FC2ブログ

235.オバマ大統領のスピーチ(4)

20160627ノウゼンカズラ1   20160627ノウゼンカズラ2

 5月27日にオバマ大統領が広島で行ったスピーチについてこれまで3回にわたって見てきましたが、今回はこのスピーチに対する反応、論評について見てみたいと思います。
 大統領のスピーチに対しては色々な立場からコメントがなされています。これらの反応を見てみると、核兵器に対する考え方、戦争というものに対する考え方に大きな開きがあって、核兵器を廃絶する、戦争をなくすということ、それに向かって歩を進めることの難しさを改めて感じます。

 まず、大統領が広島を訪問しスピーチを行うことについては、米国内で様々な意見があったと伝えられています。
 大統領自身は広島を訪問したいという強い希望を持っていたといわれていますが、米国内にはそれが原爆投下に対する謝罪を意味するものになるという強固な反発がありました。米国には、原爆投下は第二次大戦を早期に終結させるために必要だったという見方が強ことによります。
 そのような背景でなされた大統領の広島訪問とスピーチは、大統領自身の強い思いと米国内の世論の動向との両方を考慮したのもとならざるを得ず、大統領は日本訪問の直前まで何度もスピーチの原稿を推敲し、スピーチは当初の予想を超える17分間のものになりました。
 この原爆投下に対する謝罪について日本政府はそれを求めてはいませんでしたし、民間の調査でも謝罪を求める声は大きくなかったと伝えられています。

 大統領のスピーチに対する反応ですが、日本での受け止め方は「よく広島を訪問してくれた」「核兵器のない世界を求めるという決意を述べてくれた」と高く評価するものでした。各党から出されたコメントも、共産党も含めて「歴史的な一歩となる行動だった」と評価するものでした。
 原爆投下に対する謝罪についても、「謝罪をしてほしいという気持ちもあったけれど、それよりも広島に来てもらって原爆の悲惨さを実感してもらい、核兵器廃絶に向けての発言があってよかった」という受け止め方が多かったのではないかと思われます。

 米国内の反応も、リベラル派を中心に訪問とスピーチを評価する声が多いという報道が中心でした。ただ、オバマ大統領のこれまでの外交を「弱腰」と批判してきた共和党の保守強硬派にはその延長線上での批判があることも報道されており、「真珠湾攻撃など原爆投下に至る歴史的背景に触れられていない」という見方もあったようです。

 ヨーロッパの各国の反応も、多くは広島訪問とスピーチを高く評価するものでした。その中には、「オバマ氏が『道徳的な革命』という新たな視点を持ち出して核兵器の人道上の問題点に踏み込んだ点で前進」だと評価するコメント(ジュネーブ安全保障政策センター)もありました。

 一方、ヨーロッパ以外の国の評価は少し違ったものになっているようです。
 中国は「日米が核抑止力に依拠した政策を取りながら、核廃絶の理想を主張しているのは矛盾している」というコメントを出しています。
 ロシアではプーチン政権寄りの報道機関からの報道は少なく、政府関係者の目だった発言もなかったようです。日ロ、米ロ間の微妙な現状の反映だと思われます。
 南アジアの核保有国であるパキスタンからは、「謝罪しなかったことで、米国は有事の際に再び核を使う考えがあることを示した」という指摘があったという報道もありました。

 韓国では、韓国政府は「他国の外交日程に関することなので大統領の広島訪問については『理解する』」としていますが、報道機関には、「大統領の広島訪問は日本の『戦争被害国イメージ』を拡大させる狙いがある」として、従軍慰安婦問題などについて免罪符にしようとしているという主張があるようです。
 また北朝鮮は、大統領の広島訪問には「『核なき世界』を改めて力説し、世界最悪の核犯罪者としての正体を隠そうという邪心がある」と非難していると伝えられています。

 このように、今回の大統領の広島訪問とスピーチは、それを実行する側にも、それ受ける側にも、それを外部から見る側にも様々な受け止め方があるものだと、改めて強く感じさせられました。

 中国が言っているように(ただその発言の真意は違うものですが)、大統領の志向には、世界最大の核戦力を抑止力として使っていながら核の廃絶を目指すという(唯一の被爆国である日本もその核の傘の元にあるという)「矛盾」があるということは間違いないことだと思います。現実の政治の中で目指すべき理想を持とうとすると、どうしてもそのような矛盾の中で判断し行動せざるを得ないということは、前回までに見てきたところです。  
 このような矛盾の中にあるということを安易に受け入れるのではなく、常にそれを認識しながら、一歩でも望ましい方向に進むという現実的な行動をとることが必要だと思われます。

 大統領が、人類が互いに争いあうという「本能」をそのままにして核兵器という破壊的な力を持つに至ったことを指摘し、その対策について提言し、核保有国が負わなければならない責任について言及していることに関する報道は余り見られないように思いました。
 その対策については、私たちがこのような「本能」(「煩悩」)を等しく持っていることを認識することから始め、具体的な方策を共同して検討する必要があるように思います。このことも利害が厳しく対立する現実の中では非常に難しいことだと思われますが、一歩でも進むことを目指さなければならないと思います。

(写真は、ノウゼンカズラです。)

 ちょうどこれから花期を迎える植物です。右はアメリカノウゼンカズラという種で、左のものに比べて花は小ぶりで細長いのが特徴です。
 ノウゼンカズラは中国原産の植物で、漢字では「凌霄葛」。凌霄は「霄(そら)を凌(しの)ぐ」の意味で、蔓によって高く伸びるところから来ているということです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)
 

続きを読む

スポンサーサイト



234.山口別院設立30周年


20160624別院30年1
   20160624別院30年2

 去る6月10日、山口別院で永代経法要と併せて本願寺山口別院設立30周年の記念法要がお勤めになりました。
 壽福寺からは住職と岩﨑明さん、志賀信子さんがお参りしました。

 本願寺の山口別院は、1985年に当時の本願寺萩別院、本願寺岩国経堂および本願寺山口会館を統合する形で、本願寺山口別院として現在地に新設され、1986年10月に落慶法要が勤められたものです。

 当日は、午前中は「十二礼作法」、午後は「宗祖讃仰作法」(音楽法要)によるお勤めが勤修されました。
 
 お勤めに続く記念法話では、大阪教区から小林顕英師をお迎えしてお話しを伺いました。

 ご法話の中で印象に残ったことを記します。

 九州(熊本地方)で、お通夜に「目覚(めざまし)」と表書きをしたお供えを持参する地域があるのだそうです。初めて伺ったお話しで興味をもってお聞きしました。この「目覚」には次のような意味があるのだそうです。
 ○かつては通夜の夜、一晩中眠らずに起きておれるようにと米やお菓子に「目覚」と書いて持参したことが起源で、現在では現金を持参するようになったもの。
 ○亡くなられた大切な方にもう一度目を覚まして欲しいという願いが込められたもの。
 ○残されたご遺族に、大切な方のご往生を機縁にして「仏法に目覚めて」もらいたいと念じたもの。
 という意味があるということです。

 ご講師も仰っておられましたが、残された遺族が大切な方の死を通して「人は必ず死を迎えるもの」ということを改めて意識されるということは、往生された方が最後に残された大切なメッセージということになります。
 ご講師によれば、私たちが後に残せるものは次の二つなのだそうです。
  骨:人は必ず死んでいくものということを表します
  思い出:仏縁を受け継いでほしいという思い

 人の死亡率は100%です、というと皆は「えーッ」という反応を示すのだそうです。
 考えてみれば当然のことなのですが、普通には自分が死ぬとは思っていない。「我やさき、人やさき」ではなくて「人やさき、人やさき」なのだとご講師は言われます。

 私たちはいつも死の一歩手前にいるのだけれど、それはまだまだ先のことだと思っています。しかし、今回の地震でも改めて感じたのですが、今日があったから明日も間違いなくあるのではない、一瞬一瞬がかけがえのない大切な時なのだと感謝しながら生きていくことが重要だと実感した次第です。

 「仏法に遭う」ということは、次の三つのことに気づかせていただくことだというご講師の言葉を改めて味わいたいと思います。
 ○私たちの命には限りがあること
 ○死はいつやって来るのか予測できないこと
 ○そして、その時に私たちの命には帰るところがあるということ

(写真は、お勤めの様子とご講師の小林師です)

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

233.新聞版「壽福寺だより」を発行しました

20160620新聞1  20160620新聞2

 新聞版「壽福寺だより」の6月号を作成しました。これからご家庭にお届けします。
 今回は新聞と併せて、来年4月に実施します宇部北組の伝灯奉告法要団体参拝のパンフレットもお送りします。是非ご参加ください。

 6月号の内容です。

[1面]

 「降誕会をお勤めしました」
 「熊本地震にご支援を」
  支援センターの設置に関する情報と、募金への協力要請です
 「伝灯奉告法要団体参拝のご案内」
 「夏法座のご案内です」

[2面]

 「トイレの改修を行いました」
 「壽福寺を会場に連続研修会を開催」
 「宇部北組仏教婦人会連盟の大会を開催」

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

232.トイレ改修が完了しました

20160613トイレ   20160613トイレ1

 以前、ご報告しましたようにトイレを改修する作業を行ってきましたが、6月11日に完了しました。
 以前から足や腰に痛みがある方には和式のトイレは使いにくい、という声をいただいていたのですが、これで改善することができました。

 今回、トイレを洋式の便器に置き換える工事を行いましたが、それに合わせて壁や廊下の改修を行いました。洋式の便器を入れるにはそれまでの部屋では狭いということで、外壁を拡張するという工事も行いました。
 5月8日に作業を開始して以来、今橋庄二さんを中心に井上啓志さん、徳田順久さんの総代三役の方で作業を進めていただきました。また、今橋さんご夫妻には三人で作業をする日以外にも、おいでいただいて作業をされる日も多くあり、皆さんにはお忙しいなか、大変なご尽力をいただき完了することができました。

 以前にも書きましたが、杉の木の伐採から始まり製材、加工、大工仕事までできることは自分たちの手で、と作業を進めていただきました。建物の既存の構造を残して改修を行うというのは、新築するのに比較して多大の手間を要するものだということを今回実感しました。
 有り難く厚くお礼申し上げます。 

(写真は、改修されたトイレと廊下です)

 本職の大工さんの仕事かと見紛うほどの出来栄えです。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

231.壽福寺を会場に第8回連続研修会を開催


20160617連研
   20160617案内板

 6月11日、壽福寺を会場に宇部北組の第8回連続研修会が開催されました。
 この連続研修会は、宇部北組の各寺院が持ち回りで会場となり、住職が講師を分担して進めているものです。

 当日の研修テーマは「念仏」でした。
 19名の受講者は、浄誓寺の鶴山ご住職からテーマについて問題提起をいただきました。その後、3つのグループに分かれて話し合いを行い、その内容について各グループから報告をし、最後にご講師にまとめていただくという形で進めました。

 ご講師からは、「南無阿弥陀仏」という称名念仏が2500年の時を経ていま私たちに伝えられていること、念仏は「われに任せよ、われよく汝を護らん」と呼びかけておられる阿弥陀如来のよび声であること、などお念仏にかかわるをお聞かせいただきました。
 「悲しいときは悲しいままに、嬉しいときは嬉しいままに・・・そのままお念仏申しましょう」というご講師の言葉が印象に残りました。

 グループでの話し合いは、本堂で2グループ、庫裏で1グループの3つのグループに分かれて行いました。

 今回の研修会開催に当たっても多くの方々にお世話になりました。

 5月から庫裏のトイレの改修作業を行ってきましたが、この研修会開催に間に合うようにと進めていただきました。後半の作業ではほとんど毎日のように作業を行っていただき、間に合わせることができました。

 11日の午前中にはトイレ改修の最終作業と合わせて、会場の準備や掃除を行いましたが、受講者の井上啓志さんご夫妻、杉山昭彦さんご夫妻には、トイレ周辺の清掃、ガラス拭き、障子の張替などでもご協力いただきました。
 また、両ご夫妻には、駐車場への誘導、整理も行っていただくなど、大変なご協力をいただきました。

 おかげさまで、当日の研修会を無事に終えることができました。皆様にお礼申し上げます。

(写真は、研修会の様子と寺への案内板です)

 この案内板は、藤ケ瀬から黒五郎に入る三叉路と寺の掲示板のある三叉路の2か所に設置しました。今橋さんの大工仕事に触発されて(?)手作りの案内板です。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

230.オバマ大統領のスピーチ(3)


20160610くまモン募金箱
  

 さる6月27日、広島で行われたオバマ大統領のスピーチを読んでいて感じることの第一は、氏が、人類が獲得した高度の科学技術とそれを取り扱う人類の姿について深い懸念を持っているということです。
 煩悩という言葉は使われていませんが、氏の言う「支配、征服を欲する本能」はまさに貪欲であり瞋恚です。人類はこの煩悩に取りつかれたままに、核兵器という自らを何度も破滅させることができる兵器を手にしました。そしてそれが現実の姿になったのが広島であり、長崎であるという点です。
 
 ここでも、原爆でひどいやけどを負ったわが子の背を撫でながら母親が「ごうなことよのう」とつぶやいていたという話を改めて思い返しています。
 「業なこと」恨まれるのは原爆を投下したアメリカ兵ではなく、このようの事態を招いた人間の業、煩悩なのだとその母親は私たちに語りかけています。オバマ氏のスピーチに取り上げられていた、原爆を投下したパイロットを許したとされる女性も同じことを思っていたのではないでしょうか。

 広島の平和公園にある原爆死没者慰霊碑に「安らかに眠って下さい 過ちは繰返しませぬから」という碑文が刻まれています。随分昔の記憶ですが、この碑文について論争がありました。「過ちは繰返しませぬから」の主語はだれなのだ、誰が過ちを犯したのか、という点についてです。
 主語は「日本人」なのか「人類」なのか。「日本人」が主語ならば「過ちは繰り返させませぬから」とすべきではないか、「人類」ならばアメリカ人も含むのか(アメリカ人とすると原爆投下を過ちと認めるのかという別の論争にもつながっていきます)、といったことについて論争がありました。

 現在では、この碑文は「人類全体が再びこのようなことを起こさないことを誓う」ものと理解されるようになっているということです。この碑文は、私も含めた人類全体がこのような悲惨な事態を起こさないとともに決意し、そのことを誓うものです。
 
 もう一つオバマ氏のスピーチで強く印象づけられることは、氏が、核兵器は廃絶すべきだという理想を持ちながら、それとは違った現実の中で判断行動せざるを得ないことを認め、それでもなお一歩でも理想に近づくように努力しようと語っていることです。

 この理想と現実について率直に語った部分に対しては、様々な反応があるようです。
 氏のスピーチに対する多様な受け止めかた、反応については回を改めて見てみたいと思っているのですが、上記の核廃絶に関する「矛盾した」自己認識について、その矛盾ゆえにスピーチが空虚なものに感じられた、とする受け止め方も見受けられました。    
 世界最大の核保有国の大統領として絶大な権限を手にしているのだから、核廃絶をいうのであればもう少し踏み込んだ姿勢を示せるのではないか、という見方もその一つでした。

 この点は、「平和に関する論点整理」が指摘している、殺生を禁止する徹底した平和主義を掲げる仏教の念仏者が、核の傘や武力によって維持されている平和の中で生きざるを得ないという現実をどのように考えるのか、という重い課題と重なるものだと思います。

 再度、「平和に関する論点整理」の次の文章を思い起こします。
 「同じ現実を生きていても、矛盾を忘れて生きることと、矛盾を常に背負っていることを自覚し生きていることには、大きな隔たりがあります。前者は安易な現状肯定であり、後者においては末通らないと自覚しつつも、自らの在り方や社会を問い直す契機が常に生まれ続けています」
 私たちは、矛盾の中で生きるということから逃れることができない存在であることを自覚し、しかしその矛盾を安易に受け入れるのではなく、その矛盾の中身をしっかりと見据えて、一歩でも理想に近づく努力をしなければならない、と改めて思います。

(写真は、この度作った「平成28年熊本地震」義援金募金箱です)

 先の法中会のご報告にありましたように、宇部北組は各寺院で義援金を募り年末に組として別院に送付することになりましたので、その募金用の箱です。
 「くまモン」のイラストを使えるようになっていましたので、作ってみました。募金へのご協力をよろしくお願いします。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

229.宇部北組の初組会が開催されました


20160606南原寺セッコク
   20160606南原寺セッコク2

 去る6月3日、「宇部72アジススパホテル」を会場に宇部北組の初組会が開催され、36名のメンバーが出席しました。壽福寺からは住職と代表総代の井上啓志さんが出席しました。
 この組会は、組内の各寺院の住職と総代さん各1名が組会議員として出席するもので、宇部北組の決議機関です。初組会はその組会の年度最初の会議ということになります。今回の初組会は、役員改選後の最初の組会でもありました。

 当日は、『讃佛偈』をお勤めした後、次の議題について協議され承認されました。寿福寺住職は副組長として司会を担当しました。
 
 1.新旧役員交代挨拶(新旧の組長、副組長)

 2.組長挨拶(市川組長)

 3.議長、副議長選出(議長:西念寺福川住職、副議長:常光寺藤本代表総代)

 4.議事
  ・平成27年度教化活動報告並びに会計報告(善組長:西念寺福川住職および各担当)
  ・平成27年度会計決算報告(前会計担当副組長:正善寺山本住職)
  ・平成27年度会計監査報告(善監事:教善寺杉形住職)
  ・各教化団体の新旧担当者挨拶
  ・平成28年度教化活動計画並びに予算案(各担当)
  ・平成28年度会計予算案(会計担当副組長:教善寺杉形住職)
  ・その他

 5・議長、副議長退任

 6.閉会のことば

 以下、今回の初組会での特記事項を記しておきます。

 1.平成27年度活動
  8月に予定していた山口教区を対象とした子供会行事が台風の影響により中止になり、決算も含めて計画と変化が生じました。
 
 2.平成28年度活動計画
  ・「御同朋の社会をめざす運動」の活動を強化する計画が報告されました。
  ・組のホーム―ページの運用は昨年までは「若僧会」の担当となっていましたが、今年度からは祖全体で担うこととし、更に充実を図ることになりました。

(写真は2012年5月5日に美祢市の南原寺で撮したセッコクです。3回続けてセッコクになりました。)
 南原寺は自坊から車で15分程度の距離にある真言宗の古刹です。サクラやシャクナゲ、エビネを始め秋には紅葉も素晴らしいお寺なのですが、境内にあるスギの木にこのセッコクが着生しています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください) 

228.オバマ大統領のスピーチ(2)

20160603セッコク1  20160603セッコク2


 オバマ大統領のスピーチ、今回はその後半部分を見ていきます。

 前回の前半部分では、オバマ氏は私たち人類はかつてない高度な技術を発展させ豊かな生活を手に入れてきたが、それと同時に人類を何回でもを破滅させることができる核兵器という破壊的な力も自分のものにしてきたと言います。しかもその技術を保持する人類は、太古の昔と変わらず「支配、征服を欲するという本能」を持ち続けていることに深い危惧を持っていることを述べました。
 広島と長崎で生じた破壊はその象徴的な姿なのだと氏は述べ、私たちは私たちが到達した高度な技術にふさわしく「進化」しなければならないと説いています。

 スピーチの後半部分でオバマ氏は、各国は先の大戦の後にその反省に立って新しい動きをしてきたことを指摘します。
 かつて壮絶な戦いを繰り広げた日米両国が同盟を築き友情を育んできたこと、欧州では長年の対立を克服して新しい連合を成立させたこと、核兵器を規制、削減し最終的には廃絶する方向に動き始めたことをあげますが、「侵略行為やテロ行為、腐敗、残虐な行為、そして抑圧は、私たちの仕事がまだ終わっていないことを示しています」と多くの課題が残されていると言います。
 そして「私たちが築いた国家や同盟は、私たちを守る手段を持たなければなりません。しかし、我が国のように核兵器を持っている国は恐怖の論理から脱し、核兵器のない世界を目指す勇気を持たなくてはいけません。」と核保有国が負うべき責任を提示します。

 そのために、私たちは戦争というもの自体に対する考え方を変えなければならないと言います。
 外交を通じて紛争を防ぎ、終わらせること、相互の依存関係を暴力的な競争ではなく平和的な協力に変えること、国家の機能は破壊したものではなく作り出したもので捉えられなければならないこと、そしてなによりも私たちが人類の一員としてお互いのつながりを思い起すこと、が必要だと説きます。

 氏は「私たちは過去の失敗を繰り返すよう遺伝子で決められているわけではありません」と言い、こどもたちに共通の人間性を説明し、戦争を防ぎ、残虐な行為を遠ざけることができると言います。
  そして、原爆を投下したパイロットを許した被爆者の女性がいること、広島で殺された米国人の家族を探しだした日本人の男性がいるという逸話を紹介します。氏は、その女性は自分が憎むものは戦争そのものだということに気づき、またその男性は米国人が家族を失ったその喪失感は自身の喪失感を同じものだということを感じたのだと言います。
 このように戦争に対する思いが一つなのだということを共有することによって、人類は一つになれるのだとします。

 さらに、全ての人類は生命、自由、幸福追求の権利を奪われることはない、と宣言した米国の独立宣言を引用し、「しかしその理想を実現することは、米国内や米国民の間であっても、決して簡単ではありません。しかし、その物語にあくまでも忠実であろうとすることに価値があります。それは努力しなくてはならない理想であり、大陸と海をまたぐ理想です」と、理想を実現することがいかに困難であっても、理想を掲げ続けること、そして一歩でもその方向に歩むことが大切なのだと語りかけます。

 そして氏は「国家が選択をするとき、国家の指導者がこのシンプルな(科学の驚異を命を奪うのではなく、もっと人生を豊かにすることに役立てるべきだという)英知をかえりみて選択すれば、広島からの教訓を得たと言えるでしょう」と広島を訪れることの意味を再度確認します。
 
 この後半部分で、オバマ大統領は、人類が持っている支配し抑圧したいという本能から一歩先に前に進まなければならないこと、全ての人々はかけがえのない存在であることに気づくことで、戦いを避け最終的には核兵器の廃絶を目指さなければならないことを述べ、「私が生きているうちに、この目標を達成することはできないかもしれませんが」その理想を持ち続け、一歩でもその理想に近づくように努力し、大切な選択のときに正しい決断ができるようにしようと呼びかけています。

 次回では、先に取り上げた「平和に関する論点整理」の視点からこのオバマ大統領のスピーチを見てみたいと思います。 

(写真はもう一度セッコクです)

 庭のウメの木に着生しているセッコクです。こちらは前回のカイヅカイブキのものより少しピンクがかっています。

(このブログは毎週2回、月曜日と金曜日に新しい記事を載せる予定ですので、また覗いてみてください)

カウンター
カテゴリ
検索フォーム
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR