FC2ブログ

279.お正信偈を読む(57):依釈段(34)/源空讃(1)


20161128源空聖人
 

 「お正信偈を読む」は七高僧の第七祖、浄土宗の開祖源空聖人です。

[御文] 本師源空明仏教 憐愍善悪凡夫人 (ほんしげんくうみょうぶっきょう れんみんぜんまくぼんぶにん)

[訓読] 本師源空(げんくう)は、仏教をあきらかにして、善悪の凡夫人を憐愍(れんみん)せしむ。

[訳文] 源空上人は、深く仏の教えを極められて、善人も悪人もすべての凡夫を哀れんで、・・・

 源空聖人(法然聖人)は、1133年美作の国に生れられました。第六祖源信和尚が入滅されてから116年後です。
 聖人の父はこの地の治安を担当する豪族でしたが、聖人が9歳の時に暗殺されるという悲劇に遭われます。父は臨終に際して、決して敵を恨んで復讐をするようなことは考えないように、という遺言を聖人に残されました。

 聖人は父の遺言に従って、出家され菩提寺に入られました。菩提寺の師は若き聖人の明晰なことを感知し、聖人を伴って比叡山に登られ、聖人は比叡山で天台の学問を学ばれました。しかし、聖人はその学問の中では安住の光を見出すことができず、奈良や洛外の諸師を訪ねられ、生死を超える道を求められました。聖人が求められていたものは、聖者のみならず凡夫も等しく浄土に生れることができる道だったのですが、聖人が訪ねられた諸師からその答えをえることはできなかったと伺いました。

 そのような中、聖人は善導大師の『観経疏』の「散善義」の「一心にもつぱら弥陀の名号を念じて、行住坐臥に時節の久近を問はず念々に捨てざるは、これを正定の業と名づく、かの仏の願に順ずるがゆゑなり。」の文に出遭われ、善導大師の称名念仏の教えに帰依されることとなりました。
 
 その後、聖人は比叡山を降りて東山の吉水に庵を設けられて、あらゆる階層の人に浄土念仏の教えを広められました。
 時代は、貴族による統治が弱体化し武士が台頭した時代です。天災、飢饉、疫病の流行などで人々が不安におののいていた時代でもあります。このような混乱を極める時代に対して、南都(奈良)や北嶺(比叡山)の在来の仏教は人々を救う力を失っていたと伝えられます。
 そのような中、男女や階層に関わりなく全ての人々が念仏によって救われると説かれた法然聖人の教えは乾いた土に水が吸い込まれるように急速に広がり、聖人の庵は多くの信者が集う念仏の場となっていきました。

 親鸞聖人がこの法然聖人のもとを訪ねられたのは1201年、親鸞聖人29歳、法然聖人69歳の時と伝えられています。親鸞聖人はその日から百日の間毎日法然聖人の庵に通い教えを聞かれて、ついに20年を過ごされた比叡山を降りられ源空聖人の門に入られました。

 法然聖人は、これに先立つ1198年、求めに応じて『選択本願念仏集』を著されました。その中で、法然聖人は、称名念仏こそが阿弥陀仏によって選ばれた衆生往生のための行であり、聖道門の自力の修行は阿弥陀仏が選び捨てたものだということを示されました。法然聖人はこの教えが在来の各宗から反発を受けるものだということを認識しておられ、この書を他人に見せないようにと指示されていたと伝えられています。
 しかし、法然聖人のこの教えは在来の各宗から猛反発を受けることになり、その後の聖人師弟の長きにわたるご苦労の因ともなるものでした。 

(写真は、寺の源空聖人のご絵像です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 
スポンサーサイト



278.お正信偈を読む(56):依釈段(33)/源信讃(4)

20161125高瀬湖 

 前回に続く源信讃の最後の3句です。

[御文] 我亦在彼摂取中 煩悩障眼雖不見 大悲無倦常照我
    (がやくざいひせっしゅうちゅう ぼんのうしょうげんすいふけん だいひむけんじょうしょうが)

[訓読] われまたかの摂取(せっしゅ)のなかにあれども、煩悩、眼(まなこ)を障(さ)へて見たてまつらずといへども、大悲、倦(ものう)きことなくてつねにわれらを照らしたまふといへり。

[訳文] 「・・わたしもまた阿弥陀仏の光明の中に摂め取られているけれども、煩悩がわたしの眼をさえぎって、見たてまつることができない。しかしながら、そのようなわたしを見捨てることなく常に照らしていてくださる」と述べられた。

 今回の3句は、源信和尚が著された『往生要集』の中の次の御文によるものと伺いました。
 「我亦在彼摂取之中 煩悩障眼雖不能見 大悲無倦常照我身」

 親鸞聖人はこの御文を解して「すべてのものを摂め取ってお捨てにならないという阿弥陀仏の慈悲のお心をあらわしておられるのであり、『観無量寿経』に説かれている「念仏衆生摂取不捨(念仏の衆生を摂取して捨てたまわず)」の意味を源信和尚は解き明かしておいでになると知るがよいということである。」と説かれています。

 前回の1句で、源信和尚は、五逆十悪の「極重の悪人」(である私たち)はただ阿弥陀如来の名号(念仏)を称えることによる以外に救われる道はないと示されました。
 そのような私たちは阿弥陀如来の救いの光明の中に摂め取られているのですが、私たちは煩悩に邪魔されることによってそのことに気づかずにいます。しかしそのような私たちも阿弥陀如来の光は届き、私たちは護られているのだと源信和尚は示されているのです。

 親鸞聖人の750回大遠忌に当たって制定された「宗祖讃仰作法 音楽法要」に取り上げられた次の和讃(高僧和讃)はこのお心を表されたものです。
 「煩悩にまなこさえられて 摂取の光明みざれども 大悲ものうきことなくて つ子にわが身をてらすなり」
 和讃とそれに続く念仏の部分は特に印象深く残っています。

 また、この「無倦」という言葉は個人的にも印象に残っている言葉です。
 大阪の津村別院に中央仏教学院通信教育同窓会大阪支部という組織があって活発に活動されています。その機関誌のタイトルが「無倦」で「煩悩にまなこさえられて・・・」のこの和讃のおことばが表紙になっています。

 この同窓会大阪支部では、通信教育の受講者を対象にして「つどい」学習会が開催されています。もう10年以上前になりますが、私も専修過程を受講する3年間この学習会でお世話になりました。毎月2回ほぼまる一日、役員の方々の手作りのテキストを教材にして学科の指導をしていただき、また声明の実地の指導もしていただきました。
 皆勤というわけにはいきませんでしたが、会社員の生活の傍らの学習会で、年齢も様々な受講者の方々と一緒に学ぶことができた3年間でした。

 そのようなこともあって、機関誌の「無倦」を送っていただくたびに感謝の気持ちとあわせて当時のことをなつかしく思い出しています。

(写真は、周南市の高瀬湖の紅葉です。前回の紅葉谷と同じ日に訪ねました)

 この高瀬湖には初めて行ったのですが、周囲の山々の紅葉が水面に映り息をのむような光景でした。他に人影もなく、この景色を独り占めした思いでした。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

277.お正信偈を読む(55):依釈段(32)/源信讃(3)


20161121紅葉谷
 

  しばらく間が空きましたが、「お正信偈を読む」の源信讃(3)です。

[御文] 極重悪人唯称仏 (ごくじゅうあくにんゆいしょうぶつ)

[訓読] 極重(ごくじゅう)の悪人はただ仏を称すべし。

[訳文] 「きわめて罪の重い悪人はただ念仏すべきである。

 源信和尚が著された『往生要集』は後の時代の思想面に大きな影響を与えただけではなく、その影響は文学や芸術の分野に及んだとされています。
 和尚は、この書の最初に地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人間、天上という六つの迷いの世界(六道)を描かれ、これに対して迷いの因果をこえたさとりの世界である極楽浄土の素晴らしさを示され、そのうえで往生浄土の実践法として念仏について詳細に説かれています。
 そういう意味では、地獄と極楽を説く部分は『往生要集』のいわば「序文」に当たるのですが、和尚が六道の中でも地獄について特に八大地獄として詳細に描写され、それを受けて地獄を描いた絵入りの本がたくさん刊行されるなどによって、この著書が「地獄と極楽」を描いた書だと一般的に受け止められるようになったということです。

 その「地獄」について『浄土真宗辞典』にたずねると、「自らの罪業の結果として衆生が趣く苦しみのきわまった世界」とされています。
 『往生要集』で示されている地獄に堕ちる因となる罪業を見ると、殺生、偸盗、邪淫、飲酒、妄語などがあげてあり、決して私たちとは関係ないことだと言えるものではありません。現実の生活の中で大小様々な悪を犯さざるを得ない私たちにとって、畢竟その行く先は「地獄」の他ない、御文にある「極重の悪人」とは、私たちの姿そのものだと思い至るのです。

 この私たちが逃れることができない「罪悪性」についてどのように対応することができるのでしょうか。

 すでに学びましたように、聖道門の立場では、修行という自分自身の努力によって自身の罪、煩悩を取り除くことを追求していきました。一方、自身の罪悪は自身の力では除くことができない、仏の他力に依ることによってしかそれはできない、とするのが浄土門の考え方でした。
 源信和尚は『往生要集』に『観無量寿経』の意を引かれて、「極重の悪人は、他の方便なし。ただ仏を称念して、極楽に生ずることを得」と記されています。『往生要集』は表面的には聖道門の書とされているのですが、このように和尚は罪悪深重の私たちが救われる道はお念仏しかない、と示され、親鸞聖人は本日の1句ででそのことを讃嘆されているのです。

(写真は、岩国市の紅葉谷公園の紅葉です)

 先日、好天気に誘われて出かけてきました。
 錦帯橋の近くにあるこの公園は紅葉の美しいことで知られています。もう40年近く前になりますが岩国に住んでいたことがあり、それ以来久し振りの紅葉谷でした。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 

 

 
 

276.「平成28年熊本地震義援金」を届けました


20161118くまもん2
   20161118くまもん1   20161118くまもん3

 6月10日の記事でお知らせしました「平成28年熊本地震」義援金を組長にお渡ししました。

 義援金は次の通りでした。
  くまモンの募金箱を設置するまでにいただいていた義援金  2,233円(東北大震災義援金)
  くまモンの募金箱設置以降にお寄せいただいた義援金   12,570円

 11月9日に、両者を合計した 14,803円(15,000円として)を熊本地震義援金として組長にお届けしました。各寺院から寄せられたものが宇部北組として山口教務所に届けられます。

 多くのご支援をいただきありがとうございました。

(写真は「くまモン」です)
 「くまモン」のオフィシャルページからダウンロードできるようになっていましたので、使わせていただきます。それぞれタイトルがついていまして、左から「くまモンーリンゴ持つ」「くまモンー走る」「くまモンー寝る」だそうです。
 寺の募金箱に使ったイラストは「くまモンー座る」でした。

 この「くまモン」は2010年に熊本県庁が採用した熊本県PRマスコットキャラクターで、2011年度の「ゆるキャラグランプリ」で第1位になったのだそうです。ついでに、山口県のマスコットキャラクターは「ちょるる」ですが、こちらは2012年のゆるキャラグランプリで準グランプリを獲得したのだそうです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

275.連続研修会が終了しました

IMG_1973 (2)   IMG_1968 (2)

 昨年9月以来開催されてきました連続研修会(連研)は、11月12日に西念寺さんで第12回の研修会を開催しました。これで厚狭北組当時から通算して第5期の連研は、12月に予定されている懇親会を残して予定を終了することができました。

 当日は、最初に厚見崇ご講師より、連続研修会の意義と「自他共に心豊かに生きる」ということについてお話しを伺い、その後3つのグループに分かれて次の内容で話し合いを行いました。
 ・今回の連研を通して、何を感じ、何を思いましたか?
 ・連研を終えて、今後、どのような行動・生活をしていきますか?

 グループでの話し合いの後に、各グループからその内容について発表していただきました。その中では、次のようなことが報告されていました。
 ・浄土真宗の基本を学ぶことができた。これまで誤解していたことに気づくことができた
 ・夫婦で参加し同じ方向を向くことができ、家族にも話ができるようになった
 ・多くの人と知り合うことができた。想像した以上に気楽に参加できた
 ・連研に参加して他のお寺の姿を見ることができた

 この報告についてご講師からは、今回の研修を受けて行動が変わらなければならない、と義務のように思う必要はありません、新しい見方ができるようになって、おのずから意識や行動が変わっていくということを体験していただければ嬉しいことです。また、連研を受講してよかったという感想を他の方にも伝えていただきたい、というコメントをいただきました。

 最後に閉会に当たって、市川組長から次の3つの点でお礼を申し上げたいとご挨拶がありました。
 ・先ほど受講者の方々から多くのことを学んだという報告をいただきましたが、連研を運営し、講師を担当した法中のメンバーもたくさんのことを学び、育てていただきました
 ・この連研は旧の厚狭北組、宇部北組が合併した後に取り組んだ大事な事業の一つであり、成果を上げることができました
 ・受講者の方々から、日ごろ気づくことができなかった生の声を聴かせていただきました。今後の寺院の運営に生かしたいと考えています

 なお、今後連研をどのように運用するのかということについては、関係者で協議して方向を定めることにしたいと説明がありました。
 受講者の皆さん、連研を企画運用された皆さん、講師を担当いただいた皆さん、ありがとうございました。

(写真は、昨日の境内のイチョウです。研修会の写真を撮り損ねましたので、代打で登場です。)
 今年は色づきが遅く、鮮やかさにも欠けているように思えます。気候のせいでしょうか?

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

274.「御同朋の社会を目指す運動」研修会、協議会

20161111御同朋の社会   20161111御同朋の社会1

 11月9日、小野の宝林寺さんを会所に「御同朋の社会を目指す運動」関連の研修会および協議会が開催されました。「御同朋の社会を目指す運動」に関わる研修会や協議会が開催されるのは初めてのことだと伺いました。

 午前中は、「御同朋の社会を目指す運動」人権啓発推進僧侶研修会が宇部北組の僧侶を対象に開催されました。14名の僧侶が出席し、山口教区の木下教務所長のご講話をお聞きしました。
 木下所長からは、「浄土真宗本願寺派宗制」(宗門の基本法規にあたります)および「宗法」の中で、本宗門が「自他共に心豊かに生きることのできる社会の実現に貢献するものである。」と規定されていることが紹介され、社会に貢献するという宗門の(僧侶の)基本的な使命が示されました。その使命を実現するために「御同朋の社会を目指す運動」の推進が定められ、宗門、教区および組に組織が設けられたという経緯が紹介されました。
 
 午後には、「御同朋の社会を目指す運動」推進協議会が開催されました。この推進協議会には組内の僧侶とご門徒さん合わせて40名近い方々にご参加いただきました。壽福寺からは志賀学さんがご門徒さんとして出席されました。
 最初に木下所長から当日のメインテーマである「開かれたお寺とは?」について問題提起をいただきました。その後、出席者は4グループに分かれて話し合いを行い、その内容を報告し、ご講師よりまとめをいただきました。

 住職は、午前中の司会と午後には閉会の挨拶を担当しました。

 午前、午後を通じて感じたことを記しておきます。

 木下所長は計画を立てて実施する過程で「PDCA」を回すことが大切だという指摘をされました。
 この「PDCA」(のサイクル)を回す、ということは一般の企業ではごく普通に行われることなのですが、宗門の中でこの言葉を耳にしたのは初めてのように思います。会場からの声にもありましたが、戸惑いのようなものがあるのかもしれません。
 所長が言われたかったのは、「計画を立ててやりっぱなしではいけない」ということだと受け止めました。計画して(Plan)、実行して(Do)、その結果うまく行ったのか、あるいは所期の成果が上がらなかったのか、その原因、要因は何だったのか、を確認して(Check)、次の行動につなげる(Action)というサイクルが必要だと言われたのだと思います。
 そのためには現象を定量的に(数値化して)捕らえるということも必要になると思われます。宗教活動にこのサイクルを取り入れることは企業の活動を対象にするのとは違ったアプローチが必要になるかもしれませんが、このような見方も持ちながら活動を推進していくことは必要だと思います。

 午後グループで行われた話し合いの内容が報告されたのですが、やはり多くのグループから「過疎」の問題が指摘されていました。
 これに対して、木下所長から「過疎、過疎と言いすぎるのは自分で自分の元気を削っているようなもの」「過疎のプラス面も考えてはどうか」という指摘がありました。
 ご講師は、過疎のプラス面としてご門徒さんとの距離感が近いことをあげておられました。例えば千人を超えるようなご門徒さんがおられる寺院では、ご門徒さんの個人の顔、人となりはつかみようがないでしょう、ところが「過疎」の寺院では一人ひとりのご門徒さんのことをよく知っておられるはずです。「ご門徒さんが亡くなられたらご住職がすぐに駆けつけることができるでしょう」というご指摘でした。
 これは、私が気づかずにいたことでした。というよりも、至極当たり前のことだと思っていましたが、なるほどそのように見ることもできるのだなあ・・・という思いでした。この観点から寺院や僧侶の役割を捉えなおすことも必要だと思いました。

 「自他共に心豊かに生きる」ということの難しさを改めて感じています。自身が心豊かに生きることも極めて難しいと感じていますが、他の人々とともに心豊かに生きる、ということはどういうことなのでしょうか。
 ここでは、少なくとも、私が他の人が心豊かに生きることができないように行動してはいけない、そのような人がいるのを見て見ぬふりをしてはいけない、とまずとらえるところから始める必要があるように思います。
 ご講師のお話しにもありましたようにこの「御同朋の社会を目指す運動」の基本に差別をしてはならない、という重要な命題が置かれています。例え私が「心豊かに」生きていたとしても、他の人を差別しながら、あるいは他の人が差別されていることから目を背けながら、生きているのであれば、それは私が本当に心豊かに生きていることにならない、ということを常に思い返しながら生きていくことが必要なことだと感じています。

 閉会の挨拶でも少し触れたのですが、昨年の公開講座「寺院公共性」でのご講師の言葉「寺は欲や怒りに連れられて参るところ」が思い出されました。
 私たちは、現実の社会で抑えようのない欲や怒り、不平、不満、愚痴といったたくさんの荷物(煩悩)を背負って生きています。その荷物を背負ったままお寺に来ていただいて、仏さまの前に座り、あるいは法話を聞き、住職と話をすることによって、その荷物のほんの一部でも軽くしていただくことが寺や僧侶の役割なのだろうと思っています。そしてそのような寺を作り維持することにはご門徒さんの協力、支援が必要なことは言うまでもありません。
 ここに、木下所長が言われた「過疎寺院のプラス面」を生かす道もあるように思いました。

(写真は木下所長のご講話とグループでの話し合いの様子です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

273.報恩講をお勤めしました


20161107報恩講2 (2)

 昨日、11月6日報恩講をお勤めしました。朝から暖かさを感じる天候にも恵まれて、40名を超える方にお参りいただきました。

 ご講師には、一昨年の報恩講以来となります願生寺の山名真達師にご出講いただきました。

 ご講師からは、私たちは信心をいただいて、この世に縁が尽きるときにはお浄土に迎えられることが定まった存在なのだとお示しいただき、この阿弥陀如来のお救いは私たち一人ひとりに向けられていて、親鸞聖人が「弥陀の五劫思惟の願をよくよく案ずれば、ひとへに親鸞一人がためなりけり。」と仰られたように、この私がどのようなものであっても、救わずにはおれないと差し伸べられたものだとお示しいただきました。

 今回も、多くの方にお世話になりました。
 総代の三役の皆さんには、受付をお願いしました。
 伝統料理の「けんちょう」や味噌汁の調理、お斎(とき)の給仕、後片付けには、仏教婦人会の各地区の役員の方にお世話になりました。前回の記事にも書きましたように、前日から材料の仕込みにおいでいただくなどお手数をおかけしました。
 お礼申し上げます。

 次の写真は、調理場の皆さんと準備いただいたお斎(とき)です。

 20161107報恩講1   20161107報恩講3

(最初の写真は、恒例の集合写真です)
 今回は暖かい日差しの中で撮影することができました。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

272.報恩講のご案内です

IMG_1938 (2)   IMG_1934 (2)

 下記により報恩講をお勤めいたします。お誘いあわせのうえ、お参りください。

1.日時
 11月6日(土)10:00~(午前、午後)

2.ご講師
 山名 真達 先生(厚狭西組 願生寺)

3.その他
 ・お斎をご準備します
  副菜として報恩講の伝統料理「けんちょう」を準備します。この「けんちょう」はダイコンと豆腐を主な材料として作るものですが、なかなか美味しいものです。前日から仏教婦人会の皆さんにご準備いただきますので、楽しみにしてください。

 ・午後に勉強会を予定
  秋法座では台風接近のため中止となりましたが、勉強会を短時間でも実施したいと思います。

(写真は、現在の寺の様子です)
 10月30日に草刈りを行ってすっきりした石段周辺と準備の終わった本堂内部です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR