科の植物のようで、インドでは寺院の参道の左右に並べて植えられていたようです。

 いずれも七重になっている、と紹介されていますが、この「七」について、辻本敬順氏は「六道という迷いの世界を超えたさとりの数字」「古代インドでは七進法で、七は満数」「古くから神聖な数字」などという様々な説があると紹介されています。
 いずれにしてもインドでは大切な数字とされていたことは間違いのないことだと思われます。
 現在私たちも、ご往生の後に七日ごとのお勤め、四十九日のお勤めをし、七回忌、十七回忌の法要をお勤めするなど、七という数字を大切にしております。

 余談になりますが、オウギヤシという植物は胚乳は食用になり、樹液はパームシュガーの原料に、また発酵させてヤシ酒の原料になるなど大変に有用な植物です。また、その葉は古くは貝多羅葉(ばいたらよう)と呼ばれて、経典などを記すのにも使われたということです。そういう意味でも仏教にとって大事な植物だったと言えそうです。

 さらに余談ですが、日本ではタラヨウ(多羅葉)と呼ばれている植物があります。モチノキ科の植物なのですが、この植物の葉の裏側を細い針のようなもので傷つけると黒く変色することから、日本ではこれを紙の代用品として手紙などを書くのに使っていたようです。
 これがはがき(葉書き)の語源となり、タラヨウは別名「郵便局の木」とも呼ばれ、郵便局の構内にこの木が植えられていることもあります。

(写真は、本日の記事に関連のあるものです。)

 左の写真は、ブッダガヤの「金剛座」です。見えにくいのですがお釈迦さまがさとりを開かれたと伝えられる菩提樹の周辺に巡らされている「欄楯」が右下に見えます。
 中の写真はオウギヤシで、右は、オウギヤシの葉、貝多羅葉を筆記用に使用した例です。この2枚はウイキペディアから借りています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

328.ご報告:宇部北組初組会


20170519キンラン2
   20170519キンラン

 昨日5月18日、「宇部72アジススパホテル」にて宇部北組の初組会が開催されました。

 組会というのは、宇部北組の寺院の住職と門徒代表各1名で構成されるもので、年度の事業計画、会計を始め組の重要事項について審議決議する機関です。初組会はその年度の最初に開催される組会ということになります。

 当日は、『讃佛偈』をお勤めした後に市川幸佛組長からご挨拶をいただきました。その後、西念寺ご住職福川健三氏、総代会会長の藤本一則氏(お二人は山口教区の教区会議員です)を正副議長に選任、次の議案の審議を行い、いずれも承認されました。( )内は説明・報告者です。

 1.平成28年度教化活動報告(市川組長)
 2.平成28年度会計決算報告(杉形副組長:会計担当)
 3.平成28年度会計監査報告(林会計監査)
 4.大谷本廟会計報告(市川組長)
 5.平成29年度教化活動計画案(市川組長)
 6.平成29年度会計予算案(杉形副組長)
 7.各教化団体の平成28年度活動報告、会計報告並びに平成29年度活動計画案、会計予算案
  ・総代会(藤本会長)
  ・仏教壮年会(市川組長)
  ・仏教婦人会(杉担当)
  ・子供会(津室担当)
  ・連続研修会(山本担当)
  ・坊守会(若松担当)
  ・若僧会(石井担当)
  ・御同朋の謝意会をめざす運動(厚見担当)

 これらの中で次のことを確認しました。
 ・大谷本廟会計(宇部北組が大谷本廟に持っている納骨所に関わる会計)は、組会計の中の特別会計として収支し組会に報告する。
 ・組に「広報班」を設けて、HPおよび新たに検討する「組報」による広報活動を強化する。
 ・第6回の連続研修会の開催を検討する

(写真はキンラン(多分)というラン科の花です。)

 5月11日、荒滝山の登り口、赤い鳥居の近くで10株近くに出会いました。
 秋吉台周辺でごくまれに見かけるのですが、このようにまとまったのを目にするのは初めてでした。16日に同じ場所に行ったのですが、1株が残っているだけでしたので花期の短い花のようです。
 調べてみると、この植物は近年個体数を減らしていて環境省の絶滅危惧Ⅱ類(絶滅の危険性が高い種)に指定されているようです。決して掘り取ったりせずに見守ってやってください。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

327.ご紹介します:「夢追い展」

20170515チラシ  20170515ポストカード (2)  20170515ポストカード (3)

 「夢追い展」という手作りの作品展をご紹介します。
 一昨年、ご門徒さんのお孫さんの岩崎祥子さんをご紹介しましたが、祥子さんも作品を出しておられる展示会が次の要領で開催されています。

1.名称 
 「夢追い展」

2.開催日時
 5月13日~5月15日(本日が最終日です)
 いずれも9:30~17:00

3.場所
 美祢市東厚保町山中1167 和楽工房「百夢(ゆむ)」
 電話:0837-58-0145
 主催者(出品者)の柳井百合和さんのご自宅です

4.出品者と作品
 ○岩﨑祥子さん(小さな絵)
 ○柳井百合和さん(木工品)
 ○二村明さん(陶芸)
 ○山本裕子さん(テディベア)

 13日に訪ねてみました。
 会場は小高い日当たりのよい場所にあり、当日の晴天で汗ばむような陽気でした。会場はご自宅を開放されていて、手作りの作品を観て回ることができました。
 当日は、コーヒーと手作りの桜餅のセットがサービスされる無料ティータイムもあり、昭和時代を思わせる家具の置いてある部屋で、一休みすることができました。

 屋外では、花の苗の販売やミニフリーマーケットなども行われています。
 また、柳井さんの奥さんは、道路を隔てた反対側で「むらのレストラン 和桜(さくら)」もやっておられ、こちらもお勧めです。

(写真は「夢追い展」の案内と、当日求めた祥子さんのポストカードです)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

326.『阿弥陀経』を読む(19)

20170512鎌倉大仏  

「御文」 舍利弗・彼土何故・名為極楽・其国衆生・無有衆苦・但受諸楽・故名極楽
    (しゃりほツ・ひどがこ・みょういごくらく・ごこくしゅじょう・むうしゅく・たんじゅしょらく・こみょうごくらく)

「訓読」 舎利弗、かの土(ど)をなんがゆゑぞ名づけて極楽とする。その国の衆生、もろもろの苦あることなく、ただもろもろの楽を受く。ゆゑに極楽と名づく。

「訳文」 舎利弗よ、その国をなぜ極楽と名づけるかというと、その国の人々は、何の苦しみもなく、ただいろいろな楽しみだけを受けているから、極楽というのである。

 前回までに、お釈迦さまは、極楽と名づけられるお浄土に阿弥陀さまがおられて、遠い昔から今現在も説法をされていると説かれました。
 今回、お釈迦さまはこのお浄土の地がなぜ極楽と名づけられたのか、その由来を示されます。

 今回のお釈迦さまの言葉は「舎利弗」で始まります。以前にも書きましたが、お釈迦さまはこの『阿弥陀経』の中で、何回も何回も「舎利弗よ」と呼びかけておられます。その呼びかけは合計で35回にもなるのだそうですが、今回がその最初の呼びかけになります。
 これも以前に書きましたが、この「舎利弗よ」という呼びかけは、そこで説法を聞いておられたお弟子さん方への呼びかけでもあり、それはまた現在の私たち、時代は変わっても同じ苦しみにとらわれている私たちに対する呼びかけでもあります。

 お釈迦さまはまず、「その国の衆生、もろもろの苦あることなく」と説かれます。極楽浄土の人々には何の苦しみもないのだと説かれます。
 中村元氏の翻訳されたサンスクリット本ではこの部分は、「(さて、シャーリプトラよ、そなたはどう思うかーこの世界はどうして<幸あるところ>と言われるのであろうか。シャーリプトラよ。)実にかの<幸あるところ>という世界には、生ける者どもの身体の苦しみもないし、心の苦しみもない。」とされています。(シャーリプトラは舎利弗さんのこと、<幸あるところ>とは極楽を示します)
 「もろもろの苦」というのは、身と心の両方の苦しみを指しているということが分かります。瓜生津師は曇鸞大師のお言葉を引いて「心の悩みとは、是非、得失、三毒など」されています。物事が正しい、間違っているとか得だ損だという自分中心のものの見方、それに貪欲・瞋恚・愚痴という三つの代表的な煩悩、が心の悩み、苦であるということになります。
 これに体の苦も合わせて考えますと、「もろもろの苦」とは、私たちが生を受け、生きて、命の終わりを迎えるまでの過程で出遭うあらゆる悩みということになります。極楽浄土ではこれらの悩みから自由になれるのだと説かれています。

 ついで、お釈迦さまは、その国の衆生は「ただもろもろの楽を受く」と説かれます。この楽も、この世のいわゆる「楽しみ」を超えた楽を示しています。
 瓜生津師は、この楽は「地上の幸せを超えたこのうえない涅槃(ねはん)の楽しみを含意しているのです。」とされて、曇鸞大師が示された三種の楽を示されています。
 その三種の楽とは、この世の楽しみである「外楽(げらく)」、精神的な楽しみである「内楽」とその二つを超え仏法を味得する「法楽楽(ほうがくらく)」です。最初の二つの楽は時としてそれを得るために争うこともあり、またそれを失うことによる悲しみや喪失感を生じることもある楽ですが、法楽楽は仏法に遭えた楽しみであり、仏から私にいただいた楽しみでもあり、それには得失も悲しみを生じることはない、そのような楽なのです。
 お釈迦さまは、極楽浄土では衆生はそのような涅槃の楽しみも受けていると説かれているのです。

(写真は、鎌倉の大仏さんです)

 この大仏さんは坐像の阿弥陀さまで、高徳院という浄土宗のお寺のご本尊です。鎌倉時代に造像されたとされ、坐像で両手を膝の上で組んでいるところから、真言もしくは天台の信仰による造像だとされています。

 阿弥陀さまの像で、思い出したことがあります。
 だいぶ前になりますが、NHKの大河ドラマの「軍師官兵衛」の中で、石山本願寺の様子を映した場面がありました。その時に映っていたご本尊が坐像になっていたのに気づいた方がNHKに間違いを指摘され、NHKはその誤りを認めたということが話題になりました。
 私もその場面をテレビで見ていたはずなのですが、気づかずにいました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

325.『阿弥陀経』を読む(18)

 20170508阿弥陀三尊 P1080067 (2)   

「御文」 其土有仏 号阿弥陀 今現在說法 (ごどうぶツ・ごうあみだ・こんげんざいせっぽう)

「訓読」 その土(ど)に仏(ぶつ)まします、阿弥陀と号す。いま現にましまして法を説きたまふ。

「訳文」 そこには阿弥陀仏と申しあげる仏がおられて、今現に教えを説いておいでになる。

 お釈迦さまは、「この地より西方、遠く十万億の仏土を過ぎた地に阿弥陀仏と申しあげる仏さまがおられ、いまも教えを説かれている」と聴衆に説かれます。

 『阿弥陀経』に初めて阿弥陀如来のお名前が登場しました。

 『浄土真宗辞典』では阿弥陀如来(阿弥陀仏)について、「浄土真宗の本尊。西方浄土にあって大悲の本願により一切衆生を平等に救済しつつある仏。」と記されています。これに続いて「阿弥陀」というお名前の由来が記載されているのですが、それは『阿弥陀経』の後の部分でお釈迦さまが説かれていますので、そちらで学びたいと思います。

 『辞典』ではさらに、「『大経』には、過去無央数(むおうしゅ)劫に一人の国王があり、出家して法蔵と名乗り、世自在王仏の弟子となって、諸仏の浄土を見て五劫の間思惟して四十八願をおこし、兆載永劫(ちょうさいようごう)の修行を経て今から十劫の昔に阿弥陀仏となって西方に浄土を建立したと説かれている。」とされています。

 法蔵菩薩は、私たちには計り知ることができない気の遠くなるような長い間思惟を巡らして四十八願を立てられ、それよりもさらに長い間、私たちに代わって行を修められました。そして、さとりをひらかれ阿弥陀仏となられお浄土を建立されました。それは今から遡ること十劫の昔で、以来いまも現に教えを説いておられるのです。
 法蔵菩薩がこのように想像もつかないような長い時間をかけて思惟を尽くし、修行されなければならなかったのは、その救いの対象たる私たちの煩悩、悪業が余りにも深く、私たちがまさしく「救い難い」存在であったからだと教えていただきました。

 親鸞聖人は、『正信偈』の依経段の最初の部分で、法蔵菩薩がさとりをひらかれる大変なご苦労を「法蔵菩薩因位時 在世自在王仏所 覩見諸仏浄土因 国土人天之善悪 建立無上殊勝願 超発稀有大弘誓 五劫思惟之摂受 重誓名声聞十方」と記されて、讃嘆されています。

(写真は、京都の三千院「往生極楽院」に安置されている阿弥陀三尊像と秋の三千院です。三尊像の写真は手元にありませんでしたので、ウイキペディアから借りています)

 浄土真宗のご本尊の阿弥陀さまは立像ですが、他の宗派では坐像の阿弥陀さまも多く見られます。この三千院の三尊像の両脇侍(きょうじ:観音菩薩と勢至菩薩)は、日本式の坐(正座)像という珍しいものです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 

324.降誕会をお勤めしました

20170505集合

 5月3日、降誕会をお勤めしました。

 当日は、晴れの心地よい天候に恵まれ、境内のフジもほぼ満開になりました。

 ご講師には、宇部小野田組の教正寺の姫路香紀師をお迎えいたしました。
 午前のみでしたが、親鸞聖人のご誕生よりその後のご生涯の中で聖人がお示しになったみ教えについてお聞きすることができました。

 向拝での集合写真の後、恒例の餅(お菓子)撒きをおこないました。これは、ご門徒さんからお寄せいただいたご懇志や直接お持ちいただいたお餅やお菓子を使って行うもので、総代さんが撒かれるお菓子などをワイワイと集めました。

 その後、庫裏でお斎(とき)をご一緒にいただき行事を終えることができました。
 
 降誕会でも多くの方にお世話になりました。
 すでにご報告しましたように、総代さんには4月29日に草刈りをお願いしました。
 前日の5月2日には杉山博子さん、井上幹子さんに本堂の準備を、また、当日は仏教婦人会の皆さんにお斎の準備から給仕、後片付けをお願いしました。
 皆さま、お忙しい中お力添えいただきましたこと厚くお礼申し上げます。

  20170505藤棚   20170505餅まき
 こちらの写真は、当日の藤棚と餅まきの様子です。

(写真は恒例の集合写真です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

323.降誕会の準備を行いました

IMG_2487.jpg  20170501フジ

 4月29日、降誕会に向け、総代さんと一緒に境内周辺の草刈りを行いました。
 10名の総代さんにお集りいただいて、朝9時から約1時間半、駐車場、石段周辺および寺への道路周辺の草刈りをお願いしました。快晴のもと、汗をかきながら順調に作業を終えることができました。

 お話しをお聞きしていますと、午後にはご自分の田の作業があるという総代さんもおられました。お忙しいところご協力いただきお礼申し上げます。

 なお、降誕会は次によりお勤めいたします。餅まきも行いますので、お子さんもご一緒にお参りいただきたいと思います。

1.日時
 5月3日(祝) 10:00~(午前のみ)

2.場所
 壽福寺本堂

3.ご講師
 宇部小野田組 正教寺 姫路 香紀 師

4.その他
 ・おときを準備いたします。
 ・お寄せいただいたご懇志で餅(お菓子)まきを行います。

(写真は、作業を終えたみなさんとフジです。)
 藤棚の前で撮影しました。
 このフジ、昨年は花が咲かずに寂しい降誕会だったのですが、今年は咲き始めていますので楽しみです。右の写真は草刈の翌日、4月30日の様子です。一日で随分咲き進みました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR